2017年02月23日

落ちない、滑らない

まだまだ寒い日が続き、春の訪れはもう少し先かなという畑ですが、今の内にやってしまいたい農作業があります。
春の定番野菜スナップエンドウの支柱立てとネット張りです。
まだ草丈は低いのですが、今のところ農作業にも比較的余裕があり、また、草丈が高くなってしまうとネット張りの時に葉やツルがネットにひっかかってしまうためです。

まず、はしごに登ってトンカチで支柱をカンカンと打って地中に差し込みます。支柱を立てたら、横ヒモを張り、そこにネットを張りつけて、ネットの所々をひもで結んでネットがずれ落ちないようにして完成です。

RIMG0116.JPG

さて、ここで毎年頭を悩ませる問題がありました。
今はまだ良いのですが、作物が大きくなるに従い作物の重量も増していくので、次第にネットがずり落ちて行ってしまうのでした。
支柱に十字の切れ目がある蓋をしてそこにヒモをひっかける方法がありますが、今使っている支柱のサイズには合わないこともあり、今年はどうしようかと考えていました。

そして、色々考えて編み出した方法がこれです。

RIMG0112.JPG

マルチトンボを支柱の上部に空いている穴に差し込んで、それと横ヒモと結んで、横ヒモがずれ落ちないという仕組みです。
まだ実際にどうなるかは経験してみないと分からないのですが、結構期待できるかも(*^_^*)

RIMG0114.JPG


posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2017年02月13日

やりたかったこと

天気予報で言われていた様には雪が降らず、少々肩すかしを食った感のある日曜日の午後。
家の周りの雪はほとんど溶けかかっていたのですが、大原の畑はまだまだ雪景色。
なので、かねてから長男と約束をしていた事を決行!

それは何かと言うと、「雪のかき氷」です。

かき氷は、もちろん夏に食べるものですが、今年の1月に大雪が積もった際に雪だるまを作りながら長男と「雪にシロップをかけて、かき氷を食べよっか!」と約束していたからです。

やっぱりお店にはかき氷のシロップはなかったので、100%ブドウジュースに水あめを溶かしてのブドウシロップの出来上がり。
とろとろたっぷりブドウシロップをかけたかき氷はこの通り。

RIMG0094.JPG

RIMG0092.JPG

長男も次男もブルブル震えながらも楽しそうに口に入れてたので、かき氷プロジェクトは大成功!!
実は前から自分がやってみたかったことでもありました。子供たち、アホな夢を実現させてくれてありがとう(*^_^*)

さて、これからも子供と一緒にもっとアホなことをやってみたいと思っています。
なぜなら、子供時代の幸福はどれだけアホなことを出来たかにかかっているかと思うためです。大きくなるに従い社会的な常識の枠で自分の行動を律して行かねばならない場面が多くなって来ますが、それとは別の世界があるということを体験して、心のどこかに持っておいて欲しいからです。

あと、こんなアホなことに喜んで付き合ってくれる嫁さんにも感謝。嫁選びは正解だったかな。旦那選びは正解だったかかは、分かりませんが・・・^_^;

考えてみれば農業をやろうと言うもの、常識から考えればかなりアホなことです。ましてや、有機農業の世界に新規就農しようと言うのは、さらにアホです。
でも、もっとアホなことをやっていこうと思います。
だだし、大人の場合は経済的な面と両立したアホでなければなりません。どこまで行けるでしょうか。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 12:08| Comment(0) | 日記

2017年02月11日

朝市中止のお知らせ

いつも大原日曜朝市にお越し頂きありがとうございます。
明日2月12日(日)は大雪が予想されており、お客様の安全などを考慮して、開催を中止することとなりました。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 10:16| Comment(0) | 農業

ビニールトンネル元年

今朝の大原も一面銀色の世界です。
特に今年は何年振りかの雪が多い冬で、1月以降は雪の合間に農作業をするという具合で、このままのペースで行くと春の作業にも支障が出そうな見通しです。
山本有機農園でもスナップエンドウとアスパラのの支柱立て・ネット張り、冬作の片づけと土づくりなどやりたい作業がいっぱいあるのに思うように作業が進まず悶々とした状態が続いています。

しかし、幸いな事にに収穫は毎日続けられています。
それは、今年から本格的に導入したビニールトンネルのおかげです。
今年の様な大雪が降ると、畑の作物は雪に潰され、葉や茎が折れてしまい、もう収穫と出荷をあきらめてしまわなければなりません。
ここ数年は雪も少なく被害はそれほどではなかったのですが、大原の冬を乗り切るには、雪対策が積年の課題でした。

そして、今年ようやく雪対策として、本格的にビニールトンネルを導入することとなったのです。
もちろん以前にもビニールトンネルは使用していたのですが、ビニールトンネルを支える支柱が細く、大雪が降ると毎回ひしゃげてしまい、あまり効果がなかったという苦い経験もあり、中々積極的には導入できていませんでした。
しかし、今年は一念発起して、太さ11ミリのアーチ型のトンネル支柱を大量に購入し、実戦に投入ました。
経費的には、痛い所ですが・・・^_^;

さて、その効果はと言いますと・・・。

RIMG0084.JPG

RIMG0085.JPG

RIMG0089.JPG

この通り、雪降ろしは必要なものの、ある程度のまとまった雪でもビニールトンネルが潰れてしまうことなく耐えています。特に九条ネギはビニールトンネルをしていなかったらと思うと恐ろしくなってきます・・・。

これで、例年葉物野菜がなくなる1月以降も上手く行けばコンスタントに出荷出来る見通しが立ちそうです。
まだまだ仕組みを上手く生かせていないので、上手く使いこなすには研究が必要ですが、大原の冬野菜づくりにも光明が見えて来ました。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 09:56| Comment(0) | 農業

2017年02月02日

やっと雪解けと思ったら・・・

1月中旬からずっと雪に覆われていた大原の畑も日曜日からのまとまった雨でようやく雪解けとなりました。

RIMG0056.JPG

姿を現した玉ネギ。まだ貧弱で葉っぱも黄色くて、大雪前と全然様子が変わっていません。

RIMG0067.JPG

昨年は冷害で多くが枯れ死んだスナップエンドウも雪の下でしっかりと生きていました。こっちは良さそう。

RIMG0063.JPG

雪の為に中断していたトンネル設置作業も再開です。今更という感じはありますが、とにかくやれることはやろうと思います。

もやもやとした1月も終わり、月が替わって2月。

「さあ、半月間もまともに働けていなかったから、これから一気に遅れを取り戻すぞ!!」
と、意気込んで起きた今朝の畑はこの通り・・・。

また、雪の世界です(>_<)

RIMG0075.JPG

RIMG0074.JPG

結局雪が解けてからまともに働けたのは2日間だけで、今日も最小限の収穫だけで作業終了となりました・・・。
この前のようにずっと降り積もったままという事にはならないと思いますが、なかなか思うように農作業が進みません・・・。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 11:12| Comment(0) | 農業