2014年06月30日

あと少し無事でいて

ナスや万願寺と同じく5月の連休に定植したトウモロコシと枝豆、ぐんぐん大きくなっています!

まずこちらはトウモロコシ。
最初に先っぽに出来る雄しべが出た後、次第にトウモロコシ本体も大きくなって来ました。

201406302.jpg

特にここ数日はひげも出てきて、見る見るうちに大きくなっています。ひげが茶色くなったら収穫の合図ですので、あともう少しです。

201406301.jpg

やっぱり初収穫物は、じゅわっと醤油をかけた焼きトウモロコシでしょう!(^^)!

そして枝豆も畝が葉っぱで覆いつくされました。

201406303.jpg

葉っぱをめくってみると・・・。

201406304.jpg

まだ太ってはいないのですが、たくさんサヤが着いています!!

今まで成功したことが無かった枝豆ですが、今年は上手く行きそうです(*^_^*)
もちろん初収穫物は、採れたての枝豆をさっと塩水で茹でて、ピッカピカに光った粒をパクリ!(^^)!
やっぱり夏は最高ですね!

などど、収穫する前から妄想が進んでいます。

しかし、気になることが一つ。
今日大原にある自動車修理工場に軽トラのタイヤのパンク修理代金を支払いに行ったのですが、その時の主人の一言、「サルはトウモロコシのひげが青いうちは来んけど、茶色くなったら来よるでぇ〜。よう見とるわ。」

そう、獣害です。
隣の畑で家庭菜園をやっているおばちゃんも赤くなったトマトが何者かにやられたと嘆いていたし・・・。

どうやら獣たちは野菜が美味しくなる頃を知っていて、狙いを定めて待っているらしいのです。

夢のトウモロコシ&枝豆の収穫まであとわずか。
何とか無事でありますように。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:42| Comment(0) | 農業

2014年06月29日

ひも1800本

連休明けの定植から2か月弱、夏の主役である千両ナスと万願寺トウガラシはこんなに立派になりました!
もう実を着けて出荷が始まってます。

201406293.jpg

201406291.jpg

実を着ける頃になると実を支える茎や葉などを茂らせて身体全体が大きくなります。
そんな時に怖いのが風です。
ちょっと強めの風が吹くと広がった枝が風に揺らされて自分自身の重さに耐えきれなくなりぽっきりと折れてしまいます。
風が吹く度に枝が折れてしまわないかと、毎日気が気ではありませんでした(>_<)

そんな訳で、急げ急げ!!ナスと万願寺の支柱立て&誘引祭りです!

まずはひもを支える支柱をカンカンとトンカチで叩いて立てて行きます。
次に支柱に横ひもをかけて行きます。
そして、横ひもに縦の麻ひもをかけていくのですが、その数何と約1800本!!
1800本の麻ひもにナスや万願寺の茎を選別してひっかけて行きます。

201406294.jpg

201406292.jpg

水曜日から作業が始まりましたが、数が数だけに月曜日以降に持越しです。
それでも助っ人のみなさんのおかげで思った以上に進めました(*^_^*)

その後さらに混み合った枝と葉をハサミでせっせと剪定せねばならず、まだしばらく祭りは続きそうです・・・(+_+)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:42| Comment(0) | 農業

2014年06月24日

農家の手

ここのところ毎日ひたすらミニトマトの誘引作業をやっています。

ナス科の中でもミニトマトはとっても生長が早く、あっという間に茎が伸び放題になります。さらに、脇芽もどんどん伸びて行って、どれが主軸なのか脇芽なのか分からなくなってしまいます。
うーん、かなりやばい状態です・・・(+_+)

201406244.jpg

この状態のミニトマトを毎日せっせと支柱を立てて、横にひもを張って、縦の麻ひもに誘引していました。結構時間がかかる作業です。
しかも、うちは三本仕立てでやるので、全ての脇芽を取り除いてしまうのではなく、2本の脇芽は残しておいて誘引します。これがさらに作業を難しくしました。

大きくなりすぎて地べたを這っているいるミニトマトを茎が折れてしまわない様に慎重に起こして、残さないといけない脇芽を見分けて整理していきます。
まるで複雑に絡み合った糸をほどいていく様です。当然時間もかかります。本来はもっと早くやる作業です(>_<)

201406243.jpg

何とか誘引したミニトマトはこんな感じですっきりしました。


さて、ミニトマトの脇芽かきをしていると手の平や指が写真の様に色素が着いて緑色になります。
洗うと石鹸の泡が黄色に染まってしまいます。また、たとえ石鹸で洗っても、手の細かなひび割れに色素が残ってしまいます。

201406241.jpg

これを見たら普通は汚い手と思うかも知れません。
でも、自分はミニトマトの色素が着いて緑色になった手は案外嫌いではありません。
手が緑色に染まるほど仕事が進んだ証になるし、手に着いたトマトの臭いも好きです。緑色の手を見せて子供を驚かすことが出来るし(*^。^*)
これぞ農家の働く手です。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:42| Comment(0) | 農業

2014年06月18日

やっとのことで・・・

やっとのことでサトイモの定植が終わりました!
本当にやっとのことで、こんなに時間がかかるとは思っていませんでした(>_<)

定植の流れをざっと

まずは、苗床から苗を掘り起します。4月下旬に仮定植した種イモも気付ば芽を出し葉っぱを広げて大きくなっていました。
しかし、大きくなったのは雑草も一緒。うーん、どこにあるのか分からないかも・・・(+_+)

201406171.jpg

サトイモの葉っぱを切ってしまわないように取り出し、芽かきをします。勿体無いけど大切な作業です。

201406172.jpg

そして、ひたすら植え付け。植え付け自体よりも、苗の掘り起しの方が大変で時間もかかりました。
植え痛みで少々葉っぱにダメージがあるけど、やがて復活するでしょう。

201406173.jpg

ざっと1500株。900平方メートルの畑をオクラとサトイモで占めました。

201406171.jpg

やり終えた感はもちろんありますが、日曜日に嫁さんに目いっぱい働いてもらってやっと出来たこともあり、かなり段取りが悪く、サトイモ定植に関しては反省点が多いのであります。

さらに、ミニトマトの支柱立て・誘引、春作の片づけ、などやらなければならない仕事が大きく遅れています。

今年から面積が広がったのですが、計画性の甘さもあり、まだ対応出来ていないのが現状です。
遅れた仕事を取り戻そうと頑張るのは良いのですが、そうならないようにしておくのが本来の仕事です。
まだまだダメダメ農家です(>_<)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:42| Comment(0) | 農業

2014年06月16日

マジ重いっす

いよいよ待望のズッキーニの収穫がはじまりました!

201406165.jpg

こんな感じで実ってます。見落とさないように注意しながら収穫していきますが、時々見落として収穫後半には棍棒のようなのも出て来ます。
まだまだ収穫が始まったばかり。鮮やかな黄色がとっても綺麗です(*^_^*)

201406161.jpg

ジャガイモ(インカのめざめ)も今年は豊作です。収穫は主に嫁さん担当。

201406164.jpg

玉ねぎもどんどん収穫始まってます。こちらも収穫は主に嫁さん担当。

201406163.jpg

で、旦那は何してるかって!?
サッカーのワールドカップ観てサボってるわけじゃありません。ちゃんと仕事してますよ<(`^´)>
旦那は運び係です。

嫁さんが収穫してコンテナに入れたものを軽トラまで運びます。
しかしこれが重いのなんのって!!収穫場所から軽トラまで距離がある畑は結構きついです(>_<)
農家に腰痛持ちが多いのが分かります。

201406162.jpg

うーん、おなかもたるんで来たし、腰痛防止に腹筋でも鍛えるか<(`^´)>



posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:42| Comment(0) | 農業

2014年06月11日

仁義なき戦い

オクラの定植も終わり、ほっと一息。
と行きたいところですが、そうは言ってはいられません。
ヤツとの仁義なき戦いが始まるのです。

ヤツとは・・・。
そう、悪名高きネキリムシであります。
ネキリムシは夜中に土の中から出てきて、苗をぽっきりと折ってしまうというやっかいな虫です。
いろいろな作物を栽培していますが、オクラはネキリムシの大好物なようです。
大好物といっても茎をぽっきりと折ってはいるのですが、その茎を食べている痕跡も無いので、少々謎が多いのではありますが・・・。

茎がぽっきりと折れている株を発見。これがネキリムシにかじられてしまった株です。かじられると復活しません。

201406111.jpg

ネキリムシは面白いことに昼間は夜に自分がぽっきりと折った茎のすぐ傍で眠っています。
だからネキリムシを発見するには折れた株元の土を掘り起こせばいいのです。

這いつくばって株の周りの土を出して行きます。
朝から畑の地面に這いつくばっていて、周りからは変な人だと思われているかも知れません・・・(-.-)

そして、発見!!結構高い確率で見つかります。
※気持ち悪いので虫が苦手な人は焦点を合わせないようにして下さい。

201406112.jpg

見つけたら即処刑。ぷしゅっと潰します。時々潰れた時の衝撃で体液が、こっちに◆◎×△□★・・・。

無くなった株には、後日育てていた苗を補植します。
ネキリムシとの仁義なき戦いはあとしばらく続きます。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:55| Comment(1) | 農業

2014年06月07日

オクラ・九条ネギ定植

金曜日、土曜日は、オクラと九条ネギの定植をしました。

一日目の午前中は、オクラの定植。梅雨入りしたため雨模様が気になりましたが、決行!

オクラ栽培で気を使うところは初期の生育です。うちの農園では数年前から育苗して育てています。
以前は直播だったのですが、ネキリムシという茎を食べてしまう害虫にほとんどやられてしまったという苦い経験があり、少しでも初期生育を進めるためにこの方法で行っています。ただし、育苗にも気を使いますけどね^_^;

初期生育さえ良ければ、後はそれほど気を使うことはありません。後は地獄の収穫が待っているだけです(笑)

ちなみにこれはうちの農園のロゴマーク。オクラがモチーフです。

ハンコ3.fw.png

201406072.jpg

今日は、助っ人も合わせてあって3人がかりで定植。
早いの何の!!午前中でオクラの定植が終わってしまいました。
定植作業は人手があるとほんとに助かります。若希さんありがとうね(*^_^*)

201406073.jpg

午後からは九条ネギ苗の定植。時々おしゃべりしながら、サクサクと。

201406071.jpg

去年は忙しすぎて九条ネギ苗の定植まで手がまわらなかったのと比べると大違いです。
土曜日も嫁さんと一緒に定植し、おかげ様で大体の目途がつきました(*^_^*)

6月に入っても全く休まる日がない、と言うよりさらに切羽詰って来ましたが、前進するしかないです!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:55| Comment(0) | 農業

2014年06月04日

見てるだけじゃつまらない

今日は朝市でひいきにして頂いているお客さんの中島さんが畑を訪問して下さいました。
中島さんは、京都の山科で惣菜と野菜を販売しています。
何と創業100年!!うちは創業6年目(*^。^*)

朝9時に待ち合わせて、畑を案内。
レタス畑やトマト、ナス畑、ズッキーニ畑などなど。

それにしても最近仕事が押せ押せです。オクラと九条ネギの定植、畔草刈りり、トマトの支柱立て・・・、本当に猫の手も借りたい心境です。

中島さんに聞けば、今日は午前中は時間があるとのこと。
そこで、キラリ。見てるだけじゃ帰さないぞ〜<`〜´>
九条ネギの定植体験と称して、しっかりと労働して頂きました。快諾に感謝(*^。^*)

201406041.jpg

やっぱり農業は人手があると進みます。
こんな見学なら大歓迎です。もっとも、見学だけじゃ済みませんけどね(笑)

労働対価は新鮮な野菜ということで、興味ある方はいらして下さい。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:17| Comment(0) | 農業

2014年06月03日

根が生きていれば

連休中に植え付けた野菜たちも一か月足らずで見違えるほど大きく生長して来ました。

枝豆も

201406031.jpg

トウモロコシも

201406033.jpg

ズッキーニも、それぞれ順調に育っています。

201406032.jpg

そして、5月下旬に植え付けたサツマイモも、ようやく根っこを地面に伸ばし新しい葉が出て来ました。

201406034.jpg

サツマイモは今まで育てたことがなかったので、全てが未知の領域でした。
聞くところによると、サツマイモは植え付けてから根っこが出るまでが勝負で、その間は丁寧に水やりをやらなければならないとのこと。

さて、植え付けてからしばらくしての様子。天気も良かったので、植え付けている最中から一気に葉っぱと茎が萎れてペッちゃんこになってしまいました(>_<)

201406035.jpg

植え付けから3日後。
葉っぱはパリパリに茶色くなって枯れて、かなり悲惨な様子です。
植え付け後は何度も水をやったのですが、さすがに心配になって来ました。

201406036.jpg

余りに心配になって、いつも農作業の合間にしゃべっている隣の畑のおばあさんに聞いてみると、
「葉っぱは枯れていても、根っこが生きていれば大丈夫。心配いらんで。最初が過酷な方が必死に根を出そうとして、良いのが出来るよ」との言葉をいただきました。

この言葉で気持ちがふっと楽になりました。
やるべきことはやっているのだから、後はなるようになると。さすが80代のおばあさんの言葉は深い。

おばあさんの言葉通り、サツマイモは猛暑の中でも必死に茎から根を出して、見事復活しました(*^。^*)/

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:17| Comment(0) | 農業

2014年06月02日

ソラマメが・・・

さあ、いよいよソラマメの収穫だ!!
勇んでソラマメ畑へ行ったのですが、何か様子が変。ところどころ葉っぱが黄色い株があります。

201406022.jpg

近くによって見てみると大量のテントウムシの幼虫やさなぎや成虫がいます。

201406023.jpg

そういえば先日も幼虫が盛んに動き回っていました。動き回る先には大量のアブラムシが・・・。
どうやらアブラムシにやられたソラマメが枯れかかっている様です(>_<)

去年はスナップエンドウは冬に枯れてしまった分ソラマメが豊作だったのですが、今年はその逆でスナップエンドウは豊作だったのですがソラマメはあまり良い収穫にはならなさそうです。

スナップエンドウの収穫で手がまわらなかったというのもあるのですが、去年が良かったからちょっと手を抜いていたところがあったのでしょう。アブラムシ対策が全く取れていなかったのです。

野菜作りは手をかけたかどうかがはっきりと結果に表れます。
うーん、痛い教訓やな〜(>_<)






posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:17| Comment(0) | 農業