2019年03月22日

いよいよ始まります!

端境期が迫って来ました。
花菜が終了し、今出荷しているのは九条ネギ、とう立ち前のレッドマスタードにわさび菜など。いずれもラストスパート状態です。
これらが終われば、次に来る春野菜、葉玉ねぎや葉ゴボウが収穫出来るまでは、収穫無しになります(´ω`)

とは言うものの、畑作業は春作や夏作の準備に種まきなどかなり忙しくなっています。
しばらく雨が多くて仕事が停滞していた分を取り戻すために大原を軽トラやトラクターで走り回ってます。

取り敢えずここ何日間で、ジャガイモの定植と春ニンジンの種蒔きは済ませました(^_^)

IMG_2372.JPG

ジャガイモの定植。
今年は、インカのめざめ、シャドークイーン、ノーザンルビーの定番とアンデスレッド、男爵が少々。

IMG_2375.JPG

IMG_2376.JPG

今年の春ニンジンは、西洋ニンジン主体に黄色ニンジン、紫ニンジンを少々。

IMG_2371.JPG

仕事の後の一服は、極楽ですな(^_^)

まだまだ、やる事は目白押し。
いよいよ、長丁場の一年が始まりました!


posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:14| Comment(0) | 日記

2019年03月05日

スタッフ募集のお知らせ

山本有機農園では、2019年5月から農園で働いて下さるスタッフを募集いたします!!
将来農業や家庭菜園をやってみたい人、野菜を消費するだけでなく、野菜作りの一端を経験してみたいという人など、農業に興味がある人なら、畑仕事未経験でも大丈夫です。
暑い日も寒い日も、晴れた日も雨の日も、汗をかきながら一緒に働いてくれるスタッフをお待ちしております。
平日の日中に働ける方、なるべく近隣の方、自動車・バイクでの通勤できる方、歓迎いたします。
ご興味のある方は、下記の内容をご確認の上、こちらより氏名、連絡先(大まかな住所、ご希望の通勤方法、性別、年齢)を書いて、お気軽にお問合せ下さい。

                    記

就業開始時期 :2019年5月より
畑仕事    :肥料散布、野菜の植付け、草取り、収穫、収穫後の片付けなど農作業全般
出荷作業   :野菜の水洗い、選別、結束、袋詰めなど出荷作業全般
勤務日    :月曜日から土曜日で週5〜6日(勤務日は、相談に応じます)
休日     :日曜、年末年始、農閑期の祝日(休日は、相談に応じます)
勤務時間   :午前中から夕方までの間で4〜8時間(勤務時間は、相談に応じます)
        ※季節や天候・仕事内容により始業・終業時刻、労働時間は変動します
給与     :時給900円
通勤方法   :自動車・バイク(交通費を支給いたします)
勤務地    :(畑)京都市左京区大原内の圃場
          最寄バス停…京都バス「野村別れ」
        (出荷作業場)京都市左京区静市市原町の自宅兼出荷場
          最寄バス停…京都バス「地球研前」「洛北病院前」
          最寄駅…叡山電鉄「二軒茶屋駅」
労災・雇用保険:加入
特典     :余った野菜をお持ち帰りいただけます!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 14:16| Comment(2) | 日記

2019年02月27日

今年は1トン仕込みました

一月下旬から始まったぼかし肥料作りが、ようやく終了しました。


IMG_2361.JPG

今年は、主にスタッフのしゅんぺい君に頑張って貰い、昨年よりも増量して1,100キロ。コンテナだと55杯分。
よく頑張ったね〜(^_^)

後はじっくりと寝かすだけ。
開けてみて良い香りがしたら成功。腐敗臭がしたら失敗。
さてさて、どうなるかな(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:11| Comment(0) | 日記

2019年02月18日

今年は、三色行きます!

毎年恒例のジャガイモの種芋の買い出しに、滋賀県の種苗屋さんに行きました。

山本有機農園のジャガイモは、黄色のインカのめざめ、紫色のシャドークィーン、ピンク色のノーザンルビーが定番でしたが、ここ数年は種芋の不作で三色揃えられていませんでした。

「今年こそは」と思いつつも、農作業やその他諸々の事情で中々行けず、ようやく今日買い出しに出かける事が出来ました。

とは言うものの、年々早くなるジャガイモのセール期間は既に終了していました。
案の定、一軒目の種苗店では、お目当の種芋は、既に売り切れていました。
「今年も無理かな〜」と諦めムード漂う中で、駄目元で二軒目の種苗店へ・・・。

そこには、何と有りました!!
インカのめざめに、シャドークィーンに、ノーザンルビー!!
ついでに、少しだけアンデスレッドも買っちゃいました(^_^)

IMG_2328.JPG
インカのめざめ
すでに芽が出ています(^_^;)
一ヶ月後は、どうなるのか!?

IMG_2330.JPG
土で色は、分かりませんが
シャドークィーン

IMG_2331.JPG

こっもおそらく
ノーザンルビー

定植は、一ヶ月後。
今年は、楽しみです(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 19:02| Comment(0) | 日記

2019年02月09日

雪は積もっていませんが・・・

今期は、今までに無い位雪が降っていません。
年末と1月下旬に二回だけ積もりましたが、それもすぐに日中の気温上昇で消滅してしまいました。

雪が降らないのは不気味ではありますが、そろそろ春野菜に向けた作業をしなけれはまなりません。
まずは、3月下旬に始まるジャガイモ、春ニンジンと春の葉物野菜の準備から。
作付けまで1ヵ月以上ありますが、米ぬかなど生の有機物が微生物の作用で分解される時間を考えると、余裕はありません。

IMG_2319.JPG

畑全体に撒いて、耕して完了。前作の残渣の分解と共に後は待ちましょう。

ところで、今年のテーマは、土作りを徹底して学び、実践すること。
手始めに、肥料を撒く前に新兵器のph&ECメーターで土を採取して測ってみました。
結果は、アルカリ性の低EC。
やはり、鶏糞の多投による土壌バランスの乱れは、そう短時間には改善出来ないと言うことか。
あとは、有機質肥料のみでどう窒素分を補給するか。
雪は全く積もっていませんが、土作りの問題は山積みです(´ω`)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:07| Comment(0) | 日記

2019年01月27日

雪の下ニンジン

今期はほとんど雪が降っていない大原でしたが、週末から寒気の影響で久しぶりに雪が降り積もりました。
IMG_2311.JPG

雪のために朝市は、お客様もまばらでした(´ω`)
でも、こんな状況でも来て下さったお客様は有難い限りです。

朝市後は、明日の出荷作業に備えての収穫作業。
とは言え、一面の雪で、どこに野菜があるか分かりません・・・。
幸い畝の形は、雪の上からも分かるので、大体の感覚で収穫をはじめました。

IMG_2313.JPG

雪をかき分け出て来たのは、西洋ニンジン。
真っ白な雪と黒っぽい土とオレンジ色と少々薄くなった葉っぱの黄緑色。
雪の下ニンジンの世界でした(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 16:53| Comment(0) | 日記

2019年01月23日

今年もボカシ肥料を仕込みます

昨年初めて挑戦した、米ぬかと油粕のボカシ肥料。
思った以上に良いものが出来たので、今年も作ってみます。

仕込み方は昨年同じで、米ぬかと油粕に微生物資材を少々。
材料をかき混ぜて均等にして、水を加えて、更にかき混ぜ、空気を抜いて、積み上げます。
嫌気性発酵なので、作業はこれだけです。
作業スペースが無い場合は、切り返しの必要が無い嫌気性発酵がオススメです。

IMG_2290.JPG

IMG_2292.JPG

IMG_2291.JPG

それにしても、材料をかき混ぜるのには、結構力が要ります。
ミキサーが欲しい所ですが、もう少しお金が貯まるまでは我慢ですな(^_^;)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:09| Comment(0) | 日記

2019年01月19日

暖かいからなぁ〜

毎年定番の花菜。
今期は、春採りの晩生のみ栽培しています。
花菜が咲き始めると春を実感します。
しかし、今年はまだ1月下旬なのに、主軸の蕾が見えて来ました。

IMG_2281.JPG

IMG_2284.JPG

今期は、秋からずっと温暖で雪も殆ど降って無いので、もう春が来たのかと勘違いしているのかも知れません(^_^;)

何れにせよ、収穫しないと花が咲いてしまうので、本日初収穫となりました。
明日の朝市に初物を出すので、良かったらどうぞ。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 15:17| Comment(0) | 日記

2019年01月16日

不安と共に生きる

明けましておめでとうございます。
新年の挨拶がおそくなり、申し訳ありません。


IMG_2237.JPG

ブログの更新が滞るのは、仕事が忙しくて全く手がまわらない時か、気分が落ち込んで内向きになり、書く気にならない時のどちらかです。
今回は、後者の方の様でした。

去年の秋冬野菜は全国的に豊作で、野菜が安値となり、12月頃から直売所に野菜を出しても売れ残りが多くなってしまった事。春に収穫予定の野菜の生育がイマイチである事。そして、中々大原で家が見つからない事。
これらが、ボディーブローとなり、ジワジワと効いて来て、気分が乗らないままでの一年のスタートとなったのでした。

とは言うものの、色々な本を読み漁ったり、ダラダラ怠ける事が許される環境に整えてくれた事により、ようやく自身を再構築する事が出来ました。

それは、うわべだけポジティブを止める事。不安と言う感情を否定しない事。むしろ、ぼんやりとした不安を膨らませていくのではなく、不安と向き合い、明確化し、不安と共に生きて行くという心構えを持つ事。
不安を否定せず、まずは一歩踏み出してみよう!

色々あるとは思いますが、今年もよろしくお願いいたします。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:30| Comment(0) | 日記

2018年12月20日

よくギャンばりました

一足早いクリスマスプレゼント。
長男は、ガンプラ。

今までもガンダム、シャーザクやゲルググ、ジオング、など何体かは買って、作ってやっていたのですが、初めて自分で作りたいとの事。

IMG_2216.JPG

IMG_2219.JPG

IMG_2221.JPG

説明書を読みながら、部品を切り離して、くっつけて、途中で間違ってもめげずに・・・、遂に完成!

成長しているね(^_^)

それにしても、選んだのがギャンとは・・・。
どうやら、けっこう個性的に成長している様です(笑)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 19:30| Comment(0) | 日記

2018年12月15日

伸び過ぎて心配です

先日、スナップエンドウの植え付けをしました。

11月の上旬に種まきをして、苗を育ててからの植え付けですが、今年は11月の気温がずっと高くて、苗がひょろっと徒長してしまいました。

去年と同じ時期に種まきをしても、去年の苗とは大違いです。
苗が徒長すると怖いのが、風と寒さです。
強い風が吹くと苗が折れてしまうし、徒長した苗は耐寒性が低くなるからです。

果たして無事に育ってくれるか、心配であります。
事前に気温が分かればな〜(´ω`)

IMG_2203.JPG


IMG_2207.JPG

posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:33| Comment(0) | 日記

2018年12月11日

農家必携の書!?

小学生と保育園児の子供にせがまれて買った図鑑「小学館の図鑑NEO危険生物」。

IMG_2163.JPG

このシリーズは、古代生物、恐竜、動物など一通り揃えています(子供の好みで、生き物系は読み潰してボロボロになっていますが、興味の無いものは殆ど手付かずです・・・)。

子供向けの本だから、サメや熊やヘビなどの事が載ってるんだろなと軽く読んでみると、思っていた以上に情報量が満載で、写真入りで分かりやすい。

IMG_2164.JPG

IMG_2165-c8180.JPG

先日アリに噛まれて痛い思いをしたので、アリの事も載ってるかなと思って見てみると、ズバリ掲載されていました。
マムシなど毒を持つ生物は知っていないと命に関わるし、有毒植物も身近に溢れているし、確かに図鑑に書かれている知識は、農家も知っておくべきかと思いました。

子供の図鑑だからと侮るなかれ、この図鑑は意外にも農家必携の書だったりして!?

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:45| Comment(0) | 日記

初霜

目覚めた時から厳しい寒さの今朝。
朝5時に軽トラで荷物を積み込む際には、軽トラのフロントガラスが凍っていました。
今期で初めて、フロントガラスにお湯をかけての出発となりました。幸い路面は、乾いており危なくはなかったです。

出荷が終わり、明るくなると辺りの畑は、一面の霜。

IMG_2198-0150c.JPG
12月に入っても暖かい日が続いていたのが、一転。いきなりの冬の光景です。

IMG_2195.JPG

IMG_2196.JPG

IMG_2200.JPG

かなりキツイ霜で、野菜の葉っぱにも霜柱が立ち、全体的に凍っている様です。
ビニールトンネルの中の春菊も凍っていました。霜で駄目になってしまってないか、とても心配です。

当然この状態では、収穫は出来ません(´ω`)
日が昇って、霜がとけるまでしばらく待ちぼうけだな〜。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:22| Comment(0) | 日記

2018年11月27日

玉ねぎ植え付け完了

先々週の金曜日から開始した、玉ねぎの植え付け作業が完了しました(^_^)
IMG_2179.JPG

ポカポカ陽気の日は、幸せを感じながら。
北風が吹いたり、時雨れたり、また、陽が陰り出してからは、寒さに耐えながら。

スタッフのしゅんぺい君に加え、色々な人の手に助けられたお陰で、思っていたよりサクッと出来ました。
ありがとうございました(^_^)

植え付けられた苗は、冬の間は根をしっかりと張り、春になると一気に育ち始めます。

獣害や病気、盗難に遭わず、無事に育ってくれる事を祈るばかりです。



posted by 山本有機農園 山本克也 at 15:57| Comment(0) | 日記

2018年11月23日

西洋ニンジン&黄ニンジン

今まで、間引きしながら収穫していた西洋ニンジンと黄ニンジン。
間引き収穫も終了し、いよいよ本格的に収穫を開始しました。


IMG_2172.JPG

IMG_2160.JPG

播種時期が例年よりも一週間遅れたので、どうなるかと思っていましたが、まずまずの出来です(^_^)

年内は、ニンジン収穫と出荷に追われそうです。
これから、どんどん出荷しますので、どうぞ大原へお越し下さい!

 
posted by 山本有機農園 山本克也 at 09:42| Comment(0) | 日記

2018年11月21日

寒いと辛い玉ねぎ定植

先日から、玉ねぎの定植が始まりました。
まずは、苗床から玉ねぎを畑に運び、根っこを切り揃えます。

IMG_2131.JPG

そして、マルチに穴を開けて、一本づつ苗を植え付けて、行きます。

IMG_2162.JPG

作業としては、これの繰り返しなのですが、今年は意気込み過ぎて(-_-;)、苗を沢山作ったので、植え付け本数が大変な数になってます。

幸いにもちょこちょこと助っ人さんに来てもらい、助かってますが、まだまだ終わりません。

晴れた日中などは、ポカポカして幸せな気分になるのですが、太陽が山に隠れ始める時間からは急に寒くなる為、ひたすら、ひたすら、寒さに耐えながら無言で植え付けとなります(´ω`)
それでも、植え付けた苗を見ると、やはり達成感はあります(^_^)

年内最後の大仕事。
あと少し、頑張ってやらねば!


posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:00| Comment(0) | 日記

2018年11月13日

葉ごぼうの移植栽培

毎年色々な栽培方法に挑戦していますが、今年の冬も攻めて行きますよ(^_^)
今、丁度植え付けの最中なのが、葉ごぼうです。
ごぼうは、移植を嫌うと言われており、ごぼうの移植栽培など聞いた事がないのですが、敢えて挑戦します。
葉ごぼうは、9月頃に直播きし、春に収穫するのが一般的ですが、9月に育苗したものを今定植しているのです。
畑が広がったら必要性は無いのかもしれませんが、夏作を粘った後の畑の有効活用として、また、春の端境期に収穫出来るのも魅力的です。

IMG_2119.JPG

IMG_2122.JPG

まずは、育苗していた苗を掘り起こします。
何だかこれだけでも、充分美味しそうです。
来年は、これをそのまま収穫するのも有りのような(^_^)

IMG_2126.JPG

そして、定植して行きます。
果たして根は真っ直ぐに伸びるのか?
まあ、葉ごぼうだから真っ直ぐで無くてもよいのか。

結果は、来年の春のお楽しみ(^_^)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:45| Comment(0) | 日記

2018年11月01日

ニラの復活は成るか!?

諸々の事情により、栽培していた畑から撤去する事になったニラ。
移植する畑の準備が全く出来ていなかった為、仮の置き場で移植を待機していましたが、ようやく、本当にようやく、移植の準備が整いました。
仮置き場に置いていたニラは、かなり徒長して弱々姿でしたが、思い切って植え付けする事にしました。


IMG_2107.JPG

IMG_2109.JPG

果たして、ちゃんと根付くだろうか・・・。
今は、分かりません。
冬に一旦消失し、来年の3月に元気な姿を見せてくれる事を祈ります。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 14:32| Comment(0) | 日記

2018年10月30日

西洋赤大根

春に少し栽培して好評だった、西洋赤大根の収穫が始まりました。
IMG_2101.JPG

IMG_2102.JPG

鮮やかな赤色がとても美しい大根です。
こるから、どんどん出荷して行きますので、よろしくお願い申し上げます。

その他にも、西洋ニンジンと黄色ニンジンの間引き収穫や春菊、赤からし菜の収穫も始まります。
いよいよ収穫も忙しくなって来ました(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:55| Comment(0) | 日記

2018年10月28日

赤紫蘇の種採りをしました

今年も赤紫蘇の種採りをしました。
昨年は、10月の台風21号により種採り用の赤紫蘇が揺らされて、種が地面に落ちて、採取量が少なくなってしまいました。
しかし、今年は、無事に来年度へ向けて種を引き継ぐ事が出来そうです。

先ずは、種採り用の木を切って、木を樽に打つつけて、種を落とします。

IMG_2091.JPG

IMG_2093.JPG

IMG_2094.JPG

次に、まだまだ葉っぱや虫がたくさん入っているので、ふるいにかけて、取り除いて、少し乾燥させて、容器に入れて保存します。

IMG_2099.JPG

IMG_2098.JPG

これで、完了(^_^)
このままゆっくり休眠し、来年の3月には種まきが始まります。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 12:35| Comment(0) | 日記