2015年05月31日

赤シソ定植

土曜日、日曜日と2日間で、赤シソを定植しました。

植え付けるための溝をクワで掘っていき、その溝にあらかじめ水を撒いていきます。
赤シソは苗床から土を付けずに引っこ抜くので、土が乾いていると植えた直後から水不足でヘナヘナと萎れてしまうからです。
準備が出来たら、いざ定植。
生育にバラつきがある苗ですが、なるべく良いものを選んで植え付けました。
さらに、もう一度水をやって確実に活着できるようにしました。
植え付けは苗にとって生命の危機とも言える時なので、できるだけ慎重に扱います。

201505311.jpg

201505312.jpg

合計で1000株くらいでしょうか。まだまだひょろひょろですね(笑)

元気に育ってね!シソジュース待ってるよ!(^^)!
あと、里の駅大原にも出荷しますので、ぜひお越し下さい。


さて、赤シソの隣はトウモロコシ畝です。
数日前に追肥をしたのですが、ペレット肥料は播いた時のまま。
これだけ雨が降らないと仕方ないか・・・。
春の長雨から一転しての日照り続き。天気の振れ幅が極端すぎます。

ちょうど良い機会なので、トウモロコシにもたっぷり水をやりました。

201505313.jpg

早く雨が降ってくれないかな〜。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年05月29日

コンパニオンです〜

今年は春の葉物野菜に力を入れなかった分(?)、色々な試みをしています。
中でも楽しみなのが混植(コンパニオンプランツ)です。
混植とは、2種類以上の野菜を同時に育てることにより、互いの生育を良くしたり、病気や害虫の被害を軽減する方法です。過度の期待はしていませんが、何か面白いことが発見できればと思って挑戦です。

今年はナス科の野菜の混植に力をいれています。
まずは、ナスと万願寺トウガラシの落花生との混植です。
落花生がナスやトウガラシの生育を促進し、暑い夏場は地面に這って広がる葉や茎が敷き藁のような役目をしれくれ、やがて10月後半には収穫が待っているともくろんでいます(*^。^*)

201505203.jpg

ナスやトウガラシの株の周りに穴を空けて種を直播していきます。上手く発芽してくれるかな〜。

201505201.jpg

201505202.jpg

次は、ミニトマトとバジルのピザコンビです。
バジルがミニトマトの生育を促進してくれ、夏場にはミニトマトのトマトソースとバジルでピザ三昧ともくろんでいます(*^。^*)

201505292.jpg

絶対にやらなければならない訳ではないけれど、こういう遊びを含んだ試みをするのはやっぱり楽しいですね!
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年05月26日

残念なことに・・・

さて、4月末にかけて植え付けた野菜たちの生育状況のその後です。

201505265.jpg

201505263.jpg

ロメインレタス、トレビス、ともに元気に育っています。6月中旬ごろには収穫でしょうか(*^。^*)

201505264.jpg

こちらは赤キャベツです。レタスたちの間ですくすくと育っています。
混植は意外と効果がありそう!
と思っていたら、モンシロチョウが赤キャベツの上をひらひらと・・・。
虫食いの葉がちらほら見られます。

201505266.jpg

めくってみると、こんな感じで小さな青虫たちがいました(>_<)
全く放任という訳には行かないようで、時々虫取りも必要なんでしょうね。

次は、残念な結果。
ズッキーニが早くも病気で終了となりました・・・((+_+))

201505261.jpg

201505262.jpg

そのまま放置しておくわけには行かないので、全ての株を畑から除去しました。
その場所は、ウリ科は初めてなのにどういう原因で病気になってしまったのだろう・・・。
うーん、6月上旬のズッキーニ収穫は幻となってしまいました。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年05月15日

それぞれの生育状況

5月も中旬に入りました。ちょっと前に定植したと思っていた野菜たちも少しづつ、はたまたびっくりする位大きくなって来ました。

まずは、ズッキーニ。

2015051512.jpg

2015051513.jpg

何ともう花が咲いているではありませんか!
これは早く収穫出来るわい(*^。^*)
と思ったら、それは早合点。
残念ながら咲いているのは雌花ばかりで、この時期はまだ雄花はまだ咲いていません。
なので、雌花が咲いたと思っても受粉出来ずに大きな実にはなりません・・・。
もう少し我慢ですな。

次は、枝豆。

2015051514.jpg

かわいい葉っぱが出て来ました。順調に生育しています。
もうすぐ第2弾の定植があります。

さらに、トウモロコシ。

2015051515.jpg

緑肥の大麦がぐんぐんと予想以上に育っています。パッと見では、どれがトウモロコシやら分からない程です。

そして、ロメインレタス、トレビス&赤キャベツトリオ。

2015051516.jpg

2015051517.jpg

三種類とも順調に生育していますが、中でも面白いのが赤キャベツ。
今の所青虫の被害が全くありません。まだモンシロチョウに見つかっていないのか、近寄ろうとしないのか。これはちょっと面白くなって来ました(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 11:37| Comment(0) | 農業

2015年05月13日

今年はスカスカ

201404301.jpg

201505159.jpg

さて、上は去年のもの。下は、今年のものです。
これらは同じスナップエンドウですが、今年は明らかに出来が悪いです(>_<)
向こう側の畝が透けて見えます。
去年はワサワサと茎葉が茂りたわわに実ったスナップエンドウも、今年は貧弱であまり収穫が見込めそうにありません。

2015051510.jpg

近くでみるとこんな感じです。実っていることは実っており、食べてもおいしいのですが・・・。

2015051511.jpg

ソラマメもあまり茎が太くありません。去年のアブラムシに移された病気で全滅というような被害はないでしょうが、満足できるものではありません。

やっぱり、作業が追いつかずナスやトマトの畝をそのまま使ってしまったからだろうか。肥料が足りなかったのかなぁ。
収穫していても少々テンション低めです(+_+)

いやいや、このままでは終わりません。もっと作業を効率的にまわして、来年こそは豊作に!
それにしても、やり直すまで一年かかるって、農業って・・・^_^;

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年05月11日

玉ネギ前半戦

葉玉ねぎは全て取り終え、極早生玉ネギもほぼ収穫完了。
残るは早生のみとなった玉ネギ第一圃場です。

201505157.jpg

葉玉ねぎは中々のものですね。ニッチ農業の典型のようなものです(*^_^*)

極早生玉ネギはいまいちでした。もちろん、まだ玉ネギが出ていない時期に出したので売れることは売れるのですが、あまり球が太りませんでした。

201505158.jpg

大きくて惚れ惚れするようなのはたまに出る位で、ミニサイズがゴロゴロと採れたという状況です。やっぱり大原は寒いのかな・・・。
ミニ玉ネギはそれはそれで面白いと思うのですが、これが全部大玉サイズだったと想像すると残念でなりません(>_<)

さて、作付一年目で妄想と現実との差が分かりました。
次は、この差をどう埋めるのかです。

まだまだ、玉ネギには可能性があります。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年05月10日

夏野菜はソバ殻で

夏野菜の定番と言えば、やっぱりトマトにナスにトウガラシ。
5月8日、9日と2日間に渡って夏野菜の主役である千両ナス、ミニトマト、万願寺トウガラシの植え付けをしました。

畑のローテーションもこれらのナス科を中心にまわしているので、やっぱり特別な思いがあります。
かと言ってあまりナス科の夏野菜に力を入れて数を増やし過ぎると、支柱立てやら、ヒモを張って誘引したり、脇芽の剪定、さらには害虫対策など本当に手間がかかるので、他の作業に手がまわらなくなってしまいます。
一つの作業ばかりに手間をかけるのではなく、常に全体のバランスを確認しつつ作業をこなして行けるようにならなければなりません。失敗の原因の8割は手がまわらないことによると言って過言ではないからです。

そんな訳で、今年は去年の反省を踏まえて、ナスは例年並み、ミニトマトは70本以上減、万願寺は勝負を張って70本増のラインナップです!
それって、結局去年と同じ数やん!っていう突っ込みが入りますが・・・^_^;

植え付け1日目は千両ナスとミニトマト。あと、嫁さんの希望で大玉トマトもちょろっと(*^_^*)
2日目は万願寺トウガラシ。
朝から作業が出来たので、旦那が昼飯前の一仕事で植え付け完了。
後は、風で定植したばかりの苗が折れない様に仮支柱で苗を支えて終了!

例年ならそれでひと段落なのですが、今年はまた新しい方法に挑戦しました。

201505153.jpg

ナスはこんな感じで、

201505152.jpg

ミニトマトはこんな感じ、

201505154.jpg

さらには、万願寺もこんな感じ、

201505155.jpg

ついでに通路もこんな感じです。

株の周りや通路に敷かれている茶色いものは何だと思いますか?

これはソバ殻です。昔はよく枕に使われていました。
軽くて中々分解されそうにありません。しかしそれがねらい目で、ソバの殻で有機物マルチをしてみました。
目的は、まずは雑草防除ですが、それ以上に土づくりの意味合いが大きいです。
作付が終わった時に耕してすき込みますが、これがまた土に空気を入れる役目を果たしてくれるのではないかとい考えています。

さてさて、結果はどうなることやら。
結果はどうであれ、自分で考えて工夫出来るのが農業の醍醐味ですね(*^_^*)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年05月05日

何事も実験 トウモロコシと緑肥

さらに実験、今回はトウモロコシと緑肥の混植です。

夏野菜の多くは黒マルチを張って栽培しています。もっとも大きな理由は雑草を抑えることです。
雑草を抑えることが出来るだけで収穫はずいぶんと違います。
実際就農一年目や二年目はマルチを使わなかったのですが、草取りに多くの手間を取られて、その分必要な作業が遅れて、結局満足な収穫が得られないという状態でした。
最初はあまり使いたくなかったマルチでしたが、その効果が大きなものでした。生産が安定して来たのは、ビニールマルチのおかげでもあります。
ただし、定植前にマルチを張ったり、使い終わったマルチを剥がしたりとそれなりに手間がかかります。また、自然に還らない資材を使うのもどこかにひっかかる部分があります。
今後もマルチを使うことは避けられないでしょうが、少しでも削減する試みをしたいと思います。

そんな意味合いもあって、今回はトウモロコシにビニールマルチを張りませんでした。
その代りに挑戦したのが緑肥マルチです。
トウモロコシと一緒に麦の種を播いて、麦の葉っぱが雑草を抑えることが出来ないか、麦はやがて土に還るので、土壌を豊かにすることが出来るのではないか。
まあ、理想を言えばそんな理由からですが、上手く行くかは全く分かりません。

やっぱりギャンブラーです!(笑)
いやいや、「面白いと思ったことは何でもやってみなはれ」です(*^_^*)

201505051.jpg

201505052.jpg

こんな感じで植え付けました。
果たして、どんな結果になるでしょうか。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年05月03日

何事も実験 レタス&キャベツの混植

ゴールデンウィーク定植第2弾、今日はレタスたちです。

レタス「たち」と言ったのは、レタスだけではないからです。
毎年レタス類として、サニーレタスとロメインレタスの2種類を植え付けていたのですが、今年はレタスとしてはロメインレタスと初挑戦のトレビスを植え付けます。

トレビスは、まだあまり一般的でない野菜かも知れません。色は赤紫で、赤キャベツを一回り小さくしたようなこぶし大の大きさです。味はとっても苦く、それだけを食べるというのではなく、サラダに他の野菜と混ぜて食べます。
苗のトレビスの葉っぱをちぎって一つまみしたのですが、・・・「にがー」(>_<)

そして、さらにもう一つの初挑戦が、レタスとキャベツの混植です。
以前からレタスとキャベツを混植するとキャベツに着く青虫の被害を防げると聞いていましたが、今回はその実証実験をやることにしました。まあ、ダメモトの実験ですが、上手く行けばかなり面白いことになります。
うーん、ギャンブラーだわ^_^;

いやいや、何事も面白いと感じたことはやってみよう!それが農業の楽しさなのだから(*^_^*)

それぞれの苗はこんな感じです。

201505031.jpg

ロメインレタス

201505032.jpg

トレビス

201505033.jpg

赤キャベツ


201505034.jpg

左の列はトレビス、真ん中に赤キャベツ、右にロメインレタス。
それぞれを植え付けて行きました。
さて、それぞれどんな生長を見せてくれるでしょうか(*^_^*)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年05月02日

ゴールデンウィークは当然のごとく

日本列島は、ゴールデンウィーク。
会社員だったならば、小旅行でも計画して子供たちと行楽地という所ですが、農家はちょうど夏野菜の定植時期と重なり一番忙しい時期となります。
枝豆にレタス、トウモロコシ、ナス、ミニトマト、万願寺トウガラシ、敢えて「夏野菜定植ゴールデンウィーク」としときましょう!(笑)

定植ゴールデンウィークの第一弾は、枝豆です。枝豆は確実性を狙って直播ではなく、育苗場所で苗を育ててから植え付けます。
種を播いてからぐんぐんと生長して来ました。生長のスピードが速く、一日でも定植が遅れると徒長して、ひょろっとした苗になってしまいます。結構タイミングに気を使います。

201505021.jpg

軽トラに苗を乗っけて、いざ畑へ!

植え付けは時間との勝負!
苗は乾燥するとたちまちへなっと元気が無くなって来るので、水をやるまで気が抜けません。植え付けには曇り位がちょうど良いですね。

201505022.jpg

午前中に半分植え付けて、水やり。昼食を挟んで、午後に残りの半分。
何とか1000株以上植え付けました!

早く根付いて、美味しい枝豆を食べさせね(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業