2022年03月08日

支柱立て始まる

現在のスナップエンドウの姿。
KIMG2067.JPG

植えつけた時から、目立った生長はありません。

まだまだ小さいものの、そろそろ支柱立てとネット張りは、やらなければ。
ツルが伸びてからネットを張るのは、無駄な手間がかかります。

先ずは、支柱立て。

KIMG2066.JPG

KIMG2065.JPG

昨年から使い始めた支柱打ち器で叩いていきました。
以前のハシゴとトンカチでやってた時よりずいぶん楽になりましたが、それでも何本も立てて行くと腕が疲れます。

休み休みやって、今日は二畝分で終了。
じゃがいもの準備と並行して、ボチボチやっていきますf(^_^;

posted by 山本有機農園 山本克也 at 09:25| Comment(0) | 農業

2022年03月06日

スタッフ募集のお知らせ

※スタッフ新規募集は、終了いたしました。ありがとうございました。


山本有機農園では、2022年(令和4年)5月から農園で働いて下さる方を募集いたします!!
将来農業や家庭菜園をやってみたい方、野菜を消費するだけでなく、野菜作りの一端を経験してみたいという方など、農業に興味がある方なら、畑仕事未経験でも大丈夫です。
暑い日も寒い日も、晴れた日も雨の日も、汗をかきながら一緒に働いてくれるスタッフをお待ちしております。
平日の日中に働ける方、なるべく近隣の方、自動車・バイクでの通勤できる方、歓迎いたします。
ご興味のある方は、下記の内容をご確認の上こちらより氏名、連絡先(住所、携帯番号、ご希望の通勤方法、性別、年齢)を書いて、お気軽にお問合せ下さい。

                  記

就業開始時期 :2022年(令和4年)5月より  ※ご希望により就業開始時期を早めることが出来ます。
畑仕事 :肥料散布、野菜の植付け、草取り、草刈り、収穫、収穫後の片付け、果樹園整備など農作業補助全般
出荷作業 :野菜の調整、選別、結束、袋詰めなど出荷作業補助全般
勤務日 :月曜日から土曜日で週6日(勤務日は、相談に応じます)
休日 :日曜、年末年始、農閑期の祝日(休日は、相談に応じます)
勤務時間 :午前中から夕方までの間で6〜8時間(勤務時間は、相談に応じます)
※季節や天候・仕事内容により、始業・終業時刻、労働時間は変動します。
給与 :時給960円
通勤方法 :自動車・バイク(交通費を支給)
勤務地 :京都市左京区大原内の圃場及び出荷作業場
労災・雇用保険 :加入
特典 :余った野菜をお持ち帰りいただけます!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 13:40| Comment(0) | 日記

宿題

今朝の朝市は、びっくりの雪景色。
まさかまだ雪が降るとは‥‥。

寒かった朝市が終わり、九条ネギを収穫していた所、「置いとくで」との声。

振り替えると、高校時代の恩師である脇田先生(大原在住)が軽トラの荷台に甘夏を置いてくれていました。

KIMG2064.JPG

今年は、甘夏が豊作で食べきれないので、お裾分けだそうです。

オススメは、甘夏ジャム。
作り方を一通り聞いたのですが、ジャムは作ったことがありません(>_<)
しかし、先生から出された宿題をやらないわけには行きません。

うーん、とにかくやってみよう!

posted by 山本有機農園 山本克也 at 10:53| Comment(0) | 農業

2022年03月03日

春作準備

じゃがいも、春ニンジンに夏野菜の苗づくりと、畑は春の作付けの準備が忙しくなって来ました。
KIMG2062.JPG

畑が白く見えるのは、雪ではなく、肥料にまいた米ぬかです。

もう雪が積もることは、無いでしょう。
いよいよ春ですね(^_^)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:23| Comment(0) | 農業

2022年03月02日

ちょっと伸びて来た?

例年3月に収穫最盛期を迎える花菜。
でも、今年は寒さが続いたせいか、生育がいつもより遅い様です。
親茎のつぼみは、早くから見えているものの、一向に茎が伸びて来ません。

しかし、ここ数日で少しずつ春めいて来たからでしょうか?微妙に茎が伸びて来た様です。

KIMG2057.JPG

早く収穫したい気持ちを押さえて、あと少し我慢です(^_^)

ちなみに、隣のニラはまだまだ冬の姿です。
完全に葉っぱが寒さで溶けていますが、土の中では生きているはずです。

KIMG2060.JPG

posted by 山本有機農園 山本克也 at 20:04| Comment(0) | 農業

2022年03月01日

もっと早く使えば良かった

まだまだ風が強い時は寒さを感じますが、日差しは春めいて来ました。
畑も冬野菜の片付け=春野菜の準備が、次第に忙しくなって来ました。

今日は、畑の片隅にある支柱が刺さったままの畝の片付けをしました。

KIMG2051~2.JPG
支柱抜き取りに使った道具は、パイプハンドG25(サンエー)。
昨年買ったにも関わらず、全く使っていなかったのを試しに使ってみました。

KIMG2048.JPG

パイプバンドで支柱を挟み、上向きの力を加えました。
すると、簡単。あまり力を入れていないにも関わらず、すっと支柱が抜けてしまいました。
何本も抜きましたが、やはり力要らずで抜けました。

あ〜、何でもっと早く使っていなかったんだろうか(>_<)

これは、オススメですよ(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:56| Comment(0) | 農業

2022年02月27日

玉ねぎの生育状況

昨年11月に植え付けた玉ねぎです。

KIMG2035.JPG

KIMG2034-50fae.JPG

今年の冬が寒いせいか?まだ動きがありません。寒さで、消失したものもちらほら‥‥。

これから次第に暖かくなるらしいので、動き出して欲しい所です。



posted by 山本有機農園 山本克也 at 19:06| Comment(0) | 農業

2022年02月24日

米ぬか

今日は、米屋さんから、米ぬかがたまったとの連絡を受け、町まで米ぬかを受け取りに行きました。

KIMG2033.JPG

今回は、米袋にして22袋。
冬の間は、あまり使う事がないので、倉庫には米ぬかや屑そばの入った紙袋が高く積まれて、いよいよ空きスペースも無くなって来ました。

とはいえ、春野菜の作付けが始まれば、一気に肥料袋は無くなって行きます。

まだまだ風は冷たいけれど、まずは、冬野菜の片付けから始めよう!


posted by 山本有機農園 山本克也 at 20:16| Comment(0) | 農業

2022年02月23日

端境期

ニンジンが終わり、大根が終わり‥‥、いよいよ端境期にどっぷりとはまってます。
今コンスタントに出荷しているのは、九条ネギだけです。

KIMG2028.JPG

九条ネギだけは、まだまだ収穫があるので、ありがたい限りです。

さて、収穫が終了した畑は、耕して次の作付けに備えます。冬の片付けと同時に春の作付けが始まるのです。

KIMG2030.JPG

それにしても、今日のトラクター作業も寒かったな〜(>_<)



posted by 山本有機農園 山本克也 at 20:10| Comment(0) | 農業

2022年02月22日

いろんな飛び出し坊や

最近、大原の至るところに飛び出し坊やが出没中です。わが草生町内にも通学路を中心に沢山見つけることが出来ます。
大原学院PTAの皆様ありがとうございます。

KIMG2025.JPG

KIMG2024.JPG

KIMG2023.JPG

顔も姿もとても個性的で、思わず笑ってしまいます。
飛び出し坊やを探しに町内散歩も良いかも(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 20:17| Comment(0) | 日記

2022年02月21日

ちゃんと生きてますよ

さて、一見枯れ草しか入ってない水槽。
KIMG2011.JPG

よーく見ると‥‥

KIMG2012.JPG

KIMG2014.JPG
よーく見ても分からないかも知れませんがf(^_^;、子どもイモリ(幼体)がいます。

去年の初夏に産まれて、小さなウーパールーパーの様な状態(幼生)を経て、上陸しました。
上陸した子イモリは、このまま地上で何年か暮らし、やがて水中生活主体の大人になって行きます。

大人のイモリは、ザリガニのエサでも、金魚のエサでも、何でも食べるので、飼育はあまり難しくありません。

しかし、陸上生活の幼体イモリは生きて動きのあるエサしか食べないので、大変です。
乾燥赤虫などを目の前に置いても、食べてくれません。
生きた赤虫をピンセットで摘まんで食べさせる芸当は、とても出来ません。

そこで、水槽の中でイモリと同時に餌も育てて、イモリが狩りをするという方式で行ってみることにしました。

投入したのは、畑の土と枯れ草にワラジムシにトビムシ、ミミズ。その他に、一緒に入ってしまったクモや名前も知らない小動物たち。

冬の間は、あまり捕食している姿は見られませんが、春になって繁殖した小動物たちを食べて、大きく育って欲しいものです(^_^)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 16:21| Comment(0) | 日記

最後と思ったら‥‥

さすがに、もう積もることは無いと思っていた雪。
今朝、目覚めて見ると‥‥

KIMG2019.JPG

KIMG2022.JPG

今週後半からは、暖かくなるみたいなので、あとしばらくの我慢ですねf(^_^;


posted by 山本有機農園 山本克也 at 08:39| Comment(0) | 農業

2022年02月19日

柚子苗が来た!

お願いしていた柚子苗の第一陣が到着しました。
多田錦という品種の接ぎ木苗です。
今日は、まだ一部で残りは、もうしばらくしてから到着予定です。

KIMG2010.JPG

さあ、いよいよ後には引けなくなりましたよf(^_^;



posted by 山本有機農園 山本克也 at 19:59| Comment(0) | 農業

2022年02月18日

今期最後の?積雪

今朝も庭に雪が積もっていました。夜の内に沢山降った様です。
KIMG2002.JPG

畑もこの通りの一面白銀の世界。先日定植したスナップエンドウは、雪の下。

KIMG1999.JPG

本当に、今年は雪が降り積もる回数が例年に比べて多い。
最も、パイプハウスが雪の重さで潰れる様なドカ雪や湯沸し器が壊れる様な寒波が無いだけは、助かります。
それでも、雪の積もる回数が多いので、中々春の準備作業が進みません。

早く春が来ないかな〜(^_^)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 09:22| Comment(0) | 農業

2022年02月16日

ゆず園開墾

今年からゆず園を始めます!
と言っても、まだ柚子の木など一本もありません。しきみの木が所々に植わっているだけです。
昨年、畑を貸して下さる話を頂いてから、忙しくて手がまわらず、今日ようやく手を付けられたのでした。

まずは、しきみの木を伐採する所からスタートです。
手始めに新兵器のチェーンソーで、ひたすら伐採を進めました。
まだ使い慣れてなくて恐々でしたが、やっぱり仕事が早い!

KIMG1992.JPG

KIMG1993.JPG

さあ、完成!
と、言えるには、まだまだ時間がかかりそうですが、とにかく最初の一歩を踏み出しました(^_^)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 20:22| Comment(0) | 農業

2022年02月15日

里トラ無事終了

昨日、今日と二日間に渡った大原の里トラ活動が無事に終了しました。
無事にというのは、自分が担当している地区が急斜面をひたすら草刈りしていくハードな仕事内容だからですf(^_^;
昨年刈った斜面は、一年経つとススキや笹がびっしりと茂っていました。
一帯をひたすら草刈り。
斜面で滑らない様に注意しながらの作業は、さすがに足腰に来ました。

KIMG1982.JPG

KIMG1981.JPG

KIMG1975.JPG

また、来年は草が茂っているのかなぁ‥‥。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:35| Comment(0) | 農業

2022年02月13日

裏山開墾記その2

長らく停滞していた裏山の整備が、農家仲間である浜やんの力を借りて、ようやく進みました。
倒れたままになっていた杉などをチェーンソーで片付けると、少しずつ地面が見えはじめて来ました。

KIMG1970.JPG

KIMG1969.JPG

雪も溶けて来たので、しばらくは散乱した枝を一ヵ所に集める作業を進めたい所です。

しかし、雪が溶けて春が近くなると、同時に畑仕事も忙しくなって来ます。

うーん、この状態で、果たしてどれだけ進めるのか‥‥。
いやいや、今年こそは進めねば。
目指せ、裏山キャンプ!


posted by 山本有機農園 山本克也 at 14:31| Comment(0) | 日記

2022年02月12日

いよいよ始動

立春は過ぎたものの、まだまだ寒い日が続きます。
端境期に入って、日ごとに収穫物は減っているのですが、畑仕事の方は少しずつあわただしくなって来ました。

先ずは、スナップエンドウの定植を行いました。

KIMG1967.JPG

KIMG1966.JPG

昨年は、1月初めの大寒波で苗が腐ってしまったのですが、今年は徒長もせず良い苗が出来ました。
また、植え付け時期を年内植えから敢えて寒さが和らぐこの時期に変えてみました。

果たして、どのように育ってくれるでしょうか(^_^)


posted by 山本有機農園 山本克也 at 20:30| Comment(0) | 農業

2021年07月20日

オクラの収穫が始まりました

なが〜い梅雨が、ようやく明けました。
梅雨明けしたと思ったら、いきなりの猛暑。
朝からすでに暑くて、暑さに慣れない身体か悲鳴をあげています。

そして、梅雨明けと同時に始まるのが、オクラの収穫です。
まだまだ草丈は低いものの、美しい花を咲かせ、立派な実を付け始めました。

KIMG1839.JPG

KIMG1836.JPG

夏の到来を告げるオクラです(^_^)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:29| Comment(0) | 農業

2021年06月04日

今年は、イモリが沢山育っています

今年も、飼育しているアカハライモリが卵を産み続けています。
そのままにしておくと、大人イモリに食べられるので、2〜3日ごとに産み付けられた卵を回収していますが、もう50粒以上は回収しています。
そうこうしている内に、孵化が始まり、今では結構の数がかえっています。

KIMG1772.JPG

今年は、大人の水槽と子供の水槽に分けたので、上手く育って欲しいものです(^_^)

KIMG1775.JPG


posted by 山本有機農園 山本克也 at 15:16| Comment(0) | 日記