2016年10月06日

オクラ第二形態

例年オクラは、10月になると収量が減って収穫終了となりますが、今年のオクラはまだまだ粘っています。

8月の過酷な暑さで一時期収量が減ったのですが、9月の多雨と気温の低下が幸いし、まだまだ早朝にクリーム色の花をたくさん咲かせています。

しかし、さすがに10月に入ると、曲がっている実やイボ果と呼ばれるプツプツが着いた実が多くなって来ました。

そこで、オクラ第二形態(!?)に突入です!
チョキチョキと花が咲くオクラの先端を落として行き、下の方から出る脇芽の実へ養分を集中させて、収穫していきます。

P1070809.JPG

P1070813.JPG

脇芽に着く実は、主軸の先端の実より元気で、まだまだ艶のある美しい実が出来ます。
気温がさらに下がれば終わってしまうので、期間は短いのですが、オクラ第二形態でもうひと頑張りです!
posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2016年10月05日

カニ捕り名人?

この所、サワガニ捕りにはまっています。

子供がサワガニを飼いたいというので、先日大原の用水路でカニ探しをしたのがきっかけです。
その時は、雨の直後で用水路が増水して、思った程見つけられませんでした。

それでは、父ちゃんが畑仕事のついでに、探してみようかと。

畑に使っている水を取る用水路でカニを見つけたなと思いだし、石の下に隠れる性質を持つカニを獲るために石を置いて、一晩経ってめくってみると・・・。

P1070815.JPG

いました!一匹のサワガニ!軽トラの中からサワガニが入りそうな容器を急きょ探して、急いで持ち帰りました。
カニは、同じく大原で獲った川魚の群れが入っている水槽に同居させました。

ここ数日間、毎日仕掛けを確認していますが、100%の確率で一匹は入っています。
思わぬ事がきっかけで、大原の水のきれいさを実感しました(*^_^*)

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 日記

2016年10月02日

ゴリ押しのホウレンソウ播種

カブに引き続き、毎日の様な雨で半分あきらめていたホウレンソウの種まきをしました。

朝市明けの日曜日。夕方からまた雨の予報。さらに来週は台風が直撃するかも。
今日は、かなり強引ですが、ホウレンソウの種まきをしました。

種まきのコンディションは良くありません。
先週のわずかな晴れ間に、まだ湿っている土を強引に耕して、畝立てし、種まきだけは出来る状態にしたのですが、その日の夜にまた一晩中雨。
畝の端は崩れ、上部の土もカチンコチンです(>_<)

しかし、比較的寒さに強いホウレンソウも、天候の回復を待って、土が乾くのを待って、などしていたら播種時期を逃して、大きく育ちません。
少々強引でも、ベストでは無い事は分かっていても、やるのは今しかありません!
ベストの時は誰がやっても上手くいきます。決してベストではない、時にはひどい状態から、よりベターな選択肢をたぐり寄せて、どうしのいで行くかが腕の見せ所です<`ヘ´>

と言うことで、かなりゴリ押しで種まきを開始。

まずは、管理機でカチカチの畝の上部を耕し、トンボで平らにしてから播き。土もゴロゴロと塊が出来ていて、大丈夫かなという状態でしたが、それでも種まき強行!
最後にそば殻をまいて、雨対策をしました。
どうせ雨がふるだろうから、水やりはしませんでしたが^_^;

P1070796.JPG

ちゃんと出てくれるかどうかは、今の所分かりません。
でも、出来ることはやったつもりです。
あとは、結果を待つのみ。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年10月01日

芽が出ました!!

先日播き直した小かぶと赤かぶの続報です。
ご覧ください、ちゃんと芽が出て来ました!! (^o^)/
播種後も強い雨に叩かれて、またダメになるのではと心配したのですが、確かに芽が出ています。
畝間がまた水たまり状態でじっくりと観察出来ないのが残念ですが(笑)

P1070791.JPG

P1070789.JPG

あきらめずに、ドタバタしながらでも、播き直して本当に良かったです(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 23:00| Comment(0) | 農業

2016年09月30日

花菜定植開始

山本有機農園の冬の定番の一つ、花菜(早生)の定植が始まりました!
8月下旬に苗床に播いた苗も大きくなり、いよいよ植え付けのタイミングを迎えていましたが、毎日の様な雨で中々植え付けることが出来ていませんでした。
「早く植えて〜!」と悲鳴を上げているようです。さすがに焦って来ます。

P1070713.JPG

定植は、30cmごとに苗を植え付けて行きます。同じ苗床で育ててもバラつきがあるので、なるべく良い苗を植え付けなければなりません。
セルトレイから苗を取り出し、スコップで一本一本丁寧に植え付けて行き、最後に水をやります。
最初は、植え付け時のショックでくたっとなっている苗も翌日には元気に立ち上がります。

P1070782.JPG

P1070784.JPG

花菜の定植は、まだしばらく続きます。
花菜が終われば、白菜など、まだまだ定植作業が目白押しですが、天候不順の中で果たして間に合うかどうか・・・^_^;



同じ畑の奥にある九条ネギは、いつの間にか葉を伸ばしています。来週の台風が心配だな〜。

P1070786.JPG

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年09月29日

まさかの大雨

小かぶと赤かぶを播き直し、ほっとしたのもつかの間。
夜になると、また雨が降って来ました。しかも、強い雨が夜の間中ずっと降り続いていました。
そして、これが今朝の畑の様子です。

P1070777.JPG

P1070778.JPG

畝間は完全に水浸し状態。思った以上の雨量です。これは結構播いた種が雨に叩かれたかも・・・。
また芽が出なかったどうしよう・・・。まさかの再度の播き直し!?(+_+)

さらに、来週は台風18号が日本列島に接近するとのこと。
これでは、本来は今週、悪くても来週には播こうと思っていたホウレンソウも播けなくなってしまいます。
雨、雨、雨、雨・・・。毎週この調子です。
今年の秋はきついな〜≪(>_<)≫



posted by 山本有機農園 山本克也 at 16:31| Comment(0) | 農業

2016年09月28日

綱渡りの播き直し

P1070767.JPG

これは、9月16日に播いた小かぶの畝の状況です。本来なら筋状に小さな芽が出揃っていても良いのに、今年は芽の出方が非常にまばらです。
通日後に来る台風の前に何とか種まきを終わらせようと必死に肥料をまいて、畝を立てて、何とか種まきには間に合った小かぶと赤かぶ。
しかし、台風の雨やその後にも強い雨に遭った小かぶと赤かぶは固くしまった土から芽を出せずにこのような悲惨な状況になってしまいました・・・。

アブラナ科の野菜なんて播いたらすぐに芽が出てくれるものと思っていただけにショックでした。初めての失敗です。

かなりショックでしたが、いつまでもショックに浸っている暇はありません。
現実に戻って、とにかくまき直しです。
とは言っても、種が手元にありません。急きょ種苗屋さんに種を手配して、送ってもらうことにしました。
しかし、今週も雨の予報。果たして間に合うかどうか・・・。

貴重な晴れ間の火曜日は、収穫作業をあきらめての勝負!さらに花菜・わさび菜の定植作業もあるので、大忙しの一日。

P1070769.JPG

P1070771.JPG

午前中に嫁さんからの種が届いたとの一報で、明日でも良いかと思っていたのをギアアップして、本日中に仕上げることに!
まばらに生えている芽を管理機で土と混ぜ合わせ、トンボで畝を平らにして、種を播きました。
さらに、雨対策にそば殻を筋状に撒いて作業完了。ふー、長い一日でした(*^_^*)

そして、本日。夜からずっと雨が降り続いています。時々強い雨になるなど、何とか火曜日中に仕上がって本当に良かったです。
でも、雨がこれだけ強いと果たしてちゃんと芽が出てくれるものか・・・。3回目の播種はしたくないな〜^_^;
まだまだ心配は続きます。
posted by 山本有機農園 山本克也 at 16:13| Comment(0) | 農業

2016年09月24日

サトイモが盛り返して来ました!

P1070721.JPG

生育が遅れていて心配していたサトイモですが、8月から水をたっぷり入れ続けていることと追肥の効果があったのか、葉っぱの色も濃く元気で、だんだんと勢いが出て来ました。
今までの中で一番というわけではありませんが、最悪の出来だった昨年よりは良い収穫が出来るのではないかとほっとしています(*^_^*)

水か来なかった用水路を竹で必死につついて水を通すなど、結構苦労した今年のサトイモづくり。
後は10月中旬からの収穫を待つのみです。

モチモチの山本有機農園のサトイモをお楽しみに!

P1070759.JPG

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年09月23日

九条ネギ定植

9月12日から始めた定番の九条ネギ&初挑戦の赤ネギの定植が終了しました。
今年は例年よりも気合いを入れて、たくさん植えました。

P1070734.JPG

まずは、苗床に植えている苗を引っこ抜いて畑に持っていき、葉っぱの上部を切り取って植え付けていきます。
これだけ植え付けるとネギ畑っていう感じです。

P1070724.JPG

今年は、除草と土寄せの省力化のために黒マルチを張って、黒マルチに穴を開け、その穴になるべく深くネギを植え付けるという方法を実験しました。

P1070725.JPG

最初の方に植え付けたネギからは葉っぱがぐんぐんと伸び、改めてネギの生命力の強さには感心させられます。
さて、冬にはどんなネギに仕上がることやら・・・(*^_^*)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年09月17日

育ち方もいろいろ

お盆前に播いたニンジンも次第に大きくなって来ました。
今年は、西洋ニンジン、黄ニンジン、金時ニンジン、紫ニンジンと4種類の種を播きましたが、生育状況はそれぞれ違います。

西洋ニンジンと金時ニンジンの発芽は順調で、畝も青々としています。黄ニンジンは少々発芽率が悪い感じです。一番悪いのは紫ニンジンで、発芽率が悪く、出たものも生育はゆっくりとしています。
今年は色々な種類の種にチャレンジしたのですが、種類によって、生育がちがうものだな〜と感心しています。
P1070709.JPG

P1070710.JPG

また、今年の太陽熱処理では畝間を露出していたから畝間からは雑草が生え放題。草刈り機で畝間を刈る手間など色々問題があるので、来年は畝間もしっかりとマルチを張ります。

失敗=伸びる余地
今年の経験を来年に生かすぞ〜(^o^)




posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2016年09月16日

雨と台風に備えて

今年の9月は、本当に雨が多い。それに加えて、さらに来週は台風16号が来るようです。
なので、雨降り前にやれることをやらなければと、急ピッチで農作業です。

こちらは小かぶ、赤かぶの畑ですが、雨前になんとか種まきを終えました。雨が降ると中々乾かない畑なので、雨降り前に終えられてほっとしています。
後はちゃんと芽が出るかどうか・・・。
P1070706.JPG

こちらも、さらに水はけが悪い畑。苗が大きくなってきた白菜を何としても定植したいので、雨降り前に暗くなるまで頑張って、マルチを張り終えました。
最近は、日が沈むのが早くなって来ました。季節はいつの間にか進んでいます。

P1070738.JPG

本当に綱渡りの毎日です。
異常気象が普通になった近年ですが、今年の秋冬野菜も何とか乗り切らねば<`ヘ´>



posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 日記

2016年09月14日

どこまで引っ張れるかな

9月に入ると夏野菜の収穫も次第に減って来ます。
8月の晴天続きであれだけ元気だったミニトマトも9月の長雨で割れるものが続出し、収穫量も激減しました。
木はまだまだ元気で脇芽が盛んに出て、青い実もたくさん実っているものの、こう雨が多くてはダメです。
8月の全く雨が降らない日から一転した9月の雨ばかりの毎日という天気の極端な変化に泣かされています・・・((+_+))


P1070744.JPG

8月は元気がなかったナスは、雨の多い9月になると少し収穫量が回復して来ました。
来年は灌水チューブを株元に這わすなどして、しっかりと水をやらねば。
万願寺トウガラシ、伏見トウガラシのトウガラシコンビは、コンスタントに採れています。
今年は苗の本数を減らしたのですが、もうちょっと植えていても良かったかな^_^;

P1070745.JPG

オクラは、ここへ来て雨の恩恵か、v字回復してきました。
やっぱり今年の8月なアフリカ出身のオクラにも暑すぎたようです。夏場の水やりはしんどかったな〜。

P1070740.JPG

いずれにせよ夏のピークが過ぎ、秋冬野菜もこれからで、収入が厳しくなる時期です。7月と8月中盤までの収穫に追われた日々が懐かしい・・・。

などど過去に浸っていても始まらない。秋冬野菜が大きくなるまで、まだ、もう少し夏野菜に粘ってもらわねば。

posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年07月20日

夏野菜真っ盛り

いよいよオクラの収穫がスタートし、夏野菜の収穫が最盛期に入って来ました。

P1070567.JPG

今年のオクラは最初から順調です。早朝にはクリーム色の花がとっても綺麗に咲いています。

P1070576.JPG

ミニトマト・アイコも採れだして来ました。
ミニトマトは雨が降るとパンパンと割れてしまいます。さて、今年の夏はどんな天気かな?

P1070578.JPG

細いヒモの様な伏見トウガラシ。今年初めて本格的に栽培しました。
次々に実ると収穫が大変と言われましたが、嬉しい悲鳴は上げられるかな?

P1070584.JPG

昨年よりも規模縮小の万願寺トウガラシ。でも、その分手厚く管理していこうと思います。
今の所良い実が出来ています。

P1070585.JPG

こちらも規模縮小の千両ナス。あまり本数が多いと管理できなくなるからです。まずは、きちんとした管理を!


今年の夏野菜は、前年手がまわらなかったという反省から、全体的に縮小傾向です。
でも、その分きちんと管理していこうと思います。
まだまだ夏野菜は始まったばかり。これからの暑さを乗り切るぞ〜(*^_^*)




posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年07月15日

挽回なるか!?

以前お伝えしたカボチャと落花生の混植。
残念なことに失敗しました・・・。

定植したカボチャが中々ネットに絡みつかず地面を這い、落花生の上に覆いかぶさりました。
このままではいかんと思いカボチャのツルを誘引しようとしましたが、そのころにはすでに梅雨の長雨で畝間のカボチャが腐り始めていました(>_<)
おまけにカボチャの陰に隠れていた落花生の生育はほとんど進まずにひょろひょろ状態・・・。

結局さらに腐って行くカボチャを除去して、落花生一本で育てて行くことになりました。

P1070564.JPG

さて、挽回なるか。
せめて落花生だけでも大きくなってね^_^;
posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2016年07月14日

大きくなってね〜

定植したサトイモがようやく根付いて来たようです。
先日株間に追肥をして、たっぷりと水をやりました。
これから夏の日差しをガンガンと浴びて、大きくなってくれよ〜(*^_^*)

P1070555.JPG

P1070556.JPG

posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2016年07月07日

いつの間にやら

ナス科の手入れに手を取られている間、もう一つの夏の花形であるオクラは、一度追肥をしたくらいで、それ以外は全く手を入れていませんでした。

ほぼ放置状態のオクラですが、7月に入るとぐんぐんと生長速度を上げて来ました。

P1070533.JPG

P1070534.JPG


近づいてみるともうつぼみが出来ています。これだと、あと数日で花が咲くかも知れません。
花が咲いたら、すぐに実が大きくなります。

いよいよ夏野菜の足音が近づいて来ました(^o^)
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年07月06日

ヒモ張り完了

夏の野菜の花形と言えばやっぱりナス科です。うちではミニトマト、千両ナス、万願寺トウガラシの定番に加えて、今年新たに伏見トウガラシの4種類を栽培しています。

しかし、種類を増やしたので数も増えたかと言うとそうではなく、ミニトマト約100本、伏見トウガラシ約50本、万願寺トウガラシ約100本、千両ナス約80本と数は逆に去年の半分近くに減らしました。

去年は、支柱立てや誘引、剪定などとても手間がかかる作業に手がまわらず、品質を落とすという結果になってしまいました。今年はその反省を踏まえて、数は絞って、その分手厚く管理しようと思ったからです。

おかげでこの通り、今年はきちんと最初からすべての枝分のヒモを張り終えることが出来ました。(*^_^*)

P1070540.JPG

P1070543.JPG

ちなみに、ミニトマトは100×3本、トウガラシは150×6本、千両ナスは80×6本で、合計1680本!!
母ちゃん&助っ人様お疲れ様でした。あっ、もちろん父ちゃんもやりましたよ<`〜´>

ちなみに、今年初めてやったあんどん方式の保温は、途中であんどんの中で茎と葉がはち切れそうになったものの、思った以上に上手く行きました。

さて、安心するのもつかの間、これから収穫が始まり出すと枝もどんどん伸びて来るので、それに合わせてヒモに枝を誘引して行かなければ枝が折れてしまします。

これからも誘引&剪定の日々は続くのであった・・・^_^;
posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2016年06月27日

失敗の可能性も・・・

いよいよズッキーニの収穫が始まりました。
今年は初挑戦のオリーブグリーンと黄色の2種類で勝負しています。
意外にも今の所オリーブグリーンのズッキーニの方が良く収獲出来ています。

P1070523.JPG

そして、もう一つ。ズッキーニとトウモロコシの混植にも初挑戦していましたが、その中間報告です。

P1070528.JPG

今の所トウモロコシはまだ収穫を迎えておらず、ズッキーニの収穫が増え始めて来た所です。
ズッキーニへの影響は、収量的には普通と言った所です。ただ、畝の中まで手を伸ばしてズッキーニを収穫するので、少々トウモロコシが邪魔になります。

それよりも懸念されるのがトウモロコシがちゃんと受粉できるかということです。
トウモロコシはてっぺんにある穂から花粉が落ちて受粉するのですが、大きなズッキーニの葉がトウモロコシの実を覆って受粉の妨げにならないだろうかと・・・。

う〜ん、こればかりはやってみないと分からない。
混植失敗という可能性もありかなと思い始めた今日この頃です^_^;
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業

2016年06月24日

赤紫蘇の収穫が始まりました!

いよいよ大原名産の赤紫蘇の収穫が始まりました!
今年は赤紫蘇にもマルチ栽培を導入した効果からか、例年よりも早く収獲が出来るサイズに生長しました。

P1070515.JPG

P1070518.JPG

緑の畑に美しい赤紫色が映えます。葉っぱの裏側も赤くて、今年の赤紫蘇の状態の良さに満足です(*^_^*)

3条植えで栽培したのですが、まずは真ん中の列を収穫し、さらに次は端の列も一株飛ばしながら収穫していきます。赤紫蘇の葉っぱによりたくさんの光を当てて、発色を良くするためです。
とは言うものの、余り長く畑に置いていると質が低下してくるので、なるべく早く採り切ってしまおうと思います。

里の駅大原や日曜朝市にどんどん出して行きますので、梅干しや紫蘇ジュースなどにぜひご活用下さい!
posted by 山本有機農園 山本克也 at 21:00| Comment(0) | 農業

2016年06月23日

サトイモの定植終わりました

毎日の様に雨が降り続きますが、山本有機農園の冬の定番野菜であるサトイモの定植をしました。

P1070502.JPG

まずは、苗床からシャベルで苗を掘り起します。4月下旬に定植した種イモも元気に葉っぱを出しています。
今年は自家採取に挑戦したのですが、自家採取分も思った以上に良く芽が出たので、来年からはもっと自家採取の割合を増やして行こうかなと思います。

P1070505.JPG

掘り上げた種イモをコンテナに入れて畑まで運んで定植します。
この時、脇から出ている芽をもったいないけどポキッと折って、1本立てにします。何個も親イモを作るのでは力が分散してしまうからです。
時々どれを残そうか悩んでしまうものもありますが、思い切ってポキンとしちゃいます。

P1070506.JPG

P1070509.JPG

ぐちゃぐちゃドロドロの畝間を歩きながら、種イモをひたすら植え付けて行きます。今年は約750本ほど。
雨の合間の作業だったので、延べ3日程かかりましたが、何とか定植完了(*^_^*)

今年の畑はかなり水はけの悪い畑で、一度大雨が降ると畝間は翌日になってもなかなか水が引きません。
しかも、今年の梅雨は雨ばかり。

どうしようと嘆きたくなるところですが、水が大好きなサトイモだけには逆に良いかも。
雨が降って畝間に水が溜まると思わずムフフとなります(*^_^*)

後は肥料もたっぷりやって、水も切らさないように7月を管理出来れば、良い収穫を迎えられそうです。
頑張るぞ〜(^o^)丿
posted by 山本有機農園 山本克也 at 22:00| Comment(0) | 農業