2016年03月30日

土壌分析をしてみて

以前から気になっていた畑の土壌分析をしてみました。
というのは、いつも利用している肥料屋さんから鶏糞を長年継続して使い続けいているとリン酸の化合物が土のミネラルを吸着して、投入された肥料分を作物が吸収できなくなりますよと指摘されていたためでした。

鶏糞は有機質肥料の中でも安価で、肥料効率も良いためずっと使い続けていたのですが、他の肥料は結構値段が張るので、肥料の変更は躊躇していました。

しかし、先日土壌の専門家の大学の先生の講義を聴く機会があり、やはり有機農業にも科学的な視点が必要だと実感し、とりあえず比較的安価な土壌分析を依頼して、その結果が到着しました。

P1060842.JPG

結果はと言うと、窒素分は適当だったものの、リン酸と石灰分が過剰で、それに伴いカリやマグネシウムが欠乏しているという結果がはっきりと数値で示されていました。
長年鶏糞を使い続けて来たのですが、数値で実際に出されてみると説得力があります。

今の所、明らかに生育不良という実感はないのですが、このままでいくとさすがに良くないと思いという状態です。
鶏糞を今年は使わないようにするか。そうしたら窒素分はどう補うのか。マメ科の緑肥を導入して腐植と窒素分を補うか・・・。などなど、頭の中でああでもないこうでもない考えがグルグルと回り続けました。


講義を受けた大学の先生に相談してみると、しばらくはリン酸の少ない肥料、たとえば油粕を使うことやマメ科の緑肥の使用を勧められました。
なじみの肥料屋さんからは、改めて土壌分析の結果を診てもらい、このまま鶏糞を使い続けていくと数年後にはまともな野菜が採れなくなると言われ、鶏糞の使用を中止し、油粕と土壌に吸着されて効きにくくなっているカリとマグネシウムのを投入するという施肥設計を出して頂きました。

う〜ん、これは根本的に今までの施肥設計を変更しなけれならない事態のようです。
鶏糞と比べると費用的にはかなり高くなってしまう・・・。しかし、短期的には費用がかかるが、今後継続して農業をやっていくとなると根本的に考えを改めなければならないのか。

結論としては、今年は当該圃場では鶏糞の使用を中止し、窒素源として油粕を中心に、不足するカリとマグネシウムを補っていくことにしました。もちろん、緑肥を積極的に生かして、腐植を多くすることも。今後はいかに腐植を増やし、畑の微生物環境を整え、作物が育ちやすいバランスのとれた土にしていくかが重要であります。

まあ、有機農法なら当たり前のことか・・・。一つのものばかり与え続けていくと、やっぱりバランスが崩れてしまいます。
今まで有機栽培をやってはいたものの、あまりに考え方が表層的でした。原因と結果について、もっと科学的に物事を捉えていくという視点に欠けていました。

夏野菜作付準備は待ったなし。考え方を改めて、再出発です。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 12:46| Comment(0) | 農業

2016年03月27日

緑と白

久しぶりの朝市ネタ。
と言っても、野菜のネタは次第に少なくなって来ました。
今日の野菜は、ブロッコリーに晩生壬生菜、わさび菜、九条ネギ、春キャベツ、かつお菜と種類はまだあるものの何となく地味な彩り。緑色と白色だけだからでしょうか。

P1060832.JPG

やっぱり、赤やオレンジ、黄色など色があった方がお店も華やかになりますね〜^_^;

とは言うものの、まだまだ今日は贅沢な方で、来週からはさらに野菜の種類、量ともに少なくなり、端境期に突入します。いつまで出店できるかな〜((+_+))






posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年03月23日

ニンジンが終わり・・・

収獲が終了したニンジン畑をトラクターで耕しました。少々残っていたニンジンの残渣もすき込まれ、まるで何もなかったかの様です。
1反4畝の畑は、冬の間サトイモとニンジンで占められていましたが、両方とも耕して更地になると改めて広いなーと感じます。ちょっとした運動会くらい開けそうです(*^_^*)

P1060826.JPG

などど感慨にふけっている間はあまりありません。
もうすぐ夏野菜の準備が始まります。
この畑はナス、ミニトマト、万願寺トウガラシ、オクラ、カボチャなどの夏の果菜類を栽培します。その他にも、九条ネギの育苗、落花生、ツルムラサキ、バジルなどもやる予定なので、まさに夏の主力の畑になります。

今年は作業を前倒しでやるぞ!と意気込んでいるので、まもなく元肥を散布して、耕して、畝立てしてと、作業が目白押しです。4月は端境期に突入するので、これから準備作業に没頭です!

今年の夏は、どうなるかな〜(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2016年03月22日

復活なるか!?

冬の寒波の影響でかなりのダメージを受けていたスナップエンドウの今日の姿です。

P1060814.JPG

3月になると少しずつ気温が上がって来たので、主軸は枯れて死んでしまいましたが、脇芽が伸びてきて、以前に比べて少しずつ回復して来た様です(*^_^*)

P1060817.JPG

ただし、順調に育ってきたものに比べてまだまだ見劣りします。
このままこじんまりと育つのか、それともこれからの更なる気温の上昇に伴って、まだまだ大きくなるのか。
何とか好転してほしいものです。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 13:24| Comment(0) | 農業

2016年03月21日

育苗もたっぷりと

さらに、種まきは続きます。
今日は、苗床での播種作業です。播いたのは、トレビス、ミニキャベツ、コールラビ、赤ネギ、浅黄系九条ネギ、九条太ネギ、などなど。

育苗場所もきれいに整備し、準備は万端。朝の出荷が終わってから、ひたすら苗箱に種を播きました。

P1060809.JPG

トレビスやミニキャベツは、セルトレイに播きます。ひと穴にひと粒づつ落として行くのは、骨が折れます。

P1060808.JPG

ネギは、稲用の育苗箱に筋蒔きします。直播育苗に比べて水やりの手間がかかりますが、雑草対策もありこの方法でやります。

P1060798.JPG

九条ネギはまだ播きたかったのですが、収穫作業もあって一旦終了。
これからは、毎朝水やりです。
早く芽が出て欲しいな〜(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年03月18日

赤シソ播種

春の種まきラッシュは、まだまだ続きます。
今日は、赤シソの種まきです。

赤シソは、直播するのではなく、一旦苗床で育てて大きくなってから植え付けます。
早い所では、3月の上旬に種まきには種まきをしますが、うちはもうちょっとゆっくりで、日中気温が次第に高くなって来てからのスタートです。

P1060784.JPG

これが赤シソの種です。昨年の秋に種取りしたもので、とっても小さくて風で吹き飛ばされてしまう位です。

P1060787.JPG

パラパラと播いた上に、保温と保湿のために不織布をべたがけしました。ちなみに、赤シソは発芽する時に光が必要なので、土はかぶせません。

P1060789.JPG

その上にさらに不織布のトンネルをしました。
赤シソは芽が出るまでが大きな山場です。まだまだ寒の戻りなどがあったりして、すぐには芽が出ないので、しばらくこのままの状態で置いておきます。

今年は密かに赤シソの早出しを狙ったりして、結構やる気モードです(*^_^*)
まずは、無事に芽が出てね!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年03月17日

今年はきちんとべたけがけします

ジャガイモの定植に続き、いよいよ春が来たと感じさせるのが春の葉物の種まきです。

春の葉物は、採り遅れると一斉にトウが立ってしまって収穫終了となるので、あまりたくさんはやりませんが、二十日大根、ルッコラ、赤リアス、わさび菜、水菜、小かぶと播きました。あとは、葉物ではありませんが西洋ニンジンも。

P1060779.JPG

春の葉物のもう一つの問題点が、手間がかかること。
保温と防虫のためには、不織布で畝を覆う「べたがけ」という作業をしなければいけません。昨年は、この手間を省いて失敗しました・・・。

なので、今年はきちんとやると決め、嫁さんと二人でべたがけ張りを行いました。
途中、長男が熱が出て保育園からの呼び出しなどがありましたが、何とか完成しました(*^_^*)
余談ですが、不織布にもセンターラインが入っていれば真ん中が分かり易くてよいのに。メーカーさん何とかなりませんか。

P1060793.JPG

今後除草、追肥などをして、上手く行けば4月末から収穫出来ます。
端境期明けの朝市出荷となりますかどうか(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年03月15日

ラストスパート

九条ネギの収穫も終盤に近付いて来ました。
あとは短い一畝の半分と一回目で生育が若干悪かったために取り残した分です。
何とか早く収獲せねば!

P1060776.JPG

と言うのは、ネギは春を迎えるとネギ坊主を出し始めるからです。ネギ坊主が出てしまうとネギが固くなって商品にならなくなってしまいます。なので今はラストスパート!

とは言うものの、直売所はネギ、ネギ、ネギのネギだらけ。
みんな考えることは一緒の様です^_^;

何とか売り切りたいな〜。



posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年03月14日

はじめて!?戦力になった

毎年恒例の家族総出のジャガイモ定植をしました。
昨年は定植後の長雨で種イモの多くが腐ってしまうという事態になったので、今年こそはという意気込みです。
インカのめざめを中心に朝市用にシャドークィーン(紫色)、ノーザンルビー(赤色)、キタアカリなど、4種類合計約1000株を定植しました。

事前準備で、マルチに穴を開けていたので、今日は穴に種イモを入れるのと上からソバガラを被せる2つの作業をしました。

完成形は、こんな感じです。

P1060774.JPG

さて、今年のジャガイモ定植で例年と違うことはズバリ、子供が初めて戦力になったということです。
今までは畑の片隅でスコップで土いじりという所だったのですが、今年はソバ殻の感触が面白かったという事もあるのか植穴にそば殻を入れる作業を結構ちゃんと手伝ったのでありました。

以下証拠写真。

IMG_7371.JPG

長男は、ちゃんとスコップを使って入れています。

IMG_7370.JPG

次男は、バケツごとどっさりと。まあ、こぼれた分も無駄にならないから良いか・・・^_^;

IMG_7386.JPG

とは言うものの、集中力は午前中いっぱいまでで、午後からは子供ワールド全開でした(*^_^*)

定植後に収穫もしないといけなかったので、意外と大変でしたが、何とかやり終えました。
ちゃんと芽が出てね〜(*^_^*)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年03月12日

意外と3月も行けるもんだ

3月も中盤に差し掛かりました。
例年なら端境期の足音が聞こえ始める時期ですが、幸いにも今年は実験的に栽培していた野菜たちが意外と元気で、収穫と出荷を始めようとしています。

P1060760.JPG

晩生の壬生菜は、ここへ来て独特の黒々とした濃い色の葉が一気に伸び始めて来ました。

P1060761.JPG

かつお菜もぼちぼちと。あまり葉が大きくなりませんが・・・。

P1060757.JPG

そして、期待していなかった春キャベツも思った以上にちゃんと結球したものが出来ました。まだ数量が少ないので、朝市が中心になります。

P1060759.JPG

とは言うものの、寒波で外側の葉が凍てて腐ってしまったものや小ぶりのものもあるので、来年は防寒対策などまだまだ一工夫が必要。

いずれにしても、アイデア次第では3月もまだまだ伸ばせるのではないかと思うのでありました(*^_^*)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年03月08日

嬉しい悲鳴

ここ数日、日中の最高気温が20度まで上がる日が続いています。
気温が上がると野菜も花を咲かせようとぐんぐんと生育のスピードを早めます。
3月の主力野菜でもある花菜のつぼみも一気に大きくなって来ました。
黄色い花が咲く前に収穫しなければなりませんが、彼らも待ってくれません。
これからは、収穫が先か、花が咲くのかの競争です。

P1060738.JPG

P1060737.JPG

今日の収穫は、コンテナ4杯分。
出荷作業も大変ですが、忙しい時期は一瞬だけ。
あともう少し、花が咲く前に全部採り切るぞ〜!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年03月07日

春ネギに挑戦

九条ネギの本格的なシーズンは冬ですが、今年は5月から6月頃に収穫出来る春ネギにも挑戦してみようと思います。
理由は、やっぱり本格的な収穫が始まる夏までにもう少し収入を確保したいと思ったからです。
そのために、昨年の秋から密かに春ネギの計画をして、種を播いて、苗を育てておいたのです。

そして、3月になって苗の植え付けを迎えました。
ネギの植え付けなど細かくて、数が多い作業は結構時間がかかります。
なので、冬の間はずっと出荷作業をしている嫁さんに久しぶりに畑仕事を手伝ってもらいました(*^_^*)

P1060727.JPG

穴あけ器で穴を開けて、少し小さめの苗を3本ずつ植え付けて行きます。

植え付けた後は、保温のために不織布のトンネルをしました。
トンネル支柱も新調し、作業効率もアップ!

P1060755.JPG

二人がかりだったので、作業は思った以上に早くスムーズに終わりました(*^_^*)
まだまだ実験段階ですが、果たしてどんな結果になるでしょうか。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年03月03日

新兵器登場!

昨年の秋から成型機を投入して、畝立てとマルチ張りが同時に行えるようになり、作業効率が驚くほどアップしました。
しかし、マルチを張って出来上がった畝を見ると、成型機のローラーで鎮圧された所とされていない所に段差が出来て、雨が降ると低い所に水が溜まるなど、少々不満がありました。

そこで、色々考えた末に投入したのが、芝生用の鎮圧ローラーです。
芝生は、上から重いローラーなどで鎮圧して根付きを良くするのですが、その器具を畑に利用しようと思ったのです。
お値段はそれなりにしましたが、有用性を必死に嫁さんに訴えて、買っていただけましたm(__)m

さて、実戦投入!春ネギを植える予定の畝を転がしてみました。

P1060725.JPG

重さは約20キロ、ゴロゴロと転がしてみると、畝がぴったりと平らになりました。
思った以上に良い感触です。
これは、結構使えるかも(*^_^*)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2016年03月01日

まさかの積雪

今日から3月。いよいよ春です(*^_^*)

って、思っていたら、この通り。
昨晩から降り始めた雪で、一夜明けた畑は雪景色です。

P1060720.JPG

春ニンジンの畑の畝立てをしようと思っていたのですが、乾きにくい畑なので、しばらく手を付けられません・・・。
昨日雨が降り出す前に、もうちょっと早起きしていれば何とかなったかも、などと後悔しています。
後悔先に立たず。まだまだ、そこら辺の判断力が足りないようです・・・(+_+)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 17:14| Comment(0) | 農業