2015年01月26日

やっとのことでソラマメ・エンドウ定植完了

本日やっとのことで5月収穫予定のソラマメとスナップエンドウの定植を終えました。
予定より遅れることおよそ1か月。例年は年末には苗の定植を終えているはずなのに、あまりにも遅くの定植となりました。

もともと他の作業も遅れていたために作業スタートがずれ込んだことや雪や雨で全く作業が進まなかったり、特に、1月に入ってからは大雪で作業が進まず、雪が解けてからも毎日のように雨が降ったり、逆に晴れた日に限って他の用事が入って作業が出来なかったりと、呪われているのかと思った程でした・・・(+_+)
いずれにせよ天候などを理由にしてはならず、本来ならば悪い条件でも何とか仕事が滞らないような体制にしておかなければならないのです。

そんな訳で、まともにやっていたのではさらに遅れることが予想されたので、苦肉の策で定植しました。

普通なら夏作の片づけ、耕起、元肥、畝立て、マルチ張り、の流れで定植するのですが、今年はナスとミニトマト後にマルチを剥がさずに、畝をそのまま利用するという方法です。
当然、ナスなどは株が木の様になっているので、植え付け場所はナスの切株と同居という始末です。

201501261.jpg

201501263.jpg

定植も遅れたし、前作残渣も残ったままだし、果たしてちゃんと育ってくれるのでしょうか・・・(+_+)

抜本的な栽培方法の変更、人員体制の強化など、次作向けてまだまだ課題が山積しています。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年01月23日

大原農地大掃除

20日、21日と毎年恒例の大原地区「農地大掃除」に召集されました。二日間にわたり、地元の人30人ほどがそれぞれの担当に分かれて、一斉に休耕田や田んぼの法面の草刈り、用排水路の掃除などを行いました。

初日は、上野の国道に面した丘の笹刈りです。
国道に面した急な丘があるところは笹が背丈以上の高さに生い茂っており、景観上も良くありません。そこで、昨年に続き今年も笹の刈込みを行いました。

丘の下の方は、地面に岩がゴロゴロしており、草刈り機が何度もカチンカチンと火花を上げ、支給された草刈り機の刈刃も半日でダメになり、昼休みに自腹で近くの農協で買って付け替えるということになりました。
さらには、刈った笹が容赦なく長靴とズボンを突き破り、こちら側もかなりのダメージを受けました(+_+)
それでも、斜面を何度もずり落ちたものの怪我せず無事に一日目を乗り越えました。

二日目は戸寺町の休耕田の笹刈りです。
まずは驚いたこと。戸寺町の山際の所に広い畑が広がっていたことです。何でも、休耕田を地域の人たちが開墾して今後市民農園として活用するということでした。
草刈りをやっていると普段行かない場所に行くことが多いので、「大原にこんな所があったんや〜」という新鮮な発見が毎年の草刈りの面白いところでもあります。

もう、「草」刈りではなく「笹」刈りですが、二日目ともなるともう慣れでどんと来いという感じです。

201501231.jpg

ガツガツと笹を刈っていきます。背丈よりも高い笹を刈っていくと次第に視界が開けてきます。もともと棚田が広がっている所で、かなり昔に開墾され、ここ20年ほど放置されていた場所とか。段差がある所を刈っていくと何やら苔が生えた石垣らしきものがありました。これもはるか昔に開墾した人が人力で石垣を積んで行ったものでしょう。よくここまでの事が出来たのだと、昔の人の力には驚かされます。

201501232.jpg

笹で覆われていた休耕田もこの通り、視界が開けて来ました。でも、ここも放置しておくとまた笹が復活して、一年後には元通りの姿になってしまいます。自然と人間は常にせめぎ合っているのです。

201501233.jpg

ノルマは午前中で仕上げ、午後からは予定以外の場所の笹刈りも行いました。
なかなかハードですが、やりがいのある二日間でした。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年01月12日

ムズムズ・・・

201501121.jpg
今日も雪景色の大原です。
12月の寒波から始まり、正月の大雪、その後も毎日のように雪や雨が降り、農作業がはかどらす悶々とする日々です。
明日は直売所が休みなので、注文があった赤かぶと九条ネギのみを雪の中から収穫して早々に畑から退散し、午後からは出荷作業や子守りの一日でした。

そんな中、そろそろムズムズが始まり出しました。

もう花粉症!?

いやいや、スギやヒノキの花粉はさすがにまだ飛んでは来ていないのですが、毎年悩まされる症状です。

それは、次の春からの作付計画です。

この時期になると、「ジャガイモはどの品種をどれだけやろうか」、「ミニトマトはどんな品種をどこの畑でやろうか」、「何か新しいねらい目の品種はないか」、はたまた、「新しい栽培方法にチャレンジしてみようか」、などなど様々なことが頭に浮かんできます。まだまだ、妄想の段階ですけど・・・。

なので、夏の間忙しくて目を通さずに放置していた農業関係の雑誌を引っ張り出して片っ端から読んで行ったり、種苗会社が出しているカタログの中に面白い種子は無いか、昔読んだ本で参考に出来ることはないか、など出荷作業が終わって静かになるとデスクワークの日が多くなっています。

201501122.jpg

まだまだ冬の作業が続くけれど、気分はすでに半分春の今日このごろです(*^_^*)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年01月06日

早くとけて

正月早々、2度の積雪に見舞われた大原の畑。
少しずつとけては来たものの、まだこんな感じです。
玉ネギ苗は、雪の下。

201501051.jpg

ニンジンも、まさに雪の下ニンジンです。

201501052.jpg

これでは雪をかき分けないと収穫できません(>_<)
もう正月休みは終わったから、早く収穫させて〜。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 00:51| Comment(0) | 農業

2015年01月02日

明けまして おめでとうございます

新年 明けまして おめでとうございます!!

201501023.jpg

新年早々の大雪。30センチくらいの積雪です。
大原の畑もこんな感じで一面の美しい銀世界です。

201501021.jpg

心配していたパイプハスは雪の重みで潰れてはいなかったものの、野菜ははるか雪の下。
ネギも雪の下から先っぽを出すばかりです。結構な被害になりそう・・・(+_+)

201501022.jpg

毎年何かしら自然の恩恵だけではなく厳しさも味わうわけで、何もなく平穏に過ごした年など逆にないのだから、今年も頑張るしかなさそうです。

なにはともあれ、今年もよろしくお願いいたします!
皆様にとって有意義な一年でありますように。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 14:42| Comment(0) | 日記