2015年11月28日

ついに降って来た

今年の11月はやはり異常です。例年の11月と言えばすでに冬の気配を感じるのですが、まだまだ温かい日が続いています。紅葉もあまり美しくありません。
とは言うものの早朝はやっぱり冷えて来ました。

そして、ついに畑に霜が降りました。数日前うっすらと初霜が降ったのですが、今日のは見事に畑一面真っ白です。

P1060486.JPG

P1060488.JPG

P1060484.JPG

毎日収穫は朝から行っているのですが、これでは霜が解けるまで収穫出来ません。
軽トラの中で朝日が畑に届くまで待ちぼうけです・・・。

寒さに弱い春菊は、強い霜が降ると一気に収穫終了となります。
もう少し春菊の胡麻和えを堪能したいな〜^_^;



posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2015年11月16日

好評だったら増やします

多品目少量生産、中品目中量生産、少品目多量生産。一口に農業と言ってもいろいろな形があります。
もっとも、この中でどれが一番優れているかを比べても意味がありません。与えられた自然状況や資本、人員、売り方などによって、どれだけ自分の農業を最適化出来るかです。

そんな中でどちらかと言えばうちの農園は、中品目中量生産という形態を目指して来ました。
夏場はナス、オクラ、ミニトマト、万願寺トウガラシなど、冬場はニンジン、かぶ、サトイモなどある程度柱が決まって来ました。失敗はあるものの、おかげさまで生産もある程度は安定しております。

とは言うものの、現状維持では面白くありません!
もう少し野菜の世界を広げてみたいと思い、今年の秋冬野菜は何種類か初めてものにチャレンジしてみました。

P1060446.JPG

リーキに、

P1060477.JPG

コールラビに、

P1060462.JPG

スイスチャードに、

P1060401.JPG

ケールなどなど、色々実験中であります。

「中品目中量生産+遊び心」という所でしょうか。
でも、ひっとしたら、ここからヒット商品が出るかも(*^_^*)

まだまだ少量なので朝市中心の販売となりますが、これは面白いと思ったり、お客様の要望があったら来年は増やして行こうと思います。
面白い野菜があったら教えて下さいね。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2015年11月13日

畝間の問題

今年の秋冬野菜から導入した成型機。トラクターに取り付けて、畝立てと同時にマルチ張りをする機械です。
野菜約3500袋分の売り上げを投入して購入しました。
まだまだ使い慣れていませんが、何枚かの畑で使っています。

さて、その効果は・・・。

予想以上です!!これは素晴らしい(*^_^*)
今までの畝立て、整地、マルチ張りの作業が一度に行えるのですから、相当な時間の短縮になりました。

とは言うものの問題もあります。
マルチの端を土に埋め込む形でマルチを固定しているので、畝間は土がむき出した状態になります。
土がむき出しの状態だとやがて雑草が生えて来ます。
ここ数年は畝間もマルチで覆えるようにしていたけれど、それでも雑草には悩まされて来たし・・・。

P1060428.JPG

その対策の一つとして今年実験してみたのが畝間に麦を播いて麦マルチをすることです。
写真は播いた麦が生育しているものです。畝間びっしりと覆っています。
上手く行けば雑草を抑えてくれるし、いろいろな生き物の棲家となるし、最後には土を豊かにしてくれるし、と妄想が広がります(*^_^*)

もっとも妄想通りには行かないでしょうが・・・。
別に麦でなくても、雑草を生やして、草刈り機で刈り込んでも良いし、色々と実験をする必要があります。

でも言えることは、今までの単調な畑よりも面白い畑になってくれるだろうということです。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2015年11月10日

バックヤード方式

P1060468.JPG

12月に定植予定のスナップエンドウ、

P1060469.JPG

来年の3月に定植予定の九条ネギ、

P1060412.JPG

先日植えたミブナ。3月に収穫予定です。

いずれも畑の片隅にある育苗スペースで生育してすでに植え付けたものやこれから植え付けるものです。
今までも育苗スペースを確保して育苗は行っていましたが、今年の秋冬野菜から特に育苗に力を入れ始めました。
もうすでに植え付けられた花菜、わさび菜、ケール、茎ブロッコリー、春菊などは畑で元気に育っています。
直播ではなくわざわざ手間をかけて育苗した苗を植え付けるのは、夏野菜を秋冬野菜の育苗期間だけ長く栽培できるし、トンネルで虫を防げば割合温かい時期からアブラナ科でも虫の被害が少なく大きく出来るし、最初から広いスペースで植え付けられた苗はその後の生育も良いからです。

兎に角うちの農園では今後より育苗に力を入れて行きます。常に畑とは別に何かの苗を育てて、ある程度育ったものを素早く畑に定植する。言わばバックヤード方式です。

もっとも、畑の準備が進まず苗ばかり大きくなって、植え付け時期を逃してしまうと全く裏目に出ますがね・・・(>_<)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年11月09日

今年は早すぎる菜

10月のカラカラの日照りから一転して11月になると結構雨が降り出しました。
気温も高い状態が続いていいます。

さて、畑に目をやると、この暖かさのおかげか野菜たちも順調に大きく育ってきました。
早生系の花菜は今年初めて移植栽培に挑戦しましたが、直播に比べて株が大きく育っています。
同じ種でも育て方で全然違った形になるのですね〜(*^_^*)

P1060385.JPG

例年なら主軸を収穫してそれで終了だけど、今年は脇芽も結構採れるかなと思いながら見てみると・・・。

P1060437.JPG

何と、もうつぼみが出来ているではありませんか!

例年なら11月の後半から春を先取りする形で出荷しているのに、秋真っ盛りの今にもう花が咲いてしまうではありませんか!

10〜11月の温かさで季節を先取りし過ぎてしまったのだろうか。このまま前倒しだと12月の収穫はどうなってしまうのでしょうか。それ以前にちゃんと収穫があるのだろうか・・・。

うーん、分からん(>_<)




posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2015年11月05日

ジャンボニンニク順調です

10月の上旬に植え付けてから早くも一か月、ジャンボニンニクは順調に育ってます!
今年は例年よりも早く植え付けられたので、芽もいつもより早く出て来ました。発芽率も高いです。
秋の間にある程度大きくして、春には手のひらサイズに育って欲しいものです。

P1060422.JPG

P1060421.JPG

雑草もまだまだ根を張っていない今のうちに取ってしまいました。
作業に余裕があると後が楽になりますね(*^。^*)
逆に作業に余裕が無く、見て見ぬふりをして先延ばしにすると、作業量は雪だるま式に増えて行きます((+_+))

ちょっと余裕がある今の内にどんどん作業を進めるぞ〜!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業