2018年12月15日

伸び過ぎて心配です

先日、スナップエンドウの植え付けをしました。

11月の上旬に種まきをして、苗を育ててからの植え付けですが、今年は11月の気温がずっと高くて、苗がひょろっと徒長してしまいました。

去年と同じ時期に種まきをしても、去年の苗とは大違いです。
苗が徒長すると怖いのが、風と寒さです。
強い風が吹くと苗が折れてしまうし、徒長した苗は耐寒性が低くなるからです。

果たして無事に育ってくれるか、心配であります。
事前に気温が分かればな〜(´ω`)

IMG_2203.JPG


IMG_2207.JPG

posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:33| Comment(0) | 日記

2018年12月11日

農家必携の書!?

小学生と保育園児の子供にせがまれて買った図鑑「小学館の図鑑NEO危険生物」。

IMG_2163.JPG

このシリーズは、古代生物、恐竜、動物など一通り揃えています(子供の好みで、生き物系は読み潰してボロボロになっていますが、興味の無いものは殆ど手付かずです・・・)。

子供向けの本だから、サメや熊やヘビなどの事が載ってるんだろなと軽く読んでみると、思っていた以上に情報量が満載で、写真入りで分かりやすい。

IMG_2164.JPG

IMG_2165-c8180.JPG

先日アリに噛まれて痛い思いをしたので、アリの事も載ってるかなと思って見てみると、ズバリ掲載されていました。
マムシなど毒を持つ生物は知っていないと命に関わるし、有毒植物も身近に溢れているし、確かに図鑑に書かれている知識は、農家も知っておくべきかと思いました。

子供の図鑑だからと侮るなかれ、この図鑑は意外にも農家必携の書だったりして!?

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:45| Comment(0) | 日記

初霜

目覚めた時から厳しい寒さの今朝。
朝5時に軽トラで荷物を積み込む際には、軽トラのフロントガラスが凍っていました。
今期で初めて、フロントガラスにお湯をかけての出発となりました。幸い路面は、乾いており危なくはなかったです。

出荷が終わり、明るくなると辺りの畑は、一面の霜。

IMG_2198-0150c.JPG
12月に入っても暖かい日が続いていたのが、一転。いきなりの冬の光景です。

IMG_2195.JPG

IMG_2196.JPG

IMG_2200.JPG

かなりキツイ霜で、野菜の葉っぱにも霜柱が立ち、全体的に凍っている様です。
ビニールトンネルの中の春菊も凍っていました。霜で駄目になってしまってないか、とても心配です。

当然この状態では、収穫は出来ません(´ω`)
日が昇って、霜がとけるまでしばらく待ちぼうけだな〜。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:22| Comment(0) | 日記

2018年11月27日

玉ねぎ植え付け完了

先々週の金曜日から開始した、玉ねぎの植え付け作業が完了しました(^_^)
IMG_2179.JPG

ポカポカ陽気の日は、幸せを感じながら。
北風が吹いたり、時雨れたり、また、陽が陰り出してからは、寒さに耐えながら。

スタッフのしゅんぺい君に加え、色々な人の手に助けられたお陰で、思っていたよりサクッと出来ました。
ありがとうございました(^_^)

植え付けられた苗は、冬の間は根をしっかりと張り、春になると一気に育ち始めます。

獣害や病気、盗難に遭わず、無事に育ってくれる事を祈るばかりです。



posted by 山本有機農園 山本克也 at 15:57| Comment(0) | 日記

2018年11月23日

西洋ニンジン&黄ニンジン

今まで、間引きしながら収穫していた西洋ニンジンと黄ニンジン。
間引き収穫も終了し、いよいよ本格的に収穫を開始しました。


IMG_2172.JPG

IMG_2160.JPG

播種時期が例年よりも一週間遅れたので、どうなるかと思っていましたが、まずまずの出来です(^_^)

年内は、ニンジン収穫と出荷に追われそうです。
これから、どんどん出荷しますので、どうぞ大原へお越し下さい!

 
posted by 山本有機農園 山本克也 at 09:42| Comment(0) | 日記

2018年11月21日

寒いと辛い玉ねぎ定植

先日から、玉ねぎの定植が始まりました。
まずは、苗床から玉ねぎを畑に運び、根っこを切り揃えます。

IMG_2131.JPG

そして、マルチに穴を開けて、一本づつ苗を植え付けて、行きます。

IMG_2162.JPG

作業としては、これの繰り返しなのですが、今年は意気込み過ぎて(-_-;)、苗を沢山作ったので、植え付け本数が大変な数になってます。

幸いにもちょこちょこと助っ人さんに来てもらい、助かってますが、まだまだ終わりません。

晴れた日中などは、ポカポカして幸せな気分になるのですが、太陽が山に隠れ始める時間からは急に寒くなる為、ひたすら、ひたすら、寒さに耐えながら無言で植え付けとなります(´ω`)
それでも、植え付けた苗を見ると、やはり達成感はあります(^_^)

年内最後の大仕事。
あと少し、頑張ってやらねば!


posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:00| Comment(0) | 日記

2018年11月13日

葉ごぼうの移植栽培

毎年色々な栽培方法に挑戦していますが、今年の冬も攻めて行きますよ(^_^)
今、丁度植え付けの最中なのが、葉ごぼうです。
ごぼうは、移植を嫌うと言われており、ごぼうの移植栽培など聞いた事がないのですが、敢えて挑戦します。
葉ごぼうは、9月頃に直播きし、春に収穫するのが一般的ですが、9月に育苗したものを今定植しているのです。
畑が広がったら必要性は無いのかもしれませんが、夏作を粘った後の畑の有効活用として、また、春の端境期に収穫出来るのも魅力的です。

IMG_2119.JPG

IMG_2122.JPG

まずは、育苗していた苗を掘り起こします。
何だかこれだけでも、充分美味しそうです。
来年は、これをそのまま収穫するのも有りのような(^_^)

IMG_2126.JPG

そして、定植して行きます。
果たして根は真っ直ぐに伸びるのか?
まあ、葉ごぼうだから真っ直ぐで無くてもよいのか。

結果は、来年の春のお楽しみ(^_^)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:45| Comment(0) | 日記

2018年11月01日

ニラの復活は成るか!?

諸々の事情により、栽培していた畑から撤去する事になったニラ。
移植する畑の準備が全く出来ていなかった為、仮の置き場で移植を待機していましたが、ようやく、本当にようやく、移植の準備が整いました。
仮置き場に置いていたニラは、かなり徒長して弱々姿でしたが、思い切って植え付けする事にしました。


IMG_2107.JPG

IMG_2109.JPG

果たして、ちゃんと根付くだろうか・・・。
今は、分かりません。
冬に一旦消失し、来年の3月に元気な姿を見せてくれる事を祈ります。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 14:32| Comment(0) | 日記

2018年10月30日

西洋赤大根

春に少し栽培して好評だった、西洋赤大根の収穫が始まりました。
IMG_2101.JPG

IMG_2102.JPG

鮮やかな赤色がとても美しい大根です。
こるから、どんどん出荷して行きますので、よろしくお願い申し上げます。

その他にも、西洋ニンジンと黄色ニンジンの間引き収穫や春菊、赤からし菜の収穫も始まります。
いよいよ収穫も忙しくなって来ました(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:55| Comment(0) | 日記

2018年10月28日

赤紫蘇の種採りをしました

今年も赤紫蘇の種採りをしました。
昨年は、10月の台風21号により種採り用の赤紫蘇が揺らされて、種が地面に落ちて、採取量が少なくなってしまいました。
しかし、今年は、無事に来年度へ向けて種を引き継ぐ事が出来そうです。

先ずは、種採り用の木を切って、木を樽に打つつけて、種を落とします。

IMG_2091.JPG

IMG_2093.JPG

IMG_2094.JPG

次に、まだまだ葉っぱや虫がたくさん入っているので、ふるいにかけて、取り除いて、少し乾燥させて、容器に入れて保存します。

IMG_2099.JPG

IMG_2098.JPG

これで、完了(^_^)
このままゆっくり休眠し、来年の3月には種まきが始まります。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 12:35| Comment(0) | 日記

2018年10月26日

タマネギ苗も育って来ました

10月も終盤です。朝晩は、本当に寒くなりました。
そんな寒さの中でも、先月蒔いたタマネギ苗もぐんぐん育って来ました。

IMG_2090.JPG

IMG_2088.JPG

今年から始めた稲の育苗箱で育てる方法は、おおむね成功しています。

11月の中旬頃から、苗を植え付ける予定なので、もう少しの辛抱です(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:51| Comment(0) | 日記

2018年10月20日

結局・・・

結局、ダイコンサルハムシの数が余りにも多過ぎるのと、現在の被害も大きく今後の十分な生育が見込めないとの判断から、小カブ、赤カブ、日野菜はトラクターですき込みました。
IMG_2075.JPG

何とも悲しい作業です。
いや、悲しいだけでなく、その分収入も減ります。

耕した後は、ホウレンソウを蒔く予定です。
少しでも挽回せねば(´ω`)

無農薬栽培の難しさを初めて実感しました。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:24| Comment(0) | 日記

2018年10月17日

無念ですが・・・、いや、まだ・・・

昨日お伝えした小カブ、赤カブ、日野菜に発生したダイコンサルハムシの被害ですが、余りにも害虫の数が多すぎて、また、葉っぱの状態も酷いので、栽培を断念しようと思います。
手で潰すには、数が多過ぎ、葉っぱを揺らしてチリトリなどに回収もしたのですが、このままでは、生育が回復しそうにありません・・・。

IMG_2074.JPG

IMG_2073.JPG

ああ、辛いな(´ω`)

もう少しだけ、様子を見るか。

いや、キッパリと切り替えるか。
それでも、一からやるとなると、かなりの時間を費やしてしまう。

やっぱり、もう少し頑張るか・・・。

あ〜、どうするべきか・・・。

良い日差しで、気持ちの良い日なのだけどね。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 10:55| Comment(0) | 日記

2018年10月16日

葉っぱがボロボロ

大根類の生育は、至って順調。

しかし、別の畑のかぶの生育はと言うと、ダイコンサルハムシ言う害虫に葉っぱが食べられてボロボロです・・・。

IMG_2051.JPG

今までは、発生してもここまで大発生した事はありませんでした。
放置しておくと、さらに被害が広がりそうです。

作業が遅れても、手で潰して行くしか無さそうです(><)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:44| Comment(0) | 日記

2018年10月15日

すっかり更地に

何にも無い畑。
IMG_2045.JPG

今は、丁度冬野菜の作付けに向けて、肥料を撒いている最中です。
ここには、夏野菜の中心である万願寺トウガラシとミニトマトがどかんと植えられていました。
しかし、いざトラクターで耕してみると、もう夏野菜がそこに植えられていた事を忘れてしまいそうになります。

まだまだ、一息着く暇は無い様です。

季節とともに、夏から秋へ、秋から冬へと畑も変化して行きます。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 10:25| Comment(0) | 日記

まずは、定番から

九条ネギや色付き大根を中心に蒔いた畑の野菜たちは、現在の所、追肥と中耕を終え、間引きの最中です。
どれも虫の被害も余りなく、葉色もよく、順調に育っています。

IMG_2038.JPG

九条ネギ

IMG_2037.JPG

水菜

IMG_2036.JPG

西洋赤大根

IMG_2040.JPG

そして、真っ先に収穫が始まる二十日大根。
今週から、収穫が出来そうです(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 10:14| Comment(0) | 日記

2018年10月11日

なんとか出来ました

先週の金曜日から始まった秋冬野菜の植え付けも、何とか終了しましたヽ(´▽`)/
IMG_2030.JPG

しかし、課題は一杯です。

何と言っても苗の出来が悪すぎました。
9月の長雨で根腐れと徒長してしまい、きちんと生育してくれるか不安です。
状況は悪かったものの、来年度は抜本的に苗作りの方法を見直さねば(´ω`)

そして、初めて秋冬野菜に導入した透明マルチ。
作物の生育が早いか、雑草に負けるか。
ポツポツ雑草も見えてきたし、どうなるか、こっちも不安です。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:37| Comment(0) | 日記

2018年10月08日

ミカン出来るんや〜

朝市上がりの日曜日。
午前2時起きの出荷作業から、朝市に出て、ぶっ通しで秋冬野菜の定植作業をしました。
引き続き、春菊と赤からし菜、わさび菜の定植をしました。
しかし、まだまだ残ってるな〜(´ω`)

そんな中、嫁さんと定植作業をしている所に日頃お世話になっている地主さんが現れました。

そして、地主さんの家の庭で採れたミカンを置いて行って下さいました。

IMG_2028.JPG

家に帰って食べてみると、甘みも酸味もあり、とても美味しいミカンでした。
大原は、冬場は氷点下になる位で、柑橘類では柚子以外は無理と思っていたので、美味しいミカンが採れる事に感動しましたヽ(´▽`)/

いつかは、レモンとまでは行かなくても、柚子などの柑橘類を栽培してみたいな〜(´ω`)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:50| Comment(0) | 日記

2018年10月06日

秋冬野菜の植え付けラッシュ始まる

待ちに待った秋冬野菜の植え付け作業が、はじまりました。
9月は雨ばかりで定植予定の畑の準備が整わず、苗床で苗がぐんぐん育ち、混み合い、徒長してしまい、焦りは募るばかり。
台風25号も来るので、まだ十分にかわいてない畑を少々無理して、耕し、畝立てとマルチ張りをしました。

IMG_2012.JPG

定植第一弾は、春菊。
やはり、かなり徒長していました・・・。
この後ちゃんと育つか心配です(´ω`)
でも、とにかく植え付けるしかない。

朝から夕方まで、ひたすら植え付け。
水やりをする頃には、辺りは暗くなっていました。

まだまた、植え付け作業は、続きます。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 09:04| Comment(0) | 日記

2018年10月04日

さといも試し掘り

10月中旬から出荷予定のさといも。
少しずつ葉っぱがくたびれて来たので、試し掘りしてみる事にしました。
今年は、夏場から元気に葉っぱをひろげ、茎も太かったので、期待していました。

IMG_2008.JPG

葉茎を切り、掘り起こしてみると・・・。

IMG_2007.JPG

IMG_2010.JPG

たくさん芋が付いていました(^_^)
去年は、全く駄目だったので、その分喜びも倍増です。

もうすぐ本格的に収穫を始めますので、しばらくお待ちください。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 17:21| Comment(0) | 日記