2015年12月30日

今年もありがとうございました

里の駅大原への年内最終出荷で、今年の出荷も全て終了。
積み残していたジャンボニンニクの追肥も終わり、今年の畑仕事も全て終了しました(*^_^*)

P1060525.JPG

P1060527.JPG

今年は天候不順(それに対応できなかった実力不足)に悩まされた年でありましたが、同時に野菜作りが今までよりもさらに面白くなって来た年でもありました。
常に高い理想を持って、来年も野菜作りに励んで行きたいと思います。
皆様今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年12月28日

年末の出荷ラッシュ

今年も残すところあと数日、仕事も残っているものをさっと片付けてほっこりと(*^_^*)

という訳には行きません。
27日日曜日の終い朝市からほっとする暇もなく、年末の出荷ラッシュとなります。
大根、小かぶ、サトイモ、九条ネギ、白菜、どれも普段よりも盛りだくさんです。

今まで出荷の手がまわらず出し惜しみしていた九条ネギも年末特需でたくさん出荷します。

P1060574.JPG

P1060576.JPG

P1060586.JPG

忙しいですが、何ともありがたい限りです。
あともうひと頑張りで正月休みだ!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2015年12月26日

よ〜くがんばった

今年の秋冬野菜も、成功したものもあれば、残念ながら失敗してものもあります。
レタスやニンジンがこけてしまったものの、全体的には成功が多い今年の秋冬野菜であります。

その中で一番の成功と言えば、早生の花菜です!
11月から始まった収穫は、親茎から始まり、子茎、現在は孫茎の収穫となっており、12月いっぱいまで行けそうです。

今までは直播で親茎(主軸)を収穫して終了というパターンだったのですが、今年は苗を適期に植え付けられたことと、暖冬でつぼみが霜のダメージを受けなかったということが幸いしました。

P1060534.JPG

P1060535.JPG

P1060538.JPG

もう大部分は採りつくしてしまったので、畑は美しくはありませんが、本当によく頑張ってくれました(*^_^*)
暖冬の影響はあるものの、作物というのは栽培方法によって同じ種でも全く違ったものになるのだということを改めて実感しました。これだから野菜作りは面白い!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2015年12月20日

大株水菜

さて、このモサモサが何だか分かりますか?

P1060554.JPG

収獲してみると・・・

P1060563.JPG

ミズナでした!

P1060560.JPG

でも、この水菜の茎はずいぶん太くありませんか?
これは水菜でも大株水菜と言われるもので、よく見かけるサラダ用の株が細いものではありません。
育苗して一本ずつ定植して大きくしたものです。
今まで大株水菜に挑戦したことはあったのですが、今回ははじめて満足できるものに仕上がりました。
繊維も筋張ってなく、取引先にも好評で、思ったよりも早く収獲が終わってしまいそうです。

こんなんならもっと作付しておけば良かったかな。
まあ、来年は同じように行くとは限らないけどね・・・^_^;


posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2015年12月19日

めざせ通年出荷

12月は冬野菜の収穫最盛期です。
畑では小かぶ、赤かぶ、ホウレンソウ、水菜、大根、九条ネギなどが収穫をまだかまだかと待っています。
しかし、1月、2月、3月と次第に野菜の種類・量とも減って行き、4月になると端境期が訪れます。
端境期とは野菜の収穫がなくなってしまう時期です。
収獲が無い=収入が無いとなる農家にとってはつらい時期でもあります。もう少し谷を平らにしたいものです・・・。

さて、今年は幸い栽培面積が増え、時間的にも余裕ができたので、何種類か実験的に葉境対策の野菜を栽培してみることにしました。

P1060550.JPG

晩生のミブナ

P1060546.JPG

春キャベツ

P1060551.JPG

かつお菜

さて、上手く育ってくれるでしょうか。
今の所順調に見えますが、全体的に暖冬の影響で大きく育ち過ぎなような感じもします・・・^_^;
結果はどうなることやら。まあ、何事も実験です!
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年12月18日

人海戦術

農業は基本的に人の数がものを言います。
もちろんトラクターの作業など昔と比べて一人で出来るものが多く、また、常に人手が必要という訳でもないのですが、それでもやっぱり人手が頼りという時があります。

その中でも植え付け作業は人手あると助かる典型のようなものです。
特に玉ネギの定植は、苗を一本ずつ何千本も植えて行くので、一人でやっていると気が遠くなります。また、植え付けの適期を逃してしまいます。

そんな訳で、出荷が忙しい時期は基本一人で畑仕事をやっている山本有機農園でも必死に玉ネギ定植部隊を募集しました。
今年は幸いなことに、何人も定植作業を手伝ってくれることとなり、毎日二人以上での定植作業となりました。

まずは苗取りから。今年は早生が中心です。苗の出来は上々です(*^_^*)

P1060515.JPG

P1060511.JPG

運ばれた苗は畑に一本ずつ植えて行きます。

P1060508.JPG

P1060518.JPG

最後の二日間は山に薄っすらと雪が積もる位寒い日となったのですが、それ以外は12月らしくないあったかい日でした。特に午前中などは温かさに幸せを感じるほどでした(*^_^*)

のべ2週間かかりましたが、例年になく順調に植え終わりました!
手伝って下さった皆様ありがとうございました。

ジャッキーさん、大きく育った玉ネギを春になったら送るから待っててね!
posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2015年12月15日

何でもやってみるものだ

野菜の栽培はどれも同じというのではなく、難しいものから中くらいのも、簡単なものまでいろいろあります。
栽培する人の技術や相性、栽培する土地の気候や土壌条件などにより、どれが難しいとは一概には言えませんが、今までの経験からこれは難しい野菜、これなら失敗しない野菜など得意不得意がだんだん分かって来ました。

その中で白菜は、どちらかと言えばあまり栽培したくない野菜でした。
就農したての頃に一度栽培したことがあったのですが、全くの初挑戦ということもあってやり方が悪かったためにほとんど結球せずに終わったという苦い経験があったためです。

そんな白菜ですが、昨年から栽培を始め、今年は昨年よりも多く栽培しています。
栽培し始めたのは大原で旅館を経営している地主さんのリクエストがあったためです。
昨年は100株程栽培し、結球しなかったものや虫の被害がひどかったものもあり、収穫出来たのは半分位でした。
不満足な結果でしたが、上手く行ったものもあり、ダメな中でも少しは手ごたえを感じました。

そして今年。ミニ白菜を含めて、およそ3倍の白菜に挑戦!

結果は・・・

植え付け時期が良かったことと暖冬のおかげで、今までにない順調な生育を見せてくれました!
もちろん虫さんの被害に遭っているものも多数ありますが・・・^_^;

P1060570.JPG

P1060566.JPG

食べてみてもやわらかくて結構美味です(*^_^*)
初めてまともに白菜を栽培することが出来て、また一つ自信につながりました。

自分が作りたいものだけを作っていたなら、白菜を作ることはなかったと思います。
最初は嫌だと思っても、実はそれが自分の世界を広げてくれることが案外多いものですね(*^_^*)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2015年12月12日

順調だけどずいぶん早いね

里の駅大原のすぐ後ろにある花菜の中生と晩生の畑です。

P1060542.JPG

昨年は定植時期が遅くなって大失敗した教訓を踏まえて、今年こそはと臨んだ花菜(中生・晩生)。
茎も太く順調に育っています(*^_^*)
例年、中生は2月頃から、晩生は3月から咲きはじめます。
この分だと春には立派なつぼみが出来るかな、と思って見てみると・・・。

もうつぼみが出来ているではありませんか!
中生はもちろんのこと、晩生もちらほらと花が咲いているものまであります(>_<)

P1060543.JPG

ホウレンソウは伸びすぎるし、花菜の晩生ももう咲くものが出て来たし、やっぱり今年の冬の暖かさは異常です。
あまりに前倒しになると春の収穫が無くなってしまうのではないかと心配です。
霜で野菜がやられないのは良いことだけど、野菜はもう春が来たものと勘違いしているのかな〜。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2015年12月08日

スナップエンドウ定植

もう12月、畑仕事再開です!
というのは、11月の途中から有機JASの年次調査の書類作成と整理に午前中の収穫以外はどっぷりと浸かっていたからです。結構時間が取られたなー、と思いつつもまずは開放感いっぱいです。

中断していた仕事の再開第一弾はスナップエンドウの定植です。
11月の初めに播いた種は、今年の秋の温かさの為にどんどん草丈が伸びて来ました。こんなに徒長してしまったのは、初めてです。いざ寒くなったときに寒さにやられてしまうのではないか、やっぱり心配です。

何はともあれ、急ぎで肥料を撒いて、畝立て、マルチ張りを素早く終えて、いよいよ定植です。

P1060492.JPG

徒長気味の苗を折ってしまわないように慎重に植え付けていきます。風が強いと植え付けたばかりの苗がユラユラ揺れて心配になります。

P1060490.JPG

植え付けた後は、気休めながら寒さ対策としてソバガラを株の周りに撒きました。

P1060496.JPG

例年なら春になってから支柱を立ててネットを張っていたのですが、この苗の状態からして年内中にネットを張りたい所です。
この後玉ネギ定植や追肥作業やらJAS有機の年次調査やらあって、年内中はやっぱり休めそうもありません^_^;

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業