2014年11月25日

有効活用

今日は久しぶりのしっかりとした雨です。
ここの所しばらくは雨が降らず畑が乾いていたので、恵みの雨です。

特に、日曜日に定植を終えたばかりの花菜、かつお菜、わさび菜たちにとってはなおさらです。

定植を終えたばかりの姿は・・・、

201411252.jpg

花菜も、

201411253.jpg

かつお菜も、

201411254.jpg

わさび菜も、定植時のショックで根付くまでは苗がひょろひょろです(+_+)

毎年こんなものだとは分かっていながら、やっぱりきちんと根付くまでは心配です。
でも、今日の雨できっと根付いてくれるでしょう(*^_^*)

わざわざ苗をひょろひょろにしてまで定植するには訳があって、それは限られた畑を出来るだけ有効活用するためです。畑は無限にあるわけではないので、限られた面積の中でどれだけ収穫が出来るかが重要なのです。
同じ畑で夏野菜の一作だけで終わるよりも、秋冬野菜を作るとそれだけ売上も上がります。特に収穫を予定している3月は端境期に当たるので、その時期の収入は貴重でもあります。

と言うものの、夏野菜が終わってすぐに片づけをして定植準備をしないといけないので、休む暇なく次の作業に取り掛からなければいけません。
この後も、玉ネギ、スナップエンドウ、ソラマメの植え付けと、毎年12月いっぱいまではこんな感じで大忙しです(>_<)

番外編
こんな有効活用も・・・

201411255.jpg

出荷机兼子供のお絵描き机(*^。^*)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 09:55| Comment(0) | 農業

2014年11月24日

ラブレター

うちの農園では畑とは別の場所にパイプハウスがあって、その中にクワやポンプなどの機械やマルチなどの農業資材を置いています。
そして、必要がある時に軽トラで農業資材取に行きます。

少し前のある日のこと、いつものようにパイプハウスに農業資材を取りに行ってみると、入り口にセロテープで「山本様」と書かれた封書が貼られていました。

201411241.jpg

えっ!!これはまさか・・・。まさか、ラブレター!?
妻子がいる身なのに、それは困ると頭の中で妄想が広がります。

ドキドキしながら開けてみると・・・。

「サトイモ下さい」
ご近所の奥様からのサトイモ注文の手紙でした。

俺よりもサトイモの方がモテるのね・・・。
ほっとしながらもサトイモにジェラシーを感じたお手紙でした(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 日記

2014年11月21日

しもネタばかりですいません・・・

数日前に初霜が降り、その後しばらく朝の収穫時に葉っぱに付いている朝露が冷たく感じられていたのですが、今朝の寒さは別格でした。
畑に行ってみると一面霜で真っ白。

201411211.jpg

近くで見ると土の表面に針のように霜柱がびっしりと並んでいます。

201411212.jpg

かぶらの葉っぱにも、

201411213.jpg

ホウレンソウの葉っぱにも、針のような霜柱がびっしりです。葉っぱを触ると霜柱はバリバリと音を立てて崩れて行きます。

201411214.jpg

このような状態で収穫すると葉っぱが折れてしまうので、朝日にあたって霜が解けるまでしばらく待ちぼうけ。

土がむき出しの所では日光が当たるとモアモアと湯気が上がって来ます。
霜が解けて、朝露となって、野菜の葉っぱが日光を受けてキラキラと輝きます。

これから、冬野菜がますます美味しくなる季節です(*^_^*)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2014年11月17日

出荷作業スタッフ募集

秋も深まり季節は冬を迎えつつあります。山本有機農園の秋冬野菜も寒さの中でぐんぐんと育ち、収穫の最盛期に入りつつあります。

収穫量の増加に伴い、夏場同様毎日遅くまで野菜の選別・結束などの出荷作業に追われて、夫婦二人の出荷体制では時間的・体力的に限界が見えつつあります。

そこで、下記の通り、秋冬野菜の出荷スタッフを募集いたします。
野菜を消費するだけでなく、野菜作りの一端を経験してみたいという方お待ちしております。

                 記
仕事内容:野菜の出荷作業補助(野菜の選別・結束・水洗い・袋詰めなど)
勤務日時:月曜日から金曜日で3〜5日、午後1時から4時の3時間程度
     ※曜日・時間等はご相談の上決定します。
資格:農業・野菜・食にご興味のある方。初心者・主婦の方大歓迎
給与:時給800円・交通費なし
勤務地:京都市左京区静市市原町699-9 山本有機農園出荷場(住宅街です)
    最寄バス停・・・京都バス地球研前もしくは洛北病院前から徒歩約3分
    最寄駅・・・叡山電鉄二軒茶屋駅から徒歩約8分
    ※自転車、バイク・自動車通勤可
特典:無農薬・有機野菜(ハネもの中心に)お持ち帰りいただけます!時々農業体験出来ます。

応募方法:まずはこちらにメールして下さい。

なお、収穫量の増加に伴い、今後は通年での出荷作業スタッフの募集も検討しております。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 06:27| Comment(0) | 農業

2014年11月14日

初霜

秋と言うよりも、すでに冬を感じさせる早朝の大原。
畑は土や葉が白く染まっていました。初霜です。
寒さは厳しくもあり、美しくもあります。

201411141.jpg

11月に入っても畑の野菜たちは毎日着実に大きくなり、いよいよその野菜が持つ素の美しを増して来ました。
ニンジン畑もかぶ畑も緑の葉に畝間まで覆われ、日の光に美しく輝いています。
作業を止めて畑を眺めているとうっとりして来ます(*^_^*)

201411143.jpg

小かぶも赤かぶもいよいよ大きく美しく育ってきました。
紅白のコントラストが美しかったので、思わず写真撮影。

201411142.jpg

収穫と出荷に毎日忙しい日々が続いていますが、冬の実りを実感できる嬉しい冬の始まりでもあります。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2014年11月02日

夏作の片づけにて

11月に突入しました!
1か月前は11月になれば少しは休めるかと淡い期待を抱いていたのですが、かえって忙しさは増すばかりです。

早く夏野菜を片付けて、花菜や玉ネギなどの定植を早く終えなければならないのに作業が遅れまくっています。苗はどんどん大きく育っています。また、冬野菜の間引きも遅れ気味です。
さらに、秋冬野菜の出荷は夏野菜に比べて時間がかかるために思った程の量を出荷出来ず、売上も10月下旬から下降気味です。

畑仕事も順調に作業が進んでいれば楽しいものですが、作業が遅れてると焦りが先行してしまい気分も低空飛行しています(+_+)

そんな中でも作業をしない訳には行きません。いや、現実世界の中の成すべきことから逃げていると負債はどんどん増えて更なる悪循環に陥ってしまいます。

201411021.jpg

そんな訳で、今日もオクラの片づけをしました。

今年のオクラは今までに無いほどの収穫があったのですが、やっぱり片付けとなると気分は乗らないものです。特にビニールマルチを剥がす作業は畑仕事の中でも最も気分が乗らない作業です。

思い起こせば、就農一年目はビニールマルチを使いませんでした。結果は雑草に負けて散々たるものでした。
2年目以降から少しずつ使うようになり、ここ数年ビニールマルチを多用することによって以前に比べると飛躍的に反収を上げることが出来るようになりました。まさにビニールマルチ様々です。

でも、マルチ剥がしをしていると、どうしても引っかかるのが使い終わったビニールマルチの処理です。マルチは土に還らないので使い終わったものはゴミになるだけです。まずはきちんと野菜を生産することが第一だと分かっているはずなのに、気分が落ち込んでいるとそういう点ばかりに目が行きます。

いや、むしろそういう状態だからこそ、問題点が浮き彫りになります。やはりこの問題は今後も避けては通れないようです。

いきなり「原点回帰」とは行けないのですが、悩みながら歩き、歩きながら悩んでいこうと思います。
就農6年目もまだまだ道を模索中です。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業