2015年12月19日

めざせ通年出荷

12月は冬野菜の収穫最盛期です。
畑では小かぶ、赤かぶ、ホウレンソウ、水菜、大根、九条ネギなどが収穫をまだかまだかと待っています。
しかし、1月、2月、3月と次第に野菜の種類・量とも減って行き、4月になると端境期が訪れます。
端境期とは野菜の収穫がなくなってしまう時期です。
収獲が無い=収入が無いとなる農家にとってはつらい時期でもあります。もう少し谷を平らにしたいものです・・・。

さて、今年は幸い栽培面積が増え、時間的にも余裕ができたので、何種類か実験的に葉境対策の野菜を栽培してみることにしました。

P1060550.JPG

晩生のミブナ

P1060546.JPG

春キャベツ

P1060551.JPG

かつお菜

さて、上手く育ってくれるでしょうか。
今の所順調に見えますが、全体的に暖冬の影響で大きく育ち過ぎなような感じもします・・・^_^;
結果はどうなることやら。まあ、何事も実験です!
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業