2014年07月31日

サマータイム突入!!

ナスにミニトマトに万願寺トウガラシ、枝豆、オクラと夏野菜の収穫がピークです。
うちの農園では普段は収穫は夕方に行っているのですが、夏野菜の収穫が本格化すると朝収穫に移行します。
いわゆるサマータイムです。

うちの農園のサマータイムですが、ぶっちゃけかなりハードです。

まずは、朝の収穫。
午前5時起床。夏の収穫バイトを手伝ってもらっているの吉田君を軽トラにピックアップして大原の畑へ。
いざ収穫開始!軽トラに積んでいるコンテナを降ろし、パチパチと収穫バサミで採った野菜をコンテナに詰めていきます。

201407313.jpg

ミニトマトとナス畑
ミニトマトはどんどん出来ています。昨日はコンテナ2杯だったのが、今日は3杯・・・。明日は・・・。最近ミニトマトの出来が良すぎて、出荷作業が間に合うか心配です。
逆にナスはいよいよテントウムシダマシの被害が出てきてイマイチです(+_+)

201407314.jpg

オクラ畑
こちらもどんどん出来ています。しゃがみならがらの作業なので、かなり足に来ます。
オクラは一日でも収穫を怠ると巨大化して商品として出せなくなるので、見落とさないように。
でも、時々巨大化したものを発見します(>_<)

201407315.jpg

収穫したものは軽トラに積んで、急いで家に持って帰ります。最近は午前中でも結構気温が高くなっているので、ずっとは軽トラに積んではいられません。
帰り道は軽トラの窓を開けて風を感じて、開放感いっぱいです。
車中で聴くNHKラジオの「夏休み子ども科学電話相談」が何気にお気に入りです(*^_^*)

家に着いたら出荷場に野菜を降ろして昼休み。バイトの吉田君は午前中まで。
ここで至福のひととき昼寝です(*^_^*)
と言うか、昼寝をしないと体力が持ちません。

午後からは嫁さんが出荷作業。今日は枝豆の葉っぱをパチパチ落としてました。
いつまでも昼寝をしている訳にもいかないので、1時半から2時頃には畑へ再出発!
今日の京都の最高気温は37度とか・・・。まだまだ日差しは強烈です。

じりじりと照りつける日差しの下で畑作業。
まだまだ作業が間に合っていないので、暑くても働かなくては・・・。
熱中症には注意をしてこまめに水分を摂っています。暑い日には2リットルのお茶なんてあっという間に無くなります。
あまりにも暑すぎるとコンビニへ直行。毎日アイスを食べてます(*^。^*)
今夏のお気に入りは、「ガツンとみかん」。「ガツンとパイン」が最近入荷していなのが少々不満です(笑)
暑さをしのぎながら夕方まで畑仕事。最近はペースダウンしています。

家に帰ると時々子供と一緒にお風呂に入って夕食。夕食後は9時前まで子供と遊びます。
遊びたいのですが、どうしても眠くなってしまいます。
カーペットに寝そべっていると容赦なく乗って来られます。1歳の次男は軽いもんですが、4歳の長男となるとそれなりに重みがあります(>_<)

9時になったら子供を寝かします(実際は嫁さんが寝かしてますが、中々眠ってくれません・・・。)
あー、今日もよく働いた。今日はもう寝て、明日も頑張ろう(*^_^*)

とは、なりません!

ここから出荷作業が始まるのです。体力も限界を超え、いよいよハードになります。
仮眠を取ってから作業開始!

201407311.jpg

バラバラのオクラを・・・

201407312.jpg

こんな感じで袋詰めしていきます。
今日はオクラに、ミニトマトにナスに万願寺トウガラシに枝豆に玉ねぎ。
途中から嫁さんも参戦します。感謝。

何だかんだで毎日午前2時や3時になってしまいます。
それでようやく睡眠、朝5時起きです。

5時に起きるとまた吉田君をピックアップして収穫作業。
作業の合間に里の駅大原に野菜を出荷します。

201407316.jpg

だいたいこんな感じの毎日が、夏の間はエンドレスに続きます。
今は体力任せでやっているけど、ずっとこのままではあかんな〜。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2014年07月24日

オクラトンネル

今週からいよいよオクラの収穫が本格的に始まりました。
まだまだ最盛期の収穫量ではありませんが、細めで美しいオクラに仕上がっています。

201407251.jpg

まだこの時期はオクラの草丈もそれほど高くありません。なので、オクラの実はしゃがんで取ります。立ったりしゃがんだりでこの時期の収穫は腰に来ます。

でも、ふとしゃがんだ時にオクラの畝の先まで見ると、オクラの葉と茎で適度に光が遮断されてまるでオクラのトンネル様です。
しゃがむとまったくどこに人がいるのか分からなくなります。

201407252.jpg

梅雨も明けて、午前中でも結構気温が上がっています。
バイトの吉田君が熱中症で倒れていないか心配になるので時々畑を見渡しますが、どこにいるのか分かりません。
声を掛けるとのそっとオクラの海の中から顏を出します。大丈夫なことを確認すると、また収穫。

うーん、一人で収穫しているといざと言う時発見されず、そのままなんて事も・・・(+_+)
腰にのぼりか風船でもくくりつけて収穫したほうが良いのかなぁ(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2014年07月21日

今日は78、明日は・・・

最近の毎日の日課、それは・・・。こいつです!!

201407211.jpg

かわいいテントウムシ(*^_^*)

では、ありません!!

こいつはニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)という虫です。
黒い粒がたくさんあって、ツヤが無いのが特徴です。
毎年ナスに発生し、葉っぱや実をかじって傷を付けまくります。

そんなニジュウヤホシテントウが毎日毎日嫌と言うほど発生します(>_<)
成虫が飛来して卵を産み、幼虫も容赦なく食害します(>_<)(>_<)
ひどくかじられた実は商品として出せなくなってしまいます(>_<)(>_<)(>_<)

これが現場写真です。こんなのがこれからどんどん増えて行きます。

201407212.jpg

201407213.jpg

もちろんこの状態を放置しておくわけには行きません!
毎日ニジュウヤホシテントウを指で捕殺します。

おとといは65匹、昨日は72匹、今日は78匹・・・。
バイトの吉田くんの力を借りても、なかなか減る気配がありません。
毎日どこから飛んでくるやら・・・。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2014年07月17日

片付けの日々

玉ねぎ、ソラマメ、スナップエンドウ・・・、上手く育ったものもあれば、惨敗したものもありました。何だかずいぶん昔のことのようです。

しかし、収穫が終わった畝をそのままにしておくわけにはいきません。次のお題が待っているのです。同じ場所に今度は秋冬ニンジンを栽培します。

そこで今週は、それらの畝のマルチを剥がしたり、はびこった雑草を刈り取ったり、支柱を抜いたり、ネットを剥がしたり、とひたすら片付けの一週間です。

これは今のスナップエンドウの姿です。干からびた葉や茎が最盛期の鈴なりの時とは全く違った姿を見せています。

201407171.jpg

野菜は定植時の小さな姿やぐんぐん大きくなっていく姿、花を咲かせた姿、たわわに収穫物を実らせた姿だけでなく、当然のことながら病気にかかったり、老化したり、枯れてしまったりと様々なステージを経て一生を終えます。

こちらとしては野菜が生き生きとして美しく輝いている時を多く伝えがちですが、病気になってしまったり、役目を終えて茶色く枯れてしまった姿も存在するのです。
また、あまり気が向かない、病気の株を抜いたり、枯れた野菜を片付けたりする作業も欠かせないのです。結構重労働です。

今週は新規就農希望のk君に2日間に渡り片付けの農業体験をしていただきました。雨で中々作業が進まなかったり、猛暑下での作業だったりと体が慣れていない身にはきつかったかも知れません。
しかし、特に就農希望者にはあえて容赦なく汚い仕事をやってもらっています。農業は快だけなく、必ず不快の面もあるということを予め知っておいて欲しいからです。

k君にとって2日間の農業体験が農業を考える上で少しでも判断材料になれば幸いです。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2014年07月15日

何の花?

さて、この花は何の花だと思いますか?

201407151.jpg

ハイビスカス?いいえ。

これは、オクラの花なのです!
クリーム色でけっこうきれいでしょ(*^。^*)

植え付けから1か月以上が経ち、オクラはぐんぐんと順調に育って、畑はオクラの海になりました。

201407152.jpg

どんどんと花を咲かせて、中には小さな実がついているのもあります。

201407153.jpg

収穫まであとわずかです(*^_^*)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2014年07月11日

農家の特権

当地では台風の被害も無く、一安心と言った所です。
ご心配下さった方々ありがとうございました。

さて、まだかまだかと待っているトウモロコシと枝豆を試し採りしました。

まずはトウモロコシ。
以前、「獣もトウモロコシの食べごろを知っているで」と言われて、冷や冷やしながら畑に行ってみたのですが、案の定何本か何者かに食べられていました。

ざくっと、豪快に丸かじりされていたり・・・

201407111.jpg

表面だけしごいて食べられていたり・・・

201407112.jpg

これは早く収穫せねば!!
ということで、ひげが茶色くなっているのを見つけて収穫です。

201407113.jpg

コンテナに入れて、枝豆と一緒にお持ち帰り(*^_^*)

201407114.jpg

皮を剥いてみると、とっても綺麗に粒が詰まっていました。

201407116.jpg

枝豆も少し早いかも知れませんが、良く実が着いています。

201407115.jpg

夕ご飯の献立も考えずに嫁さんに茹でてもらいました。

201707117.jpg

うーん、これはマジでやばい!!
トウモロコシの甘いこと(*^_^*)
歯の隙間に皮をはさみながら、幸せな時間を堪能しました。

トウモロコシや枝豆を自分で育てて、良いのが出来て、新鮮なものを食べれられるなんて、農家になるまで想像していませんでした。
これぞ、農家の特権です(*^。^*)

次の朝市に出す予定ですので、お楽しみに!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(2) | 日記

2014年07月09日

うちのミニトマトは紫色

うちの農園では、ジャガイモ、千両ナス、万願寺トウガラシ、ミニトマトとナス科を4種類栽培しています。
ナス科4兄弟です。
それぞれが違った個性を持っていて面白いのですが、その中でも一番のやんちゃ坊主はミニトマトです。
初期から生育が旺盛でちょっと見ないでいると茎がどんどん伸びるし、脇芽も上から下から出てきて、ジャングル状態になります。一時は支柱立てと誘引作業が生育について行けなくて途方に暮れてしまったこともありました。

そんなミニトマトもようやくコントロール下に置くことができ、ついに収穫が始まりました!

201407081.jpg

このミニトマト、よく見るミニトマトとはちょっと違うと思いませんか?

そう、うちの農園では紫色のミニトマトを栽培しているのです。トスカーナバイオレットという品種です。
2年前に嫁さん命令で実験的に育てたのですが、その味に惚れ込んでしまいました。
「甘味」が全盛のトマト界にあって、このミニトマトの特徴はその「うま味」にあります。酸味とうま味のバランスが絶妙なのです。収穫時の試食が楽しみです!(^^)!

ミニトマトの花です。

201407082.jpg

熟す前の緑色の実です。

201407083.jpg

ようやく収穫が始まったミニトマト、これから忙しくなりそうです(*^_^*)

と言いたい所ですが、いよいよ台風8号が接近して来ました。
9月下旬ごろだとあきらめがつくのですが、この時期の台風は時期が早すぎます。
少々の台風対策も直撃を受けるとあまり意味がないでしょう。本当に農業はハイリスクだと自然災害が迫ってくる度に思います。
少しでも被害が少ないことを祈るしかありません。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2014年07月04日

野菜の散髪屋さん

千両ナスと万願寺トウガラシの誘引と追肥が終わっても、ほっと一安心と行かないのが夏野菜の主役達。
まだまだやることがあります。

今日やったのは整枝という作業で、ワサワサと茂っている葉っぱや茎をチョキンチョキンとハサミで切って整える作業です。簡単に言えば、散髪です。
整枝を行うことによって木の負担を減らしたり光や風が通るようにして、良い果実が出来るようにするのです。

まずは千両ナス。

ビフォー
201407041.jpg

バッサバサと容赦なく葉を落としていきます。
201407043.jpg

アフター
201407042.jpg

次に万願寺トウガラシ

ビフォー
201407044.jpg

アフター
201407045.jpg

分かりにくいので、上からビフォー
201407046.jpg

アフター
201407047.jpg

もちろん、ただ適当に葉や茎を落として行けば良いのではなく、この前誘引して残すと決めていた以外の葉や茎を落としていきます。
それでもたま〜に、誤ってチョッキンと・・・(>_<)

何はともあれ、夏野菜の収穫も少しずつ増えて来ました。

201407048.jpg

201407049.jpg

なかなか良い感じに育っています。
まだまだこの後いろんな試練が待っているかも知れませんが、何とかやり切るぞー(ー_ー)!!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:42| Comment(0) | 農業