2018年06月26日

赤紫蘇の出荷始まりました

大原の名産と言えば柴漬け。
柴漬けを赤く染める赤紫蘇は、大原で多く栽培され、この時期になると田んぼの緑色と赤紫蘇畑の赤紫色が美しい風景を描いています。

山本有機農園も今年は、赤紫蘇の栽培に力を入れています。やっぱり大原らしい野菜をお届けしたいので。

そして、まだ小さめではありますが、いよいよ赤紫蘇の収穫と出荷が始まりました。

IMG_1834.JPG

赤紫蘇を刈り取っていると何とも言えない爽やかな香りがします。
しばらくこの香りを堪能したいと思います(^_^)
これから、どんどん出荷していきますので、宜しければ大原へお越しください。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:55| Comment(0) | 日記

2018年06月08日

サトイモの植え付け

ご覧の通り、苗床のサトイモがワサワサして来たので、植え付けをしました。
IMG_1811.JPG

IMG_1812.JPG

今年は、なかなか良い感じに出来ています(^_^)
今までの畑で育苗していたのと比べても、全く遜色ありません。むしろ良い位です。
今後は、この方法を採用。

IMG_1818.JPG

IMG_1817.JPG

植え付けは、例年通りに深い穴を予め空けておき、その中へ苗を入れてく省力的なやり方をしました。

今年は、苗の出来が良いので期待出来そうです。
鬱陶しい梅雨もサトイモにとっては、嬉しい季節です。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:48| Comment(0) | 日記

2018年05月30日

忙しすぎた5月

連休が遥か前の様に感じるほど忙しかった五月も後少しで終わり、いよいよ六月の梅雨入りです。
サトイモやオクラ、九条ネギ苗の定植、さらには春の収穫が終わった畑の片付けと、まだまだやる事はありますが、今日の雨でしばし小休止。
今年五月が忙しかったのは、ニラとスナップエンドウの収穫と出荷作業が多かったためです。春の葉物野菜の出荷作業も中々のものでした。

IMG_1790.JPG

出荷が忙しい事は嬉しいことだから、贅沢は言ってられませんね(^_^)

とはいえ、六月になると収穫も少し落ち着いて来ると思います。
そうなると、やっぱり不安になるのでしょうが・・・(苦笑)
また、色々ある中で毎日を何とかやりくりして行くしかありません。
6月もよろしくお願いします。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:09| Comment(0) | 日記

2018年05月15日

夏野菜定植ラッシュ

毎日畑作業と収穫、出荷作業で、かなり忙しい日々が続いていますヽ( ̄д ̄;)ノ

先週の火曜日、夏野菜の主力である万願寺唐辛子とミニトマトの苗を植え付けました。
万願寺唐辛子は、大幅増量の450本。ミニトマトは、手堅くアイコが復活して150本。

IMG_1769.JPG

万願寺は、念のためトンネルを被せました。
逆に、暑くなり過ぎないか心配です・・・。

IMG_1774.JPG

ミニトマトは、トンネル無しで。
もう1段目に実が出来ているのもあります。
生育が早いので、支柱立てもせねば。

それにしても、最近は雨が多い。
まだまだ、ズッキーニ、赤紫蘇、オクラなど植えて行かなけれならないのに。
作業がなかなか進まなくて、少々焦っています( ´Д`)y


posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:52| Comment(0) | 日記

2018年04月30日

苗も忙しさもスピードアップ

明日から5月。
育苗場所の苗は、生育スピードを上げてグングンと育っています。

IMG_1734.JPG

育苗場所全景。気温がかなり上がって来たので、苗が徒長しない様に不織布の裾を上げています。

IMG_1735.JPG

九条ネギもちょっとネギらしく。

IMG_1731.JPG

赤紫蘇も大きくなって来ました。
このまま徒長せずに育って欲しいです。

IMG_1740.JPG

ズッキーニは、連休明けに定植予定。

IMG_1743.JPG

モロッコインゲンは、一気に伸びて来て、
急遽、明日に植え付ける事になりましたヽ( ̄д ̄;)ノ

忙しさもスピードアップしていますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


posted by 山本有機農園 山本克也 at 13:14| Comment(0) | 日記

2018年04月27日

小さめになりそう

明日から大型連休。
まあ、こっちには全然関係ありません。
むしろ、夏野菜の植え付け準備や畦草刈りや収穫出荷作業と普段より忙しさは増すばかりですヽ(´o`

さて、連休中から出したい玉ねぎ。
今は、こんな感じです。

IMG_1713.JPG

IMG_1717.JPG

そろそろ収穫の目安となる葉っぱの倒伏が始まりましたが、茎は細いままで全体的に小ぶりです。
同じ玉ねぎでも収穫時期の遅い赤玉ねぎは、茎が太いのですが・・・。
やはり、極早生品種を大原で育てるのは難しい様です-_-
ラストスパートで、もう少しでも太ってくれたらな〜。

気を取り直して、玉ねぎの隣で栽培しているスナップエンドウ。

IMG_1720.JPG

IMG_1718.JPG

草丈がぐんと伸び、白い花も沢山咲いています。全体的に勢いがあり、こちらは期待出来そうです(^_^)

玉ねぎ、スナップエンドウ共によろしくお願いします(^_^)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:58| Comment(0) | 日記

2018年04月25日

ジャガイモ元気に青々と

3月14日に定植したジャガイモ。
ご覧の通り元気に青々と葉っぱを出して育っています。

IMG_1709.JPG

IMG_1710.JPG

ほとんどの植え付け穴からも芽が出ているし、葉っぱにも勢いがあります。
遅霜にやられたり、獣害に遭ったりしなければ、ある程度の収穫が期待出来そうです(^_^)

何事もありません様にヽ(´o`
平穏無事こそ一番。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:28| Comment(0) | 日記

2018年04月24日

野菜が増えて来ました

22日の日曜朝市。
先週のニラとラディッシュに比べると、ニラ、日野菜、かぶら菜、赤リアス、ルッコラ、西洋赤大根とラインナップが増えて来ました。

IMG_1707.JPG

今年の春野菜はビニールトンネルでの栽培に挑戦してみたのですが、ある程度は上手く行っています。
ニラは採りきれないほどですヽ(´o`;

これからもどんどん出て来ますので、里の駅、日曜朝市ともに是非お越しください(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 12:26| Comment(2) | 日記

2018年04月18日

黒vs緑

3月の中旬に蒔いたトレビスの苗が植え付け時期を迎えました。


IMG_1680.JPG

例年、トレビスに限らず夏野菜で苗を移植するものは、基本的に黒色のマルチを使用してきました。
しかし、今年は今まで使った事の無かった緑マルチを使用してみました。

IMG_1660.JPG

右が黒マルチで、左が緑マルチです。
使用の目的は、地温を上げて野菜の生育を早める事です。
地温が一番上がるのは透明マルチですが、透明マルチでは光が通るので草がどんどん生えてきます。
地温を上げつつ雑草も減らすと言う、透明マルチと黒マルチの中間的マルチが緑マルチです。
ちなみに、「緑」が付くので環境に良いと思われるかも知れませんが、やはりポリマルチなので、自然と共生するとは言えませんね・・・。

さて、植え付け後の姿は、この通り。

IMG_1689.JPG

さてさて、どっちが元気に育つでしょうか。


posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:29| Comment(0) | 日記

2018年04月17日

春野菜の収穫と出荷始まる

二週間程の端境期を経て、春野菜の収穫と出荷が始まりました。
とは言え、まだまだ助走期間。出荷しているのは、二十日大根とニラの2種類だけです(^_^)a

IMG_1685.JPG

IMG_1681.JPG

それでも、出荷再開出来て少々ほっとしています(^_^)

これから、ニラは毎日毎日たっぷりと。
春野菜も二十日大根に続き、ルッコラ、赤リアス、水菜、かぶら菜と収穫が始まる予定です。
お楽しみに(^_^)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:18| Comment(0) | 日記

2018年04月13日

里芋の芽出し

山本有機農園の冬の定番、里芋。
収穫は、10月中旬から始まりますが、栽培は今の時期から始まります。約半年の長丁場です(^_^)

先ず最初の作業は、芽出し。
種芋をいきなり畑に植え付けるのではなく、予め芽を出してから植え付けます。
芽出しする事により欠株を無くし、生育を早めます。

IMG_1667.JPG

IMG_1673.JPG

IMG_1674.JPG

IMG_1676.JPG

種芋を並べて、土とそばがらを掛けます。さらに不織布のトンネルで保温し、5月下旬頃に定植します。

今年の冬は、どんな姿になっているでしょうか(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:03| Comment(0) | 日記

2018年04月12日

やっと芽が出た春ニンジン

3月下旬に種まきをして、毎日毎日水やりをしていた春ニンジンの芽がやっと出て来ました。
IMG_1671.JPG

本当に弱々しくて、ぱっと見ただけでは分からない程です。
でも、第一関門は無事にクリアしました。

さて、次はもっと大変な第二関門。草との戦いです。
すでに小さな雑草は生えてるので、出来るだけ早く土を削りたい所です。

これから夏野菜の植え付け準備も忙しくなるけど、何とかやるしかありません!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 13:18| Comment(0) | 日記

2018年04月06日

敗者復活なるか!?

今週の半ばからネギ畑の片付けに取り掛かっています。
昨年のネギは、台風で酷い被害を受けた事もあり、今までにない不満足な出来でした。台風の後に伸びて来たネギも細いままで、収穫せずに放置していたものも結構ありました。
そして、ネギ畑の片付けで集まったのがこのネギ達。コンテナにして7杯分です(T_T)

IMG_1645.JPG

でも、せっかくの九条ネギをこのままにしておくのは、勿体無い。蒔いたばかりの小さな九条ネギと合わせて、ネギ苗として使おうと思います。

IMG_1646.JPG

まだ、ネギ苗を植え付ける畝が出来ておらず、コンテナに押し込んだままでは蒸れて腐ってしまうので、急いでパイプハウス中に束ねて吊るしました。
さあ、果たして敗者復活となるか。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 16:43| Comment(0) | 日記

2018年04月05日

ぼかし肥実戦投入

3月14日に定植したインカのめざめ。
早いものはもう芽が出て来ました。
出たのは嬉しいのですが、遅霜が心配です・・・。

IMG_1641.JPG

さて、同じ畑の隣には3月18日に春野菜を蒔きました。
今年は、3月下旬からずっと天気が良い日が続いたためか、水不足で少々生育が遅れ気味です(去年も同じような事言ってたような・・・)。
それでも本葉が出て来たので、追肥と中耕除草、間引きの三点セットの作業に入ります。

特に、今回は冬場に仕込んでいたぼかし肥の初の実戦投入です。
仕込んでいたビニール袋を開けてみると、最初よりも色が少し濃くなって、醤油のような香り。腐敗していたら、臭い匂いだろうから、成功と言えるでしょう(^_^)

IMG_1617.JPG

それをパラパラと条間にまいて、中耕し、混みあった所を間引きました。

IMG_1615.JPG

また、今年の春野菜は不織布のべたがけではなく、ビニールトンネルで育てています。
虫の被害は、全く無い畝や結構やられている畝もあり、まだ結論は出ていません。
こちらも、しばらくは様子見です。

IMG_1643.JPG

posted by 山本有機農園 山本克也 at 09:24| Comment(0) | 日記

早く大きくなれ

とう立ち前に少しだけ収穫した赤からし菜も終わり、完全に端境期となりました。
しばらくの間は、収入源が無くなるので辛いところです。

3月中旬に蒔いた春野菜の生長もまだまだ。
なので、冬を乗り越えて、これからグングンと大きくなるものに頑張ってもらうしかありません。

先ずは、玉ねぎ。
先日トンネルを外しました。

IMG_1631.JPG

葉っぱの色も濃く、最初の悲観的な予想に比べると、まずまずの生育です。
これから茎がぐっと太ってくれるのか、はたまた茎が太らずに小さなままで終わるのか、暫く見守って行くしかありません。

次に、スナップエンドウ。

IMG_1630.JPG

IMG_1629.JPG

グングンと大きくなり始めました。ある程度は期待出来そうです。

そして、ニラ。

IMG_1624.JPG

IMG_1625.JPG

日ごとに大きくなり、収穫も近づいて来ました。状態も良く、楽しみです。
最初の収穫は、ニラからかな?
条間の土がが見えなくなったら、収穫開始です!


posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:51| Comment(0) | 日記

2018年03月30日

最近の朝の日課

いよいよ種まきや植え付け、またその準備、さらにはその後の管理など、忙しくなってきました。

そんな中での、最近の朝の日課、その一。
肥料作り。

植え付けや種まきの前に畑に肥料を入れますが、今年の肥料は米ヌカと圧搾油粕の「食べられる肥料」で行こうと思います。
米ヌカと圧搾油粕を畑にそれぞれを別々に撒くと分量が分かりにくいので、予め混ぜてから散布します。作業に間に合う様にするには、肥料のストックが沢山ないといけません。
そこで、毎朝の1時間は肥料作りの時間です。

IMG_1580.JPG


IMG_1582.JPG

IMG_1579.JPG

米ヌカと圧搾油粕を2対1の割合で混ぜて、米袋に入れて完成。1時間で約6袋。結構時間がかかります(゚´Д`゚)゚

そして、朝の日課その二。
苗の水やり。

育苗をする場合は、地面と苗床の土が切り離されているので、土が乾いてしまわない様に水やりを毎日しなければなりません。
3月中旬に蒔き、せっせと水やりを続けた九条ネギと赤シソもこの通り、小さな芽が出て来ました。

IMG_1597.JPG

IMG_1592.JPG

IMG_1588.JPG

小さすぎて良く分かりませんね(^_^)
この後も種まきをするので、この先もずっと毎朝の水やりが欠かせません。
更に量が増えるけど、がんばるぞー( ´θ`)ノ


posted by 山本有機農園 山本克也 at 06:59| Comment(0) | 日記

2018年03月28日

ニラその後

想定外の復活に、あたふたしてしまったニラの対処法。マルチを剥がしてむき出しになった畝にもう一度マルチを張るなど、早く何らかの対処をせね!

しかし、他の作業に手を取られたり長雨で作業が出来なかったりと手をこまねいている間にニラはグングン生長を続けて、草丈はもう10センチ以上になってしまいました。

これではもう上からマルチを張るのは無理です。
そこで、畝は裸のままで、出来るだけ草を取って、畝間の草をそばがらマルチで抑える方式に切り替えました。

先ずは、米ヌカと油粕を混ぜた追肥をたっぷりと。

IMG_1566.JPG
そして、ひたすら畝間にそばがらを敷き詰めて完成。

IMG_1577.JPG

暖かくなると草も生えて来るだろうけど、何とか取りきるしかない!
とりあえずは、4月の端境期に収穫出来そうなので、ホッとしています(´ε` )

posted by 山本有機農園 山本克也 at 06:57| Comment(0) | 日記

2018年03月17日

嬉しいけれど、困った事態

去年の春に植え付けたニラ。
秋の端境期にちょっとだけ収穫したのですが、寒さに従いどんどん枯れて行き、根が生き残っているのは、全体の三割程度と言う状態でした。

IMG_1460.JPG

なので、生き残っているものだけを他の畑に植え替えようと、マルチを剥がして、準備していました。

そんな中、数日前から「剥がしたマルチ穴のところが緑色になってるな〜。でも、どうせ雑草が生えてきただけだろう」と遠目に畑を眺めていました。

しかし、今日畑に行ってみてビックリ!
まさかのほんまに消失したと思っていたニラが復活しているではありませんかヽ( ̄д ̄;)ノ

IMG_1539.JPG

これは想定外。いや、実に嬉しいことだけど、マルチは剥がしてしまったし、この状態をどうしたらよいのかヽ( ̄д ̄;)

作付け計画が大いに狂ってしまいそうですが、まずは気持ちを沈めよう。
これを無駄にする手はない。
でも、あーどうしようヽ( ̄д ̄;)ノ

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:17| Comment(0) | 日記

ジャガイモの植え付け

一年はカレンダーに従えば1月から始まりますが、農家にとっては春の訪れと共に一年が始まるという感覚の方が強いのかも知れません。

今年もいよいよ春が来ました。ジャガイモの植え付けです!

IMG_1517.JPG

今年の植え付けも例年とおり、マルチに穴を空けて、種芋を穴に落とし込み、その上にドサッとそばがらを被せると言う方式です。

IMG_1514.JPG

IMG_1518.JPG

IMG_1524.JPG

IMG_1527.JPG

深植えなので、ちゃんと芽が出てくれるか毎年心配ではありますが、後は待つだけ。

朝から夕方まで、1日がかりで合計約1300株。
春の陽気の中、汗をかくほどでしたが、心地よい作業でした♪(´ε` )


posted by 山本有機農園 山本克也 at 07:37| Comment(0) | 日記

2018年03月06日

作付け計画について

昨日は一日中雨が降り、時には強い風が音を立て、窓ガラスを揺らしました。今週は、木曜日、金曜日にも雨の予報です。3月は季節の変わり目で雨の日が多く、空模様に一喜一憂する日が続きそうです。

雨降り前の日曜日に一気に仕上げたジャガイモ植え付け予定の畝は、無事に雨風に耐えてくれました。

IMG_1499.JPG

もしマルチが剥がれていたら、また計画が崩れてしまうと、朝の見回りのときは、ドキドキしていましたが、今はホッとしています(´ε` )

それにしても、計画はなかなか計画通りに行かないものです。例年冬の間に一年間の作付け計画を出来るだけ詳細に立てるのですが、計画通りに行くと言うことは皆無です。
例えば、畝立てでも思ったより畝間を広くしてしまうと一畝分減ってしまい、その分の作付けが出来なくなってしまいます。
また、雨が多い年ではいつまでも耕すことが出来ずに、止むを得ず他の場所に作付けをすることもあります。

では、作付計画を立てることは無意味かと問われれば、決して無意味では無いと答えます。いやむしろ、予定通りに行かないからこそ作付計画を立てる意味があるのです。

時間的空間的な計画を立てることで、全体像が分かれば、一つの道が駄目になった時に最善の次の手を打ちやすくなるのです。
だから、計画とは計画自体を厳格に守る事ではなく、状況の変化に対応するためにもあると思います。

さて、来週にはジャガイモの植え付け。さらには、春の葉物野菜の種まきと、計画は目白押しです。
そんなどうでも良い様なことを考えながら、今日は冬野菜の片付けをしましょう。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:35| Comment(0) | 日記