2016年04月26日

こちらはイマイチ・・・

P1070056.JPG

P1070059.JPG

全般的に順調な2016年春の野菜の生育ですが、こちらは生育がイマイチな方・・・。玉ネギです。
今年の玉ネギ畑は他の人の玉ネギが茎が太く葉の色も濃いのに比べると、自分のものは茎が細く葉の色も薄い感じです。

去年は巨大な玉が出来て夏場に腐りが出てしまったので、今年は苗を去年よりも密植し、肥料も少な目にしたのですが、それが裏目に出てしまったのでしょうか((+_+))

「これからグンと玉が肥大してくれたらな」などと淡い期待をかけたりしますが、現実にはなかなか難しいでしょう。定植を手伝ってくれた人には、申し訳ないな〜。

同じ種類の野菜でも、去年は良かったのに今年はダメ。逆に、去年は大失敗したのが今年は成功。など、まだまだ安定しない面が多々あります。
早くこのレベルは卒業しないといけないのに・・・。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年04月25日

大きくなって来ました

P1070081.JPG

P1070082.JPG

ジャンボニンニクがいよいよ大きくなって来ました!
今年は、手堅く草取りと2回の追肥をやったからか、例年よりも良い生育です。

P1070103.JPG

P1070105.JPG

心配していたスナップエンドウもここへ来てぐっと大きく葉を茂らせて来ました。
花もたくさん咲いているし、5月半ばごろから収穫が始まりそうです(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年04月23日

春の育苗種まき祭り第2弾

3月の中ごろに播いた種は、育苗床でぐんぐんと育ってきました。

P1070060.JPG

まずは、トレビス。苗床でぎゅうぎゅうに詰まって来ました。来週には定植せねば・・・。

P1070063.JPG

こちらはミニキャベツ。順調に育っています。こちらも来週に定植予定です。

P1070065.JPG

ネギ苗も良い感じで育っています。こちらは、5月中旬からの定植なので、まだまだ余裕(*^_^*)

などなど、育苗播種第1弾の苗はぐんぐん育ってきましたが、まだまだ育苗用の種まきは続きます。
今日は、育苗種まき祭りの第2弾でした。
種類も量も中々のもの。バジル、インゲン、トウモロコシ、ズッキーニ、枝豆、西洋カボチャ、祇園豆など2日間に渡って種まきしました。

P1070070.JPG

枝豆。植え付け適期が短い。早く定植予定地の畝立てをせねば・・・。

P1070084.JPG

祇園豆。まだまだ手持ちの種が少ないので、今年は種取りを主体に栽培します。

P1070074.JPG

バジル。ミニトマト、ナス、トウガラシのコンパニオンプランツとして栽培します。

P1070093.JPG

これだけ苗が増えると朝の水やりも結構時間がかかります。
でも、毎日苗の生長を実感できるので、好きな時間でもあります。
無事に良い芽が出てね(*^_^*)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年04月22日

畑の様子

4月も後半になり、野菜たちもそれぞれ大きくなって来ました。

P1070049.JPG

一回目の間引きを終えた赤シソの苗もどんどん生育し、もう混み合って来ました。
そろそろ2回目の間引きをせねば。

P1070050.JPG

P1070051.JPG

インカのめざめ(黄色)、シャドークイーン(紫)、ノーザンルビー(赤)のジャガイモトリオも9割5分以上は芽が出て来たので一安心です。

P1070045.JPG

P1070046.JPG

小っちゃいながらもニンジンの芽も育ってきました。これから株間の小っちゃい雑草を抜かないといけないのですが、それが中々手間です。どこまで手がまわるかな〜。

P1070039.JPG

今年は密かに畑の隅っこで3度目のアスパラをやってます。
3月末に定植した苗は、もう芽が出て来てビックリ。早く支柱を立ててやらねば。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2016年04月21日

怒涛の畝立て&マルチ張り

畑は、雨が降ると土がぬかるんでしまい、しばらく耕すことが出来ません。無理に耕すと水分を含んだ土が大きな塊になってしまい、乾いてもゴロゴロの土となって後々の作業や生育に支障がでてしまいます。
ですので、トラクターで耕したり、畝立てやマルチ張りをするのは何としても雨前にやってしまわなければなりません。

これから夏野菜の定植の為に畑の準備をしないといけないのですが、ここのところ3〜4日周期で雨が降るので、毎日天気予報とにらめっこです。チャンスがあれば何としても、次の日が雨と分かっていれば少々強引でも耕したいところです。

風邪明けの金曜日、夏野菜の主戦場となる畑の畝立てとマルチ張り。

しばらく成型機を使っていなかったもののいつも通りのつもりで、出動&畝立て開始!
ところが一畝目の途中で何かおかしい感触・・・。振り返るとマルチが途中でやぶれ、成型機の部品の一部がぐにゃっと曲がっているではありませんか((+_+))

P1070017.JPG

その時は分からなかったのですが、その前から成型機の脱着が上手く行かなくて、色々触っている内に設定が変わっていたようです。
いろいろ触ってみたのですが、やっぱり上手く行かず、あせりは募る一方・・・。このままでは、夏野菜の定植が間に合わない((+_+))

結局農機具屋さんに連絡して、火曜日に部品を手配してもらいました。素早い対応ありがとうございました!

さあ、仕切り直しです。木曜日は午前中から雨が降り出す予報。今日が勝負と意気込んでいざ畝立て開始!!

まずは、直売所の裏の畑から。サトイモの種イモの苗床とトレビス、ミニキャベツを定植する場所です。トレビスとミニキャベツの苗が大きくなりはじめたので、一番あせっている畑でした。
調整しながらの畝立てだったので、畝がぐにゃぐにゃになってしまいましたが、とにかく前に進めることが最優先!朝の9時から初めてお昼で終えました。

P1070030.JPG

さらに午後からは夏野菜の主戦場1.4反の畑に突入!!
その日のうちには全て出来ず、翌日にも少し持ち越しましたが、怒涛の畝立て&マルチ張り25本、トレビス畑を合わせて35本位合計2反を雨降り前に丸一日で畝立て&マルチ張り終えました!

P1070027.JPG

ヘロヘロですが、充実感いっぱいです。
綱渡りの一週間でしたが、何とか夏野菜定植の目途が立ちました(*^_^*)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 15:26| Comment(0) | 農業

2016年04月18日

ひと安心

種を播いてから芽が出るまでの間は何度やっていても芽が出るか心配になります。
なので、芽が出た時は何度やっててもやっぱり嬉しい瞬間です。

まずは、赤シソ。

P1070015.JPG

多少ムラはありますが、順調に芽が出てくれました。
芽が出ると次は除草と間引きも大変。今年も赤シソの育苗は、嫁さんに任せています。
頼りにしてるよ〜(*^_^*)

次にジャガイモ。

P1070016.JPG

去年は芽が出る前に種イモが腐ってしまうという散々な目にあったのですが、今年は長雨に遭うことも無く9割以上無事に芽が出て来ました。ひと安心です。
霜で多少枯れてしまいましたが、まあ大丈夫でしょう(*^_^*)

今年は人を呼んでジャガイモ掘りが出来たらいいな〜。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年04月15日

二十日大根収穫

日曜日からの風邪も良くなり、完全復活しました(*^_^*)
風邪と時を同じくして収穫する野菜もなくなっていましたが、端境期にほんの小さな風穴をあける二十日大根(ラディッシュ)の収穫が始まりました。

P1070020.JPG

二十日大根は、採り遅れて大きくなるとすぐにスが入ってしまうので、うかうかとしていられません。
ちょっと小さいかな〜と思う位でどんどん収穫していきます。
去年は、不織布をしていなかったので、二十日大根すら収穫出来なかったのですが、今年はきちんと不織布のべたがけをしたので、きれいな物が収穫出来ました。

とりあえず次の朝市にほんのわずかながら出荷しま〜す(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年04月14日

風邪で休業

日曜日の午後から月曜日、火曜日、水曜日、木曜日と風邪で休業中です。二日間くらいは38度台後半の熱がありましたが、ようやく普通の状態に戻りつつあります。

今週は、水曜、木曜に雨が降る予定だったので、それに備えて・・・
計画 日曜日 花菜など収穫時期が過ぎたものの全面耕起、春の葉物の追肥・中耕除草
   月曜日 小かぶの中耕除草、赤シソの中耕除草
   火曜日 夏作畑(1.4反)の畝立てとマルチ張り
   水曜日 雨が降るまでに前日の作業の続き
   木曜日 家族とお出かけ
実際 日曜日 花菜など収穫時期が過ぎたものの全面耕起、春の葉物の追肥・中耕除草
       →後半から次第にしんどくなって、家に帰ってすぐフトンへ
   月曜日 午前中病院へ行った後、一日フトン
   火曜日 朝熱が下がったので、畑作業も途中からしんどくなり昼で撤退して、フトン
   水曜日 家で休養。午後からようやく風邪もましになってきたものの、雨が降り出す
   木曜日 家で休養。お出かけ中止。外は晴れ・・・(+_+)

という感じで、計画では雨が降る前に仕事を完璧にこなそうと息巻いていましたが、実際には風邪でしんどくなって休業と大幅に狂ってしましました。
今日、明日と雨で、土が乾かないままに日曜日も雨の予報なので、夏野菜畑の畝立ても遅れそう・・・((+_+))

悔しいながらも、風邪で体がしんどいのだからどうしょうも無いと割り切ってしまうしかなさそうです。
しかし、ちょうど端境期だったのは不幸中の幸いだったかも・・・^_^;
風邪の間子供の事は嫁さんに任せ切りでしたm(__)m

来週は、完全復活して遅れた分を取り戻すぞ〜!!
皆さんも健康には気を付けて下さいね。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 10:58| Comment(0) | 農業

2016年04月10日

春の葉物も育ってきました

3月の中ごろに播いてから一月。
不織布のベッドの下に隠れていた春の葉物たちも次第に大きくなって来ました。
ずっとこののままでいると雑草も大きくなってしまうので、今日は除草と追肥をしました

P1060998.JPG

P1070003.JPG

不織布を取り除くと、春の葉物と一緒に雑草も。
クワで中耕して取り除きます。

P1060996.JPG

生育が早いラディッシュは、早いものではもうすぐに収穫できるサイズに(*^_^*)
ミズナやわさび菜、赤リアスも連休前には収穫出来そうです。
と言うことは、しばらくは端境期で何も採れるものがないということか・・・。

それにしても、不織布を剥がしたり、もう一度張り直したりは、やっぱり手間がかかります。
来年はもうちょっと良い方法ないかな〜。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 19:00| Comment(0) | 農業

2016年04月07日

ありがとう耕運機

実質就農1年目の2009年の春から、トラクターが来た2013年10月の4年半にわたって畑を耕してくれた耕運機を手放すことになりました。

手放すと言っても廃棄するのではなく、新しい持ち主の所へ働きに行くのです。
新しく使ってくれるのは弟弟子のK君で、この春から新規就農する若者です。
ちょうど耕運機を探していたのと、こっちもトラクターが来てから使う機会がなく持て余していたのとタイミングが合い、譲り渡すことになりました。

ky20101013.jpg

耕運機にしては大きな9馬力。でも、今からみると耕せる幅は狭いな〜。

20090423 畦立て 001.jpg

初めての畝立て。写真を見た限りでは、良い感じ。その年のナスは、良く出来ました(*^_^*)

20090602 田植え、オクラ、朝市 001.jpg

時には代かきも。田んぼの中を移動するのは、さらに大変でした。


農業の事も何も分からない1年目は、まっすぐ耕運機を走らせるもの苦労したものです。特に耕運機での畝立ては、とっても骨が折れました。途中から畝立てだけは、小型管理機でやっていたような・・・^_^;

さすがにトラクターが来てからは使う機会が無くなってしまったものの、畑の面積が5反になるまで、お互いよくがんばったな〜と思います(*^_^*)

新しい持ち主の所でも存分に働いてね!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 16:41| Comment(0) | 農業

2016年04月05日

三度目の挑戦

アスパラガスの栽培、三度目の挑戦です!

一度目は、定植翌年から割合収穫があり、面白いと思ったのですが、畑を返すことになり断念。
二度目は、草に負け、病気で枯れてしまい、敢え無く失敗。

そして、今年は懲りずに三度目の挑戦です!!!

と言うと、結構アスパラガス栽培に執念を燃やしているようですが、実際の所それほどでもありません^_^;
もともと条件不利地で手間を掛けずに栽培出来るかということがテーマでした。
今回も、定植する場所は、畑の片隅ですし、同じくどれだけ手をかけずに栽培出来るかが栽培の最重点であります。
でも、嫁さんたっての希望ですし、端境期に収穫出来るので、そんなに力を入れずにやってみるつもりです。

P1060844.JPG

まずは、定植。これがアスパラガスの根っこです。芽からは想像できない姿です。
なるべく乾燥を防ぐために平畝にしました。

P1060927.JPG

植え付けた場所が分かりにくいので目印を立てます。

P1060936.JPG

木枠の中にソバ殻を敷き詰めて、マルチにします。乾燥防止と腐植を増やすのが狙いです。粗大有機物なら何でも良いと思います。

あんまり力を入れてないと言いつつも、それなりにやっちゃいました・・・^_^;
さて、どうなることやら。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年04月04日

やっと出てくれた

こっちは中々芽が出てくれない組です。

まずは、赤シソ。
毎年自家採取して育てている赤シソですが、生育期間で一番気を使うのが芽出しです。
種を播いた3月中旬は、まだまだ気温が低いのとシソは発芽に光が必要なため土を被せずに種を播く為、ついつい乾燥気味になり上手く芽が出ないことがあるからです。
そのため、種の中では一番贅沢に、保温と保湿のために不織布の3重被膜で育てています。

時々水をやっては芽が出ているか見るものの、まだ出ず・・・。

4月に入り播種から2週間が経過し、ようやく芽が出て来ました。
丸くてかわいい芽です。まだ、色が付いていないので赤シソだとは分かりにくいかも知れません。

P1060899.JPG

しかし、まだまだ難関はあります。草取りと間引きです。
直播したので、雑草がこれからわんさか出て来るだろうし、多めに播かないと発芽率が悪いのでこれから何回も間引きしなければならないし・・・。まだまだやる事満載ですな^_^;


次に、もっと芽が出にくいのがニンジンです。
3月17日に種を播いたニンジンですが、特に今年は種を播く時期が早かったのか、中々芽が出て来ませんでした。結局5回位は水やりをしました・・・((+_+))
一時期はもう芽が出てこないのではと思った程でした。

しかし、播種から2週間以上経って、ようやく小さなかわいい芽が出て来ました。双葉がバンザイしている様です。

P1060898.JPG

もちろんこれで安心してはいられません。春ニンジンの最大の難関は草取りです。
もうニンジンの周りには、雑草が生えています。でも、まだニンジンが小さすぎるので除草もできません。
ニンジンの葉が大きくなる頃には、雑草ももっと大きくなっているだろうし、他の農作業も忙しくなっているだろうし・・・。

でも、これからの時期にニンジンが出せたらよく売れるだろうし、簡単にあきらめる訳には行きません!
あとは、シソジュースにニンジンジュース。子供たちも大好きだからな〜^_^;
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年04月03日

期待していなかったけど

P1060875.JPG

P1060879.JPG

じゃーん、朝市に初めてブロッコリーを出しました!
今までブロッコリーは難しいと思って敬遠していたのですが、今年初めて実験的に育てていたものが、収穫出来ました。

3月になってもつぼみは一向に見えず、3月下旬になってようやく小さなつぼみが見え始めていたのですが、ここへ来て急成長!
少し小ぶりで寒波の影響でダメになったのもありながらも、思っていた以上にちゃんとしてものが出来ました(*^_^*)

真夏に苗を育てるのはさらに難易度が高くて無理でしょうが、春出しなら行けそうです。
野菜がなくなる3月と4月。露地栽培でもまだ伸びしろがありそうです。

一方、こちらも実験中の葉ごぼう。
冬の間全く動きがなかったのですが、ここへ来て葉っぱが大きくなり始めました。
果たしてものになるのかな〜^_^;

P1060910.JPG


posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年04月02日

芽が出揃いました

3月21日から22日にかけて育苗スペースに播いた種は、元気に芽が出揃いました。

P1060864.JPG

こちらはミニキャベツの芽。アブラナ科は一番芽が出やすいので、安心です(*^_^*)

P1060862.JPG

こちらも芽が出やすいトレビスの芽。今年のレタス類は、トレビス一本で勝負です!

P1060866.JPG

九条ネギ、赤ネギ、リーキ、花ニラなど、ネギの仲間もちょっと遅れて芽を出し始めました。
今は爪楊枝よりも細いひょろっとした芽ですが、5月にはお箸位の太さになります。

毎日トンネルを開けて水やりをするのはちょっと手間ですが、少しずつ生長する姿を見るのは楽しみで、全然苦にになりません(*^_^*)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年04月01日

畝間草生栽培の実験

秋冬野菜の作付時に畝間に播いた緑肥の大麦は、こんな感じで育ちました。
畝間をびっしりと覆ってます。

P1060856.JPG

P1060849.JPG

秋から使い始めたマルチ一体型成型機の問題は、畝間の雑草をどうするかということでしたが、これが一つの解答になるのではないかと思います。

つまり、大量の堆肥を作り、運搬、投入するというのではなく、畝間に緑肥を生やし、育った緑肥をすき込むことによって、作物を育てながら腐植を確保するということです。
生やすものは、マメ科のクローバー、イネ科のマルチ麦などを予定していますが、雑草でも構いません。まだ、検討課題です。
すき込まれた草は、やがて微生物のすみかやエサとなり、土壌の生物性、物理性、化学性のバランスを整えてくれると思います。

とは言っても、まだまだ実験段階。これから温かくなると秋冬に比べて草の勢いも増すので、色々問題点も出て来るでしょう。でも、想像してるとワクワクしてきます(*^_^*)

そう言えば、農業を始めた理由は、単純に面白そうだから。やりがいのある仕事で食って行きかったから。
有機農業をやっているのも、使命感からというよりも慣行農業よりもワクワクして面白そうだから。
さらに農業が面白くなって行きそうです。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:05| Comment(0) | 農業