2015年06月29日

今年はアブラムシに悩まされてます

6月も終盤に差し掛かりました。
まだまだ本調子ではないもののナス、ミニトマト、万願寺トウガラシのナス科3兄弟も少しずつ採れはじめて来ました。

まずは、ミニトマト。3兄弟の中で一番元気に育っています。品種はアイコです。
真っ赤に完熟してものはとっても甘くて、畑でのつまみ食い(!?)が止まりません。
完熟少し前のものは、皮は少々固いものの野生の風味がしてとってもさわやかです。

P1050984.JPG

P1050985.JPG

次は千両なすです。ようやく収穫が始まりました。

P1050993.JPG

P1050991.JPG

収穫が始まったばかりではあるのですが、今年はアブラムシの被害がたくさん見られます。
アブラムシは木の汁を吸うためにやってきて、あっと言う間に爆発的に増殖し、拡散していきます。アブラムシがたくさん着いた木の下はアブラムシた出した液体でべっちょりとマルチが濡れるほどです。
悪いことにアブラムシは木の汁を吸うだけでなく、病気を媒介するので、アブラムシ被害の大きかった木は太らずに貧弱なまま病気になってしまいます。
今年は例年よりもアブラムシの被害が多く、困っています・・・。

同じく万願寺トウガラシもアブラムシの被害が大きく、病気になった木がたくさんあります。

P1060001.JPG

P1060002.JPG

毎年同じようにやっていても、上手く行く年もあれば、ダメな年もある。無農薬栽培の難しさを実感します。

すでに今年はアブラムシが拡散しすぎていて、今から対策というのは出来ないのですが、来年の対策としては、元肥を多く入れ過ぎて窒素過多にならない様に気を付けること、キラキラ光るものが苦手なアブラムシをシルバーマルチを敷くことによって寄せ付けなくする、生育初期は不織布のトンネルで飛来を防止する、アブラムシが嫌がる植物を混植する、畑に天敵が棲める環境を用意するなど、色々試してみようと思います。

その前に今年の状況を何とか乗り切らねば・・・。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年06月25日

最後はヘロヘロの収穫

今日はまだ収穫が終わっていない玉ネギの総収穫をしました。
もう葉っぱも完全に枯れていて、これ以上雨にさらされると状態が悪くなってしまうからです。

最初は植わっている玉を引っこ抜いていき、引っこ抜いた玉の葉っぱを刈って、畝の上に並べて乾かして行きます。
嫁さんも保育園に子供を送った後から参戦して、ひたすら作業。
畝の上はゴロゴロと転がる黄色玉ネギと赤玉ネギの玉ネギの道になっていました。

IMG_5293.JPG

引き抜き作業が終わったら、後はひたすらコンテナに入れて軽トラに運んで行きます。玉ネギを植えている畑は縦長で、玉ネギ満載になったコンテナを軽トラまで持っていくのが中々大変です。
玉ネギを詰めて、運んで、軽トラに積んで、戻って、また詰めて、運んで・・・、という作業の繰り返しです。もちろん人力です。
軽トラ満載で27杯のコンテナになります。もちろん、1回満載にするだけは足りません。

P1050981.JPG

しかし、明日は雨だから引っこ抜いた分は全部回収しないと、今までの苦労が台無しになってしまいます。
コンテナの重さと軽トラまでの距離、迫ってくる夕暮れ、判断の甘さ、でも明日は雨だからやるしかない、色々なものが交錯し合いました。

最後はコンテナが足りなくなり、軽トラに直接積むことに。この時間になるとだんだん暗くなって来ました。
もうヘロヘロです。

P1050982.JPG

もちろん悪いことだけではありません。
途中、地主さんの奥さんが来て、差し入れをしてくれてエネルギー補給が出来ました。
そして、夕方の最後の方には一人でやっている作業を見かねた農業仲間のじゅんちゃんや渡辺さんが助けてくれて何とか積み終えました。

もっと計画的にするべきでしたが、何かと思い出深い玉ネギの収穫でした。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年06月22日

水がポイント

定植の準備も整い、昨日、今日とサトイモの定植をしました。
サトイモは農園の冬野菜の主力です。
全部収穫しきれなかった昨年よりは少し減らし気味ですが、それでもかなりの量です。

定植当日の作業は、別の畑で育てていた苗を取り出すことから。

P1050968.JPG

シャベルで掘り起こして、種イモから出ている芽を1本のみ残します。
種イモの真ん中から出ている芽が大きければ分かり易くて良いのですが、脇から出ている芽の方が大きかったりするとポキッっと芽を切るのをためらってしまいます。

苗を軽トラに積み込み、いざ畑へ!
どんどん植え付けて行きます。旦那は植穴開けがメイン、植え付けは主に嫁さん担当。

P1050980.JPG

2日間かかって、植え付け完了(*^。^*)!
植え付けのあとは、試しに畝間に水を流しました。畝間に水を流して、たっぷり水をやります。サトイモは水を好む植物なので、水の有り無しで生育に違いが現れます。
ここの畑はずっと前は田んぼだったらしいので、少なくとも10年以上ぶりに水を入れます。

P1050977.JPG

良い感じで畝間に水が流れて行きました。
眺めていると思わずムフフとしてしまいました(*^。^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 日記

2015年06月20日

レタスとキャベツ混植は・・・

以前今年はレタスとキャベツの混植に挑戦とお伝えしていましたが、その途中経過の報告です。

まずはレタスから

ロメインレタスは元気に育っています。

P1050960.JPG

今年初挑戦のトレビスも元気です。
結球が始まり、あとちょっと中が詰まると収穫です(*^_^*)

P1050958.JPG

さて、赤キャベツですが・・・

P1050959.JPG

ご覧の通り、虫に食べられて穴だらけです・・・(+_+)
最初は虫も来ずに、「これはひょっとして上手くいくかも!」と思っていたのですが、次第にモンシロチョウの幼虫のエサと化して、葉っぱはボロボロになってしまいました。

ようやく結球しはじめたのですが、大きさは子供のこぶし位です。
ここから奇跡が起きて・・・、というのはやっぱり難しいでしょうね(>_<)

失敗も経験の蓄積。
来年に生かすぞ〜!
posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2015年06月19日

副産物はうれしいな!

ミニトマトの脇に植え付けたバジルが大きくなってきてきました。
トマトとバジルを一緒に栽培するとお互いに元気になると聞いていたのですが、バジルは今まで単独で栽培していた時よりも良い出来です!
葉っぱの色も良く、美味しそう(*^_^*)

P1050949.JPG

チョキンと主軸を切って、収穫開始です!
これから脇芽も出て来ます。
ミニトマト1本に対してバジル4本だから、単独で栽培する時ほど収穫は多くはないのですが、ちょこちょこっと直売所に出すにはちょうど良い量です。
あんまり期待していなかったけれど、うれしい副産物です!(^^)!
色々なパターンを試したいな〜。

P1050947.JPG

さて、ミニトマトも早いものは赤く色付いて来ました。
ミニトマト&バジルコンビのピザを食べる日も近いか!?
posted by 山本有機農園 山本克也 at 12:00| Comment(2) | 農業

2015年06月13日

天候のせいにするのではなく

玉ネギに引き続き、ジャガイモの収穫が始まりました。
今年も丸々としたジャガイモがたくさん採れました!

P1050936.JPG

と言いたい所ですが、今年のジャガイモ畑はご覧の通りの有様です。
ジャガイモの葉や茎が小さく、雑草が目立っています。
これでは良い収穫は期待できそうにありません・・・(+_+)

P1050938.JPG

ここ数年ジャガイモは豊作でしたが、一転して今年は大不作です。
原因は種イモを植え付けた後の長雨で種イモが腐ってしまったことです。
長雨だったり、カラカラだったりと今年の春の天候は厳しいものでした。

しかし、こんな天候でもきっちりと収穫出来る人がいるのだから、失敗は天候の為だけでなく、やっぱり自分の技術不足と根本的には考えの甘さにあります。
取らぬ狸の皮算用ばかりだけでなく、与えられた条件の中で悪い方の事態も想定して、きちんと予防線を張れるようにならないと。
根本的に考え方を改めなければならないようです。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年06月11日

今年のはおっきいな〜

玉ネギ第二圃場の玉ネギも倒れて来ました。いよいよ収穫です!

P1050931.JPG

まずは、中生の黄玉ネギ。

P1050928.JPG

丸々と太っています。中には巨大な玉ネギがあって一玉で500gを超えるものもあります。
その割にはアップル型であんまり満足できないものもあって、理想の玉ネギを育てるも中々難しいものです。

P1050926.JPG

こちらは赤玉ネギです。良い感じです。

P1050923.JPG

収穫した玉ネギは葉っぱを切ってコンテナに広げて軽トラに積み込んで行きます。
縦長の畑なので軽トラまで運ぶのは一苦労。でも、収穫物で重くなるは嬉しいものです(*^_^*)

玉ネギ収穫第一陣は、コンテナ27杯分。
でも、まだ3分の一程度だから、これからまだまだ収穫が続きます。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2015年06月10日

ここはスキー場か!?

今日は、3月に播いて大きくなって来た九条ネギ苗の仮定植をしました。
仮定植というのは、今日定植した苗を8月下旬に一度引き抜いて、別の場所にさらに植え付けるという作業をするからです。九条ネギの栽培は、2回も定植をするなど結構手間がかかります。
しかし、冬場には欠かせない主力野菜なので、少々の手間がかかってもがんばってやらねば!

まずは、苗床から苗を掘り起します。思ったよりも苗は良い感じです。

P1050919.JPG

しかし、ごらんの通り苗床は草まみれで、草の中から苗を掘り起こすのが大変でした。
というのも、例年は稲の苗箱で育苗していたので雑草の心配はなかったのですが、今年は直接畑に播いたからです。取り切れなかった雑草が大きくなってしまいました。雑草恐るべし(>_<)

P1050917.JPG

苗を取った後は次々に植え付けていきます。

さて、ここで今年の新しい試みです。
例年は育苗は黒マルチを使っていたのですが、今年は黒マルチではなく白マルチを使ってみました。裏は黒で表は白の白黒ダブルマルチというものです。裏の黒が雑草を抑え、表の白が地温の上昇を抑える働きがあるらしいです。
調べたところによると黒マルチよりも地温抑制効果のある白マルチの方が収量が多いというので、今年は実験で白マルチを張ってみました。

P1050921.JPG

それにしても、白マルチのまぶしいこと!!目がチカチカしてしまいます(>_<)
曇っている時はまだましですが、お日様が出るとたちまち日光がガンガンと目に飛び込んできます。
例えるならば、まるでスキー場にいるような感じです。

何はともあれ、植え付けました。
さて、効果はいかほどでしょうか。8月が楽しみです。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2015年06月05日

ひたすらひたすら

今日は、ワサワサになったミニトマトの誘引です。

ミニトマトの生長はとっても早くて、植え付けから1か月もするとぐんぐんと茎葉や脇芽が伸びて、まるでジャングルの様になります。
このままでは放任栽培の地面を這うトマトになってしまうので、支柱を立てて、麻ひもで茎をくくって誘引します。

しかし、この誘引作業が結構手間がかかります。特にうちは茎を1本ではなく脇芽を2本伸ばして1本の株から計3本の茎を伸ばすので、あまり大きくなりすぎるとどれが脇芽だか分からなくなります。おまけに、残しておく脇芽と切ってしまう脇芽があり、それを区別しないといけないし・・・(>_<)

今年は嫁さんと二人がかりで2日間かけて誘引と脇芽かきの作業をしました。
父ちゃんはひたすら残す茎を選んで誘引し、母ちゃんはひたすら脇芽をかくと言う作業でした。
農作業には「ひたすら」という言葉がよく出て来ますが、これもその作業の一つです。
ひたすらひもを張り、ひたすら誘引し、ひたすら脇芽をかくの2日間でした。

201506053.jpg

201506051.jpg

201506052.jpg

何とかやり終えました(*^_^*)
でも、あと半月もするとまた脇芽が伸びて、ひたすらの脇芽かきと誘引作業をやるんだろうな〜(+_+)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年06月02日

押し寄せてくる

月曜日、火曜日の二日間でオクラの定植をしました。
オクラと言えばわが農園の夏場の主力野菜です。やっぱり気合いが入りますね!

オクラづくりは、まず育苗から始まります。
オクラは直播する方が多いと思いますが、過去に直播してあまり発芽率が良くなかった経験から育苗してから植え付けるようになりました。
ただし、オクラの育苗はタイミングが大切でいつまでも苗床に置いておくと苗が徒長したり、蒸れて病気や根腐れになったりと植え付け時期を見極めないといけません。この位になったら、すぐに定植です!

201506031.jpg

定植は嫁さんと二人がかりで終了(*^_^*)
まだまだ小さいかわいいオクラちゃんです。

201506033.jpg

201506032.jpg

ちょっと前までここに早生玉ネギが植わっていたなんて分からない程の早業のチェンジです(*^_^*)


さて、植え付けが終わってもほっとしていられません。
仕事が次から次へと押し寄せて来ます。

201506034.jpg

ミニトマトがかなり大きくなってきたのです。10日前はもっと小さくて、脇芽もしっかりと取ったはずなのに今では株全体が大きくなり、脇芽もかなり立派になって来ています。小さな青い実も着いています。

201506035.jpg

このまま放置しておくと株は地を這い、どれが脇芽やら主軸やら分からなくなってしまうので、急いで誘引作業です!

明日は雨なので、あさっての雨上がりからミニトマト誘引祭りに突入です!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業